Page up▲

マリオカートで視力が回復した少年のお話

Naotenは左目の視力が極めて低い。

視力は0.025で、乱視まで入っている。

それに引き換え右目は視力1.5。

俗に言う、「がちゃ目」と言う奴である。

ここまで視力の差があると、
ほとんど悪い方の目からの映像はカットされてしまい、
良い方の目からの映像しか見えない。


そんな訳で子供の頃から、
赤青の色眼鏡を使っての立体画像を立体的に見れた事が無いし、
恐らく今流行の3Dテレビも立体に見えないであろう。

なにせ、現実の世界が立体に見えてない訳だし(^^;



そんなオイラに信じられない情報が来た。


弱視の少年の視力がマリオカートをやった事により回復したと言うのだ。


見えている方の目にパッチを当て、
その上で1日2時間、マリオカートDSをやりなさいと担当医が指示。

それを実践した所、ほとんど盲目だった少年の視力は、
250%回復したとの事。


医師によると若年者や大人でも効果がある可能性が高い、との事。

mario.jpg
ベン・マイケルズ君6歳。イギリス人。右目が弱視と診断された。


これはついにNaotenの目にも、
3Dが見える日が訪れるかもしれないと言う事ですね!!


よし!毎日2時間、マリオカートやってみるか!


─────


っとまあ、実際の所、
子供の頃、このパッチ訓練は親に無理やりやらされたのですが、
アニメがまったく見えず、怒りの余りパッチを引きちぎり、
訓練を放棄した記憶があります。

当時はビデオも無く、
一度放送された映像はその時にしか見れなかった為、
子供心に耐えられなかったのでしょうね。

あの頃、マリオカートがあったら俺だってきっと!!
みたいな感じです。

Designed by mi104c.
Copyright © 2010 直天堂のカステラ, all rights reserved.
05 | 2010/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS