Page up▲

Oblivion日記 vol.03 Naoten、キャラ作成に手間取る

さて、オブリビオン3回目は、1stキャラクターの作成となります。

すでにこのキャラクターのプレイスタイルは決めております。

ズバリ「アサシン」です。

名前は「Mana」としようと思っております。

最初、クール・ビューティー路線で作っていたのです。
最初
当初の顔。少し微妙。




で、あれこれ顔をいじってるうちに、魔が差して少々、少女系に…。

続きを読む。


Page up▲

ワンピース3Dマウスパッド ナミ届く

ついにナミさんのマウスパッドが届く。

同日に注文したのだが、
ナミパッドの方が人気が有り、少し待つ事になると書いてあった。

ふたをあけてみれば1日しかずれてないんですけどね。


っというわけで、どれ、早速。

のみそん!!
の、のみすぉん!!

ド~~~~~~~~ン!!!

いやぁ、なんだろコレ。
何がどうまちがってコレ発売したんだろうか??

続いてナミさんのお胸様を拝見。

続きを読む。


Page up▲

Oblivion日記 vol.02 下準備は入念に

北米版オブリビオンをはじめるにあたって、
いくつかの障害が存在する。

その最たるものが言語…、である。


問題1.英語

例えばオブリビオンでは、ロード画面で歴史背景の説明や、
操作方法の解説、Tips等を表示する。


ところが当然ながら英語。

英語
私は英語が話せません。

よめねぇっつうんだよ!!




問題2.ブサイク

こっからは北米版に限らず、オブリビオンそのものに言える問題。

PlayStationHOMEやデモンズソウルをやった人なら解ると思うが、
キャラクターの顔を作るのがすんごく大変。

英語&ブサイク
インターフェースも当然英語。

30分かけてこの程度の顔しかつくれぬ!!



問題3.不恰好な構え&貧相なボディー

不思議な構え&貧相なボディ
そしてこの猫背である。


もうちょっとこう、かっこいいのでお願いします(;´д⊂)




これは大手術を施さねばなるまい…。

まず、日本語パッチと日本語MODを適応し、
本編中の各メニューや言語字幕、書物の和訳化を行った。
(日本語化パッチはv0.15c。日本語化MODはJPWikiModSIを使用。)


続いて、顔の元となるパーツが日本人好みなものが無い為、
日本人の有志が作成したMOD群
「Modular Beautiful People 2ch-Edition」を適応。

色々なのが追加
こんなソウルフルな、イカス外見も追加される。


さらに、貧相なボデーをたわわにする為に、
HG EyeCandy Bodyと言うMODや、数多くの肌テクスチャを追加し、
最後に各種新ポーズを追加した。

例えば、下の画像を見て欲しい。

Bow.jpg
クリックでかなり拡大。

Originalとあるのは文字通り、変更前(バニラ)。
Pose1から3は、このポーズ集で入れられるポーズを意味する。
弓はとりあえずPose2にしておいた。

こうして並べると、
Pose1~3に比べてOriginalが余りにも酷い事が解る…。

さて、では、色々適応したので、
ちょいちょいとキャラを作って、動作の確認をしてみよう。

続きを読む。


Designed by mi104c.
Copyright © 2010 直天堂のカステラ, all rights reserved.
03 | 2010/04 | 05

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS