Page up▲

FFXI Naoten、バスティオンに参加する

昨日は経験値の減らないはずのコンテンツで、
不幸な事故により経験値を減らしたNaoten。

メンテ中、リアルに睡眠を取り、Naotenもメンテ。

英気を養った。

メンテ明けにログイン。

今度こそバスティオンに参加する。


ペナントを受けて準備完了。

戦闘を開始する。


北東から進軍中
敵の距離は400Ymだ!!


審議官が言う。

ヤルム(やるむ/yalm)
ヴァナ・ディールでの長さの単位。略称はYm。

イルムが英語圏のヤード・ポンド法を参考に作られていることから、ヤルムも同様にヤード・ポンド法を参考にしていると思われる。語感からしてヤード・ポンド法のヤードに対応する単位ではなかろうか。ちなみに1ヤードは0.9144mに相当する。



北東から進軍中
敵の距離は300Ymだ!!罠に掛かれば良いが…。


さらに審議官が言う。


300Ym…。
かなり近いはずだぞ!?

だが敵は見えない。

北東から進軍中
敵の距離は200Ymだ!!もうすぐそこだ!


200Ym…。
だからどこよ??



北東から進軍中
敵の距離は100Ymだ!!来たぞ!!



えっ!?えっ!!?

どどど、どこ!?どこぉ!!?





パッ!!


不意に目の前にポップする敵の一団。





距離表記意味あったんですか!!?


しかも北東からと言ってたのに、
現れたのは


日高のり子も真っ青である。



とんだプレイボールになったもんだと駆けつけるNao也。
ピッチャーフライなどお手の物である。


とりあえず手近の敵に渾身のストレート、
ならぬフラッシュを発動。
戦闘を開始して10秒。

NPCからのガやらWSやらが集中し、敵が蒸発。


そう言えばここの経験値査定は、
敵が討伐されるたびに行われるんだっけな?っと思い出した瞬間。


1回目
1アウト!!



むお!?
10秒しか経っていませんけど!!?
渾身のストレートで三球三振1アウト!!




と、とりあえず2体目を殴れ!!







再び数秒で撃破。




2回目
2アウト


ホグワ~~ツ!!?




軽く目玉が飛び出すNao也!!



しかし次の3体目は
何も出来ないうちに蒸発しており
流石に経験値まったく入らず。
いわゆるフォアボールである。




次の敵を三振に切って落とすべく襲い掛かるNao也。


3回目
レフト方面へヒット打たれた!ちくしょう!




む!?
さっきまでと比べて渋いのは、
4体目に着手してすぐに蒸発してしまったからであろう。



これはもうレフト方面へヒットを打たれたと言う気配である。





2アウト1塁2塁で次の敵、5体目へ!!



4回目
まさかの二者連続ヒット!!


あうふ!?また低い!!
ボテボテの内野ゴロを
ヒットにしてしまうイチロー張りの走力で敵が蒸発。

2アウト満塁。

お、俺はこの試合に勝って、
南を甲子園に連れて行く!!


運命の6体目!!




み、南ィィ!!
南ィィ!!ハァハァ!!

俺は南とぉ!ソイトゲルゥ!!!(違


Nao也の必殺のボーパルブレード(笑)が炸裂!!


余りのボーパルブレード(笑)の威力で蒸発する敵!!



そしてぇぇ!!


5回目
スリアウツ!ゲームセット!!



こうしてNao也の夏は、勝利の2文字で終わったのであった。








結果

所要時間:
 5分
取得経験値:
 1192+1633+528+472+1483
 =5308
取得クルオ:
 238+326+105+94+296
 =1059
取得抵抗軍戦績:
 119+163+52+47+148
 =529



これはンマイー!!



以下、注意点。


・敵の挙動は体感的に、ビシージのそれと酷似。
 定期的にタゲが切れ、パルスマーテローに向かう。

・Clone Wardと言う障壁が無いと、
 一瞬で敵がパルスマーテローに到着。
 バスティオンが即終了してしまう可能性がある。
 (実際、仕組みがわかっていない頃は、
  何度も経験値0で終わった俺が居た。)

 深夜帯など人が少ない時間は、
 防護率(Clone Wardの耐久値)をチェックするべし。

・査定のタイミングがあくまで誰か(自分含む)が、
 敵を倒した瞬間にのみ行われる。

 よって、例えば
 強敵タイプと戦闘し、
 なかなか倒せないで要るうちに
 他の敵がパルスマーテローに到着してしまい
 戦闘が終了した場合。
 相当数の経験値を損する羽目になる。
 (査定のタイミングを敵討伐時と、
  戦闘終了時にしてくれれば…。)

・スキルが上がると言う情報があるが、
 今の所、片手剣は一度も上がっていない。

・自身が死んでいた場合、経験値は入らないが、
 生き返った瞬間にまとめて入るッぽい。
 (でももしかしたら
 このまとめて入る経験値量には上限があるかも?
  3000の上限がある可能性。)

・本記事中にもあったが、距離をカウントされるが、
 100Ym切るまで、見えない。
(なんらかの手段でもっと早く迎撃できるのか等は不明。)

・本記事中にもあったが、
 敵のポップ地点は進行ルートと一致するとは限らない。
(進行ルートと反対に沸いて、
 一気にClone Wardが突破された事があった。
 戦略性…と言うよりはランダムの可能性有り。)


まだまだ解らない点が多いので、
何かあったらこの記事か、別記事に書きます。

それではまた!

tag: FFXI

Designed by mi104c.
Copyright © 2010 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2010/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS