Page up▲

ニンテンドー3DS

一つ前の記事でも触れたが、ニンテンドーDSの新作機。
ニンテンドー3DSの情報が発表されている。

3DS1.jpg

パッと見はニンテンドーDSにかなり近いイメージであるが、
下部左側にスライドスティックを搭載している。


3.5インチの上部モニターが3Dに対応しているそうで、
裸眼で3Dが楽しめる。

3Dに見えて何か得があるの?

と思う方は、3Dゲームにおける奥行きの認識の難しさが是正される…、
と言えば、その有用性を理解できるでしょうか。

任天堂の宮本氏曰く、
3Dのマリオでいちばん難しいのは空中のブロックを叩く事。

だそうで。

奥行きを体感できる3D要素は、
そう言ったゲームを助ける強力な機能となるのではないでしょうか。
(遠まわしに言っていますが、任天堂が言うには
 3D機能により、遠近感が掴みやすくなるのだそうです。)

また、モーションセンサーとジャイロセンサーにより、
3DSを動かす事により、
FPS等で向いている方向が変わったりする操作モードも実現できる。

3DSを持ったまま体を90度右回転すれば、
ゲーム内の視点も90度右を向くし、
上を向けば上を向く。

という事。


カメラも外側に2個ついており、(内側にも1個)
3Dに対応した写真を撮る事が出来るのだとか。
既存の3D映画もみれるらしい。


通信機能も強化され、
ゲームソフトを本体に刺していなくても、
持っているゲーム複数のすれ違い通信を行う事が出来るのだそうだ。

下部画面は引き続きタッチパネルを採用しており、
基本性能としてのグラフィック表示能力も向上しているとの事で、
新しいゲームライフを提案してくれそうだ。


惜しむらくは既存のDSソフトとの互換性は無いとの事。
だけどそんなのは小さな問題だ。

発売が待ち遠しい。


Page up▲

新・光神話 パルテナの鏡

E3の情報が続々寄せられています。
ニンテンドー3DSの新情報もその一つ。

んでんで、そのニンテンドー3DS製ゲームとして、
Naotenの尊敬する桜井政博氏が率いる
ゲーム製作集団「プロジェクトソラ」の新作がついに発表された。


その名も「新・光神話 パルテナの鏡」。

そう、アノパルテナの鏡の続編だ。

もちろん、あのテイストで…とは行かず、
大幅にリメイクされている。

ゲーム画面がついに公開されたので、是非ご覧アレ。




いやー!これはセガ好きな桜井さんらしいと言うか、
なんか要所要所に、古きよきセガテイストを感じるんですが、
動画一回見たくらいであーだーこーだも無いですかな(^^

3DSと一緒に買うならこのソフトかな~!
(もしくはマリオカート)


しかしなにこのコナン君!!
ヤラレチャッタ!


こちらで任天堂社長が桜井氏にインタヴューしている動画が見れます。

Designed by mi104c.
Copyright © 2010 直天堂のカステラ, all rights reserved.
05 | 2010/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS