Page up▲

ソフトウェア開発ガイドライン「Smarter Apps for Smarter Phones」

スマートフォンやタブレット端末による通信トラフィックの増加が
世界的に問題視されている。

そこで世界中の通信キャリア大手が相談し、
スマートフォンアプリの開発者に向けたソフトウェア開発ガイドライン
「Smarter Apps for Smarter Phones!」を発表した。

6.jpg
発表したのはGSMAと言う機関。
GSMAは世界の携帯電話事業者らで組織される業界団体。



これは
「ガイドラインに沿って開発を行えば、
 ネットワークにやさしいアプリが作れますよ!」っと言う代物で、
具体的にはAndroid、iOS、WindowsPhone等、
それぞれの開発環境毎にネットワークに負荷がかからないプログラム技法を
ソースコード付きで解説している。

また同時に

このガイドラインに沿って開発したアプリのコンテストを実施中で、
その名も「GSMA Smarter App Challenge」と言う。

優勝賞金1万ドル、2位と3位の人は2,000ドル。
(1ドル80円計算で1位で80万円、2位、3位で16万円)

応募するアプリは
Android、iOS、WindowsPhoneのどのプラットフォーム向けでも良く、
世界中からのプログラムを受け付けている。


応募期日は
2012年5月16日20時(EST)まで。
(EST=米国東部標準時)

ちょうどAndroidアプリやSilverlightアプリの勉強をし始めているし、
(今のところは)5月には多少、仕事が暇になるので、
練習がてら何かネットワークを利用する簡単なアプリでも作って
応募してみようかなって思っているNaotenでございました。


english.jpg
ただガイダンスが英語で読めないのが問題だ。
GSMAにはdocomoも加入しているのだから、
日本語翻訳版を用意してdocomoのサイトからダウンロードできたらいいのに!



関連サイト
Smarter Apps for Smarter Phones!ガイダンスダウンロード
GSMA Smarter App Challengeコンテスト

 

Designed by mi104c.
Copyright © 2012 直天堂のカステラ, all rights reserved.
01 | 2012/02 | 03

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS