Page up▲

ドラゴンクエスト シナリオスタッフ募集

スクエアエニックスではドラゴンクエストシリーズのシナリオスタッフを募集している。

夢と感動を届ける仕事


募集要項としては
経験よりも、その発想力が問われる内容となっている。


・シナリオ制作経験については問わない。

・高卒以上が目安。

・「文章を書くための引き出しが多く、思いついたことをシンプルに分かりやすく文章に変換できること」「ドラゴンクエストシリーズが好きな方」「基本的なパソコン操作の出来る方」が望ましい。


また、スタッフの選出に当たっては
「ドラゴンクエストについて思うこと」
「復讐物語のプロット」

の2作文において評価を行うという事。

「復讐物語のプロット」に関しては
「伝説の剣」「お鍋のふた」「思い出し笑い」「超能力」「男装の麗人」「初恋」から4つを選んで要素として組み込む事が条件だそうで、面白そうだ。

A4用紙1枚に1000~1600文字で作文し、エントリーシートとともに送付するようにとのこと。



提出

募集人数は若干名、
応募締切は2010年7月12日(月)消印有効。

雇用の形態は契約社員となり、給与はスクウェアエニックスの規定により経験・能力を考慮の上で優遇。勤務地は新宿で、勤務時間は基本的に裁量労働制だそうです。

過去のシナリオ作成経験など、
経歴などは一切不問であると言う敷居の低さ。


「ライトノベル」という小説のジャンルをご存じだろうか。ライトノベルとは話に沿ったイラストが随所に付されたポップなエンターテインメント小説のこと。10代から20代前半に強く支持され、現在ではR25世代や、さらに上の世代までも取り込む人気ぶりだ。その人気は、小説の書き手を目指す人にも波及していて、人気のライトノベルレーベルの新人賞には、毎回なんと5000作もの応募が。純文学の新人賞よりはるかに多い数字だ。



昨今では上記の様にライトノベル人気が高く、
作家を目指す人も多いと聞く。
いっその事、興味がある方は腕試しと思って応募してみるのも良いかもしれない。


スクエアエニックス:シナリオスタッフ募集のページ

Page up▲

PlayStation®Plusサービス

6月29日。
SCEはPlayStationNetworkに新たな付加価値を設ける有料サービス、
PlayStation®Plusのサービスを開始した。
(これに伴い、システムフォームウェアは3.40にバージョンアップされる。)

価格は
30日間(24時間×30)で 利用権 500円(税込)
365日間(24時間×365)で利用権 5000円(税込)

このPlayStation®Plusでは以下のサービスを受けられる。


◆定期更新サービス
フリープレイ/ゲームトライアル/ディスカウント

◆不定期更新サービス
先行体験/スペシャル

◆システムサービス
自動ダウンロード


それぞれの詳細は以下。


◆定期更新サービス
フリープレイ/ゲームトライアル/ディスカウント

フリープレイ
毎月、更新される「ゲームアーカイブス」やPS3®規格のソフトウェアから選ばれた、1タイトルを無料で入手できる。PlayStation®Plusの利用期間内は回数や時間の制限無く楽しめる。

ゲームトライアル
毎月、3本セレクトされるPS3®規格のソフトウェアを、30日の有効期間中、起動から一定時間が経過するまで楽しめる。期間終了後は、製品版をプレイする権利を購入し、セーブデータやトロフィーを引き継ぐことが可能。

ディスカウント
毎月第三水曜日に3本セレクトされるPS3®およびPSP®向けコンテンツを、20%~50%の割引き価格で購入できる。また、一般向けディスカウントキャンペーンの開始前にセール価格で購入できる等の特典もある。


◆不定期更新サービス
先行体験/スペシャル

先行体験
オンラインゲームのβテストへの優先参加や体験版の先行配信、コンテンツの先行購入などのサービスが受けられる。

FFXIVのことか?

スペシャル
PlayStation®Plus加入者限定のアバターやダイナミックカスタムテーマなどを無料でダウンロードできる。

ちなみに今はコレが手に入る。

p_special_1.gif

◆システムサービス
自動ダウンロード

自動ダウンロード
PS3®システムソフトウェアの最新のアップデートデータや、PS3®規格ソフトウェアの更新データ等を自動的にダウンロードできる機能です。ご使用のPS3®本体で最近プレイしたPS3®規格ソフトウェアの更新データが配信された場合、一回につき最大3タイトルの更新データのダウンロードとインストールが行われる。

個人的に最後のこれは余計なお世話だが(^^;




その昔、SCEは年会費5,800円で、年4~6回体験版CDを送付する
プレイステーションクラブ(外部リンクWikipedia)と言うサービスをやっていた。
(Naotenは実際それに入っていた)

pleple-7.jpg
数ヶ月に一回、こんなのが家に届いた。



このCDにはたくさんのゲームの先行体験版や、ムービーが入っており、
当時、アーマードコアを発売のかなり前に知って、
遊べたのもこのディスクのおかげだったりします。


っと言う訳で、上記に魅力を感じる方はやってみても面白いかもしれません。

ま、結局、そんなサービスを受けてたのは周りでもNaotenくらいのもので、
サービス自体、途中で終わってしまいましたけどね(;´д⊂)

なんかこれにもそんなスメルがぷんぷんします。


現在、
他システムのインストールが出来なくなると言う
システムフォームウェア3.21以上を入れたくないため、
オンラインに繋ぐ事が出来なくなってしまったNaotenには関係の無い話かもしれませんが…。
(おかげでPSストアにも長らくつなげていない。
 最新のフォームウェアでないと接続を拒否されるため。)


Page up▲

化物語 戦場ヶ原ひたぎフィギュア

一つ前の記事の件で、実際に片目にパッチをしてマリオカートをやったら、
吐き気がして気持ち悪いNaotenです。
頭痛いです。



さて、久しぶりに欲しいと思えるフィギュアを見つけた。



グッドスマイルカンパニーから2010年10月に発売する、化物語 戦場ヶ原ひたぎフィギュアだ。


どこに惹かれたかといえば、
この文房具に他ならない。








3ad2b010f87bb6ba591bf006f8b5fb82.jpg
良いスカート開き


原作のこのシーンを表現。


5aec00f4.jpg



撮影用の演出ではなく、実際に、文房具パーツもついてくる。


6226a3dbe1767792c773c9ba26e76fca.jpg
別角度。



またスカートパーツを差し替えて、
文房具をはずして別パーツを手に持たせると、違ったイメージで楽しめる。


bd817294e2758cb08137d61b9e551ed2.jpg


惜しい点としては、ニーソが光りすぎている点くらい。

個人的には、最近、可動式フィギュアが好きなので、
可動だったら2重丸だったけど、それだと、この造形は無理だったろうし悩みどころ。

非可動だけど2パターン楽しめる所に、遊び心を感じました。









Designed by mi104c.
Copyright © 2010 直天堂のカステラ, all rights reserved.
05 | 2010/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS