NaotenにとってMOTHERと言うゲームは、
およそゲームというカテゴライズには収まり切らない、
とても重要な意味を持ちます。

世界を救う為、8つの音を探して冒険をする少年の物語。

だからメインテーマのタイトルは

Eight Melodies

と言います。

この曲のゴッドっぷりは聞いた事がある人ならば解ると思いますが、
小学校の音楽の教科書にゲーム音楽として初めて載った事でも有名です。
(ゲームの音楽が教科書に載ったのは、
 Eight Melodiesの他に、FFIVの「愛のテーマ」もある)


こちらが一作目MOTHERのEight Melodies。


MOTHER2もやはり、音楽を集める冒険の物語ですが、
このMOTHER2版のEight Melodiesを独自解釈でアレンジし
歌っている「すなっち」さんという方の動画を初めて見た。


部屋に誰もいないことをいいことに、
ティッシュ何枚も箱から出して、本気で泣いた。


MOTHER2に思い出がある人は見てください。
絶対、泣けるんで。


中学生の頃、弟と妹と遊んだ事を思い出した。

エンディング見た事あるし、泣いたっていいよね?

それではまた(´Д⊂グスン
 

先ほどのデジタル一眼関係で色々調べごとをしていてこんな商品を知った。

無線LAN内蔵のSDHC型メモリーカードを謳うその名も

Eye-Fi

だ。

Eye-Fi.jpg


最初に無線LAN接続の初期設定さえ終わらせれば
デジカメ等からカードを取り出さなくとも
PC等に写真を転送できるのが最大のメリットである。
(ただし通電されている必要がある為、
 その間、デジカメの電源は入っていないければならない。)

公式ページ説明による特徴は以下。

4GBのメモリー容量:2,000枚の写真、または1.5時間の高画質動画をClass 6の速度で保存できます。 普通のSDHCメモリーカードと同様に動作します。コンパクトカメラに最適です。

ワイヤレス:802.11nに対応した無線LANを内蔵しているので、ご自宅の無線LANネットワークを利用してJPEG画像や動画の高速アップロードが可能です。

エンドレスモード:写真の転送が完了した後、自動的に画像を削除してくれるのは Eye-Fi だけ。もう容量が足りなくなる心配はいりません。
自動バックアップ:パソコンのフォルダに JPEG 写真や動画をワイヤレスで転送。Mac の iPhoto に直接保存することもできます。

自動で整理:写真や動画は、日付ごとのフォルダに自動的に保存されるので、思い出を簡単に整理できます。

その場で転送:PCにはもちろん、あなたのiPhone、iPad、Androidデバイスへ写真や動画を直接転送します。

広い互換性:Eye-Fi を使うために新しいカメラを買う必要はありません。お使いのカメラからワイヤレスにアップロードできるかを確認するには、こちらをクリックしてください。

ラクラク共有:JPEG 写真や動画を人気のオンラインサービスにワイヤレスで送信できます。Flickr、Facebook、Picasa、MobileMe、YouTubeなど、対応サービスサイトを記載したリストをご覧ください。
写真を選択して送信:アップロードする写真や動画を選んで送信することができます。

通知機能:写真がオンラインにアップロードされたら、メールやTwitter、Facebookで通知してくれます。

簡単セットアップ:初期設定はほんの数分。



初期のカメラの使用用途としては
「ブログ用写真の撮影」と言うのが大きなウエイトを占めそうで、
PCに細かく写真を転送したいNaotenとしては、
カードの抜き差しやケーブルを取り回す必要が無いこの商品は
利便性という観点から超絶魅力的だった。

とりあえずJPEGだけでなくRAW形式にも対応したProモデルの8GBを
カメラと一緒に購入した。

既にカメラを持っている方でも、
これは有りかも知れません。
(ご自身のカメラが対応しているか、こちらからチェックしてからのご購入をお勧めします。)

ProX2はConnectX2に追加して、
ジオタグ:無制限の自動ジオタグ機能で、写真に位置情報を付与し、共有しましょう。 最近の旅行で撮影した写真を地図上で表示、検索、共有できます。

公衆無線 LAN機能: ホテルやレストランなど、数多くのフリーアクセスな無線LANスポットを利用して、アップロードが可能です。この機能は1年間無料利用が可能、その後1年毎の有料(2,980円)更新サービスになります。

の2機能があったのだけれど、
現状ではProX2以外の他のバリエーションでも別途お金を払えば利用可能っぽい。
(とは言え、別途お金を出すのも馬鹿らしいので、必要なら最初からProで。)

参考:
Eye-Fiカード公式ページ

  
お値段はそれなりなので、使用用途に併せて最善の選択を。
とりあえず最大公約数的な判断ならPro8GBですかね。

 

デジタル一眼カメラ購入のため、ここ数ヶ月、ずっと調べていた。
(先日の記事で物欲の三番目としていたのがこのことである。)

特に先週末の土日は、本当に朝から晩までずっと調べごと。
ビックカメラ等にも足を運んだ。

デジタル一眼レフではなく、
デジタルミラーレス一眼を選ぶ理由はズバリ本体サイズ。

手荷物は少なくする人間なのであんまりデカイと絶対に持ち歩かない。
それじゃ高性能なの買っても無意味。
そしてコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)よりは綺麗な写真が取りたい、
と言う欲求もある。

そこでたどり着いたのがミラーレス一眼でありました。

ネットで色々調べ、
店頭で色々な機種を触ってみて、
最終的な候補に挙がっていたのはメーカーでは

オリンパス、ペンタックス、パナソニック、ソニー、ニコンだった。

ニコンはニコンワンと言う新しい仕組みを導入したV1、J1と言う機種を先ごろ発表したばかりで、どうしても装着したかったデジタルビューファインダー(以下EVF)を初期装備しているV1には果てしなく惹かれたが、新しい規格(1インチ、だからニコンワン、と言うらしい)のセンサー、少なすぎるレンズバリエーション(発売仕立ての為)、異様な高額から二の足を踏んでいた。(コンデジは過去、2機種ともニコンだったので、悪すぎるとは思っていないが、デザインは若干苦手なデザイン)

パナソニックはトータル性能が高く、スペックはほぼ要求を満たしていた。
特にマイクロフォーサーズレンズのバリエーションが多く、これにしてしまうか??
っと直前まで悩んだ。またソニーのセンサーは他候補より強力であり、(APS-Cセンサーと言う規格。)動画のソニーと言われるだけ有り動画も綺麗。

センサーサイズ
sensorsize11.gif
フルサイズ:一眼レフでも極めて高価な上位機種のみ装備。
APS-Cサイズ:大多数の一眼レフがコレ。ソニーやキャノン等のミラーレスでも採用している。
4/3サイズ:オリンパスやパナソニックが採用。
1サイズ:ニコン1が新開発したサイズ。
1/2.3サイズ:ペンタックスQの他、一般的なコンデジ等で採用されている。


が、
パナはデザインが馴染めず(マルっとし過ぎ)

ソニーはαNEX-5Nに関してはフラッシュとEVFが同時装着出来ないのとデザイン的に断念。
(実際、フラッシュはなければないでそんな使わないらしいのだが。)

αNEX-7に関してはデザイン、性能的に一瞬、おっ!?っと思ったのだけれど、
よく見るとEVFが(後ろから見て)左端に付いていた。
Naotenは左目が見えない為、
右目で見ようとするとカメラの位置が顔面から大きく外れることに成る。
それ自体が既に問題だが、それ以上に
背面液晶とEVFを交互に見る際、面倒な事に成ると予想された。
(なんかここらへんは運命的なものを感じて悲しい)

続いてペンタックス。
これのQと言う機種の見た目が求めていたものとドンピシャ。
これはヤバイっと思った。

pentax-q-009.jpg
ダイアル多数でウットリ。
店頭で触ってみてそのサイズの小ささにビックリ。ナノ一眼と謳うだけはある。
そしてこのフラッシュのギミック!!


センサーのサイズはそのまま本体のサイズに直結する。
前述の図にあった1/2.3サイズという事で、
本体が激小さいのは確かにその通り。

ただ逆に、センサーが小さいと言うのは綺麗な画像を撮る、
と言う意味においては不利になる。
(ペンタックスQの場合はレンズの方で超頑張っているらしいが、それでも不利だ)

で、結果的にコンデジの中位~上位クラスの画質に甘んじていると言う噂もある。

流石にコンパクトデジタルカメラを卒業して、
一眼に入るのだから、それ相応の画質は欲しい。
また、EVFが無い、と言うのもマイナス点だった。
(単焦点レンズ用だったらあるにはあるのだが…。)

で、消去法で残ったのがオリンパス。

最新機種のE-P3、E-PL3、E-PM1はクラス最速のAFを謳っているし、
E-P3はデザイン的に申し分ない。

これか!?これにすんのか!?

っと思っていたら、そう、みなさんご存知のオリンパス問題である。

海外メディアでは少し前まで不明な金額の一部が
ジャパニーズマフィア(ヤクザ)に流れていた可能性が指摘されており
もしそうだった場合、各量販店やAMAZONではオリンパスのカメラ等を扱うことはできなくなる。
そして会社がまともでなくなれば、
今後のアフターサービス等、不安な点も出てくるだろう。

高額な最新機種を買って、切ないことになったら困る。

むぅぅぅ!!?っと思っていたらAMAZONでこんなキャンペーンを見つけた。

あわせて買うキャンペーン

1世代前のE-P2、もしくは2世代前のE-PL1sの特定のレンズセットと同時購入で、
交換用レンズが1万円キャンペーン。
オリンパスの世代交代は異様と言われる速さだったため、
型落ちしているとは言え、他メーカーの世代交代時ほど性能に差は無い気配。


例えばE-PL1sのレンズセットだと24,780円。
交換用レンズの望遠レンズが35,900円(定価は約5万円)が1万円になって合計で34,780円。

少なくともコンデジと同じ金額で、それ以上の画質が買える訳だし、
本体のことは考えなくともレンズ2つを34,780円で買ったと考えれば安い買い物かもしれない。
(後々、腕前が上がったら本体を買い換えればいい気もする。)

万が一、オリンパスが会社として吹っ飛んだとしても、
マイクロフォーサーズ規格のレンズはそのままパナソニックで使用可能だ。

リスクは金額で回避しよう。

そう思って昨日の夜、AMAZONでポチリ。(EVFも購入。)



んが、一夜明けてみればこんな情報が。

オリンパス、損失計上先送り 含み損解消に買収資金

オリンパスは8日、問題になっている過去の企業買収で支払った多額の報酬や買収資金が、同社の証券投資の損失を解消するために使われていたと発表した。含み損を抱えた運用資産を、複数のファンドを通すなど複雑な操作をして長年、本来決算に反映すべきだった損失の計上を回避。この穴を埋めるため企業買収の形で多額の資金を流用したとみられる。過年度の決算の訂正や、今後の決算で損失計上を迫られる可能性が出てきた。



これを受けて1,000円を切らないギリギリの位置を保っていた株価は急落。
今日の午前、28%減の734円まで落ちた。
(問題が噴出する前の7月あたりの元々の株価は2,500円弱だった。)

結果的に現時点ではジャパニーズマフィアは関係なく、
店頭から商品が消えることはなかったが、
粉飾決算まがいのものだった、と言う事実が恐怖を喚起する。

上場廃止及び会社自体が消える可能性は相変わらず否定できない。
(上場廃止、と言うことは即ち、信頼を失う、と言うことなので、
 銀行からの融資が受けられなくなり、資金がショートする可能性も高い。)

オリンパスは医療分野(特に内視鏡のシェア70%)で医療部門は黒字なので
部門買収等色々な方法で意地でも残るかも知れないけど、
カメラ部門は万年赤字なので買取手が見つからず消えてしまうかも知れん。

最高位の10万円するセット(E-P3のダブルレンズセット)を
買っていないだけ懸命だったと自分を評価したい反面、
流石にこの爆撃の前日に買ってる自分ってどうよ?っと
なで肩をさらに落とした。

まぁ、カメラそのものの性能、デザインは自分の目にかなったので、
会社の事は考えず、この機種を使い倒して、
デジタル一眼カメラの撮影技術を磨いてみようと思うNaotenでした。

 

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング