Page up▲

Oblivion日記 vol.23 父の形見

あたしの名前はMANA。

盗賊ギルドで情報網、戦士ギルドで剣技、
そしてアリーナで名声を得た。

後はあたしの予てからの計画を実行に移すだけなのだけど、
度重なる戦いの末、あたしの武器と鎧が使い物にならなくなってしまった。

限界
蘇る歴史の暗部。

ダガーに関しては義母(かあ)さんからの贈り物であり、
アレに変わる業物は中々ないと思う。

短剣で有りながらその攻撃力は長剣のそれに準じていたのだから。


防具に関しては帝都一の武具屋
「ファイト武具店」にて購入した掘り出し物だ。

ファイト武具店か…。
アリーナを出たあたしはその足で、
ファイト武具店へと向かった。



続きを読む。


Designed by mi104c.
Copyright © 2010 直天堂のカステラ, all rights reserved.
04 | 2010/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS