Page up▲

ナオの箱舟 -豚めし-

「これには個人差がある。」
と言う事を前置いた上で、あえて言わせて欲しい。

Naotenにとって松屋の存在意義は

「豚めし」

であった、と。

しかし、その豚めしの販売が今月9日(今日入れて後4日間)で終了すると言うのだ。

豚めし
松屋の豚めし。
豚肉の上にまぶされた白ごまが豚肉と調和していて美味しかった。


Naotenがこよなく愛したものは全て終わっていく。

マクナルのマックチキンにしかり、
(マクナル=マック派、マクド派が争わない呼び名)
ココイチの牛モツカレーにしかり、
(ただし関西圏では通常販売している。)
ダイハツのネイキッドにしかり、
(2004年4月、販売終了。)
びっくりドンキーのびっくりコーラにしかり…。


(在庫が)増えすぎてしまった豚めしは、
神(緑川源治社長)により絶滅させる事が決定された。

緑川
全知全能の神

だが、神は、神の忠実な僕たるNaotenに、豚めしが消滅する事をいち早く教えてくれたのだ。

そこでNaotenは箱舟を作った。

人はそれをナオの箱舟と呼んだと言う。
(ナオの箱舟に関しての詳細は以前書いたこちらの記事を参照。)


そして一個でも多くの豚めしを未来へ残す計画
「スリーピングチルドレン計画」(未来へ残す意思)を発令した。

幸い松屋は豚めしを通販で販売している。

pack_buta30.jpg
通販豚めしは冷凍食品なので
スリーピングチルドレン計画において僥倖(ぎょうこう)と言えた。




早速30食分購入余裕でした。

9日までまだ数日あるので、
無論、店頭でも食べる予定だ。


終わる事をどうこう言える時代でもない。
だから文句は言わない。

ただ最後に一言。
嗚呼、豚めしよ、永遠(とわ)なれ!!

 

Designed by mi104c.
Copyright © 2012 直天堂のカステラ, all rights reserved.
12 | 2012/01 | 02

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS