お疲れ様です、Naotenです。

本日、新型MS(冷蔵庫)がロールアウト(買いま)した。

今まで使ってきたのはシャプニック社のSJ-14F(通称ザクII)。
(注:シャプニック=シャープ。シャープの冷蔵庫SJ-14Fは実際に存在する。)
SJ-14F-R1.jpgSJ-14F-R2.jpg

(写真はウチにある通常型のSJ-14Fではなく、シャア専用機と呼ばれるSJ-14F-R。ピンク色が特徴だ。)


冷凍40L、冷蔵100Lの合計140Lの2門の扉を装備し、
機動出力(消費電力)が390kWh/年の年代物だ。

だがこれでもシャプニック社が最初に作ったSJ-14C(通称ザクI)は、
機動出力(消費電力)が480kWh/年だった事を考えると、
わずか2年あまりで90kWh/年もの効率化を図った事となる。

機動出力を燃料費(年間電気代)に換算すると、
ザクIが17,664円で、ザクIIが14,352円となる。

ザクIIが歴史に名を残す名機と謳われたのもうなずけると言うものだ。



そして、今回ロールアウトしたお待ちかねの新型MSこそ、
Naoten少佐専用機となる、東芝ハイム・エレクトロニクス社製、GR-41ZVだ。
(東芝ハイム・エレクトロニクス社=東芝の事。)

砲門の数が2つから5つになり、オールレンジ攻撃も可能となった。

各砲門の口径は、
第一砲門 冷蔵 が231L(うちチルドが21L)、
第二砲門 独立アイスルーム(製氷室) が13L、
第三砲門 冷凍室 上段 が18L、
第四砲門 野菜室 が72L、
第五砲門 冷凍室 下段 が71L。

全砲門の合計で405L。

ザクIIの140Lと比べてその攻撃性能は単純計算でも2.89倍となる!!


これが実機、GR-41ZVの写真だ……!!
っと言いたいのだが、厳密には違う。
以下の写真の機体はGR-B41Nだ。

GR-B41N.jpg



実際のGR-41ZVはGR-B41Nをベースに作られた指揮官機仕様の為、
頭部アンテナの形状等、以下の部分が通常型GR-B41Nと異なる。
一説によると、ヤマダ電機が開発に携わった為に、こうなったらしい。
(本当にGR-41ZVはヤマダ電機モデルとしてGR-B41Nをベースに改修された機体。)

GR-41ZV1.jpg


そしてザクIIと比べてこれだけの高スペックを持ちながら、
機動出力(消費電力)は400kWh/年!!ってザクIIは390kWh/年だからあがってるやん!!
っていうのは実は2005年以前の冷蔵庫の機動出力(消費電力)は
カタログ表記の計算方法がおかしく、実際値の2倍~3倍あったと言われています。
(その考えでいけばGR-41ZVは200kWh/年と言えなくも無い。)

そして問題の燃料費(年間電気代)は8,800円!!

みよ!この圧倒的な高パフォーマンスを!!



………………。


ただ冷蔵庫を買いましたってのも寂しい報告なので、ちょっとガンダム風に言ってみました。
すいません。



だけど反省はしてない!!



では最後にマ・クベ先生の言葉でお別れです!!


新しいMS(冷蔵庫)を買って!

これでジオンは、あと10年は戦える!!




GR-41ZV2.jpg


GR-41ZVの雄姿。実際にブツが届くのは数日後。
カタログからのスキャニングなんで画像荒らいです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング