偽物語について、
第一話の時から思っていたのだけれど、
第二話でもそうだったので、これは勘違いじゃない、
っと確信に至ったので書いてみる。

それはオープニングのスタッフロールについてだ。

昨今のアニメはOPではキャストのクレジットはしない。
その話で登場する人物が、
事前に知れてしまう事を防ぐ事が一番の理由だと思うが、
そう言った事等から
OPはキャストを含めない制作スタッフのクレジット、
EDはキャストを含めた制作スタッフのクレジット。
そう言った慣例がある。

が、これを見て欲しい。

(以下、追記へ。)
 
続きを読む »

さっき、リビングでチラッとTVを見たらGACKT氏が画面に映っており、
ハリウッド初進出映画のBUNRAKU(ブンラク)の宣伝をしていたのだけれど、
「ハリウッド俳優に会えてどうでしたか?」的な質問に対して
「ハリウッド俳優より会えて感動した人がいる。」

と突然言い出す。

この空気を読まない返答は何か来る?
っと思ってTVを凝視すると、GACKT氏が続けて挙げた人は意外な人物であった。




「シャア(池田秀一)にあったのが感動した。」

「この人がシャアか!って。」

と映画宣伝そっちのけで熱弁していた。
(別にBUNRAKU(ブンラク)に池田秀一氏は出演していないので、
 恐らくガンダムEXVSでの共演の話だと思う。)

機動戦士ガンダム EXREME VS.のボスキャラ等
最近、たまに声優をしているGACKT氏を見かけており
なんでだろ~って思ってたのだけれど、
どうやらGACKT氏はガンダム大好きだったらしい。

それを知って、そしてシャアに会えた事を熱弁している姿を見て、
以前からGACKT氏に抱いていた浮世離れしたクールなイメージはなくなり、
同時に親近感と共にグッと好感度が上昇した。


タキオンフェイズ
GACKT氏が声優を務めるエクストリームガンダムの形態の一つ、タキオンフェイズ。

ここだけの話、
GACKT氏がガンダムゲームの声優やってるのに違和感があったのだけれど、
大好きならば、まったく問題無い。

ガンダム好きは仲間だ!

そう思うNaotenでした。
 

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2012年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング