Page up▲

日清にラ王、終わらされる。

日清のラ王と言えば生麺タイプのカップラーメンの草分け的存在である。

初めて店頭に並んだ月に、
早速買いに行き食べた記憶は今でも鮮明に覚えている。

その後、うどんタイプの「ごんぶと」や、
スパゲティタイプの「Spa王」にその血潮は受け継がれていった。


そんなラ王。
最近、とんとみない。

コンビニやスーパーに行っても、
まず店頭に並んでいないのである。

食べたいけど、もしかしてとっくに販売終了してんのかな?と思ったら、
今週号のジャンプの裏にこんな広告を発見した。




ラ王、終わる。




白黒調のデザインに一言大きく


ラ王、終わる。


いわばこれは葬儀である。
(だからこその白黒調。)


これはガルマを失った際に、ギレンが行った事と同様である。

ギレンは弟であるガルマの死に際して
密葬を望むデギンを尻目に、国葬を唱え、
兄弟の死さえもプロパガンダとした。

ひっそりと販売終了すれば、
人々の記憶にラ王=時代の波に飲まれて消えた生麺カップラーメンで終わるが、
社葬と言う形でラ王の消滅を宣伝すれば、
ラ王が生麺タイプカップラーメンとして、
パイオニア的存在であり、
日清の偉業はすばらしいものである的プロパガンダが成立する。


18年
おまけに在庫も一掃できて一石二鳥である。



だが、ガルマが死んだのは何故だ?

ボウヤだから……ではなく、
すくなくともあの事態は、ザビ家の意向ではない。


だがラ王が死ぬのは何故だ?
懸命なる読者諸兄は既にお気づきであろう、
そう、親である日清が殺すのだ。


自分で消しておいて。

残念です、
すごかったんですよラ王は?
皆で彼の消滅を弔ってやってください。
今ならまだ握手できますよ?



……………。


冗談ではない!!



追湯
ラ王追湯式典と称し、公式自らこんなおかしなサイトまで…。→ラ王追湯式典(リンク先追悼ソング音量注意)




こんな事にお金をかけるなら、
ラ王を存続する努力をするべきだ。


そう感じました。



謎のコメント

先ほどの公式には上記の様なメッセージが。
これで本当に復活したり「この子が後継者です」とか言い始めたら、それこそ馬鹿にするな!である。






なんて、久しぶりに激しい内容になっちゃいましたが、
昔からカップラーメンの事になると冷静じゃいられなくなるんですよね…。


なんでだ?(^^;;

Designed by mi104c.
Copyright © 2010 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2010/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS