Page up▲

FFXI エピオラトリーへの道10 永い旅時の終わり

*本シリーズは実際から数週間遅れで記事化されています。

いよいよエピオラトリーへ向けた強化も最終段階に入っていたが、
その膨大な高純度ベヤルドの必要量に一息では買い付けきれなかった前回。

だが、
「想う事を辞めなければ信念は必ず突き通る。」

かつて竜騎士がメインジョブだった時に愛用していた折れた槍が、
確かにそう語りかけた気がした。

FFXI_エピオラトリーへの道_00_終焉への到着
ついにここまで。


(以下、追記へ。)
 

続きを読む。


tag: エピオラトリーへの道FFXI

Page up▲

FFXI エピオラトリーへの道09 駆け抜けるネイティブな風

*本シリーズは実際から数週間遅れで記事化されています。

前回、エピオラトリー第2段階の強化を終え、
最終、第3段階の強化へと突入したNaoten。

いつもであればそこで怠慢な日々へと戻る氏であったが、
今回は常とは趣きが違った様でございました。

FFXI_エピオラトリーへの道_01_貯金崩し
ついに虎の子の3,000万ギルへと手をかけた。


(以下、追記へ。)
 

続きを読む。


tag: エピオラトリーへの道FFXI

Page up▲

FFXI エピオラトリーへの道08 反撃の狼煙

*本シリーズは実際から数週間遅れで記事化されています。

前回、気楽に物事を考えた結果、高純度ベヤルド争奪戦に敗れたNaoten。

二度と同じ轍は踏まない。
確固たる意思の元、男は動き出した。


ならば戦争だ


(以下、追記へ。)
 

続きを読む。


tag: エピオラトリーへの道FFXI

Page up▲

FFXI エピオラトリーへの道07 光と闇の有頂天

*本シリーズは実際から数週間遅れで記事化されています。

前回、ユグの完全結晶交換に必要なポインヨまで
あと数万(互助会券交換可能範囲)に迫った事に浮かれ、
もはや障害は何もないと有頂天家族になっていたNaoten。

勝ったなガハハ
勝ったながはは!

しかしその慢心により窮地に立たされていた。


(以下、追記へ。)
 

続きを読む。


tag: エピオラトリーへの道FFXI

Page up▲

FFXI エピオラトリーへの道06 慢心のNaoten

前回の記事にてメナスインスペクターのボス6体を倒し、
無事、『ユグの完全結晶』がリストに並ぶ資格フラグを得たNaoten。
しかし交換にはメナスプラズムが140万ほど足りていなかった。

そこで男はその日もシャウトに目を光らせ、
無事、マリアミ渓谷連戦PTへと参戦していた。

FFXI_連戦メナスPT_001_集合
たまには野良PTも良いものですね。


(以下、追記へ。)
 

続きを読む。


tag: エピオラトリーへの道FFXI

Designed by mi104c.
Copyright © 2021 直天堂のカステラ, all rights reserved.
02 | 2021/03 | 04

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS