Page up▲

さんかれあ が面白いと思うんだが。

いつもの事ながら例によって例のごとく、
あくまで個人の感想です
ってヤツなんですけど。

今期、ナンバーワンはニャル子だと言う話を小耳に挟んだんだが、
個人的には さんかれあ の方が面白いと思うんだ。

まぁ、ニャル子はまだ1話しか見てないところの、
さんかれあ3話まで見ているので公平では無いのかも知れないけれど。

さんかれあ01

(画像多い&一部ネタバレ含むので、以下追記へ。)

 

続きを読む。


Page up▲

PlayMemories Online 4月25日開始

ソニー、5GB無料の写真・動画クラウド「PlayMemories Online」を4月25日開始

ソニーは、写真や動画を5GBまで無料でオンラインストレージに保存できるクラウドサービス「PlayMemories Online」を4月25日午後4時に開始すると発表した。

 カメラやPC、スマートフォン、タブレット、PlayStation 3(PS3)、液晶テレビ「ブラビア」、デジタルフォトフレーム「エスフレーム」など多彩な機器から利用できる。

 アップロードされた写真や動画は、機器に合わせてサイズやフォーマットをサーバー側で自動変換するため、様々な機器からの視聴・閲覧が可能。また、写真や動画をアルバムとして、家族や友達と共有する機能も備える。

sony.jpg


 PlayMemories Onlineにはウェブブラウザーでアクセスして写真や動画のアップロードができるほか、2012年1月以降に発売されたソニー製のデジタルカメラに付属するPC向けソフト「PlayMemories Home」を使うことで、写真や動画をドラッグ&ドロップでアップロードできる。また、スマートフォンやタブレット(Android/iOS)向けにも、専用の無料アプリが提供される。

 PS3向けには、写真や動画を編集するソフト「PlayMemories Studio」が3月29日に発売されており、年内にはPlayMemories Onlineへのアップロード機能を提供予定。また、ブラビア向けにも、2012年春にPlayMemories Onlineのアプリを提供開始予定としている。



先日、オンラインストレージについてたまたま、
親友でもあり盟友の2x4氏とあれこれ話した。

2x4氏によるとプライバシー及びセキュリティ上の問題や、
データ保護の観点から、
オンラインストレージの利用は部分的にするのが望ましく、
オンラインストレージにデータを置いていても、
(消えたりして泣きをみたくなければ)
自宅のPC上でも同一データを管理するべき、との事であった。

それらはNaotenも全面的に同意する所であったが、
ではだとすれば、
オンラインストレージサービスと言うのは、
(サービス事業者やユーザーとしては不本意ながら)
テンポラリフォルダ的な役割しか担えないと言う状況でもあると言える。

では、それは何故か?と問われれば、
大きなサービス事業者は大概、海外事業者であるが故の、
データ保護やバックアップ体制の不透明感と、
「無料」が故の責任の所在の不明瞭さに起因しているとも言える。

今回のPlayMemories Onlineに関しては
SONYが運営するんだから大丈夫だろう?
と言う思考停止は大変危険ではあるが、
海外事業者よりは信頼感があるのではないだろうか、と思う。
(もちろん、去年のPSNの情報流出問題や、
 PSHomeサイトでの他人のIDの情報盗み見が
 可能だった事案を忘れてはいけないが、
 だからこそ、対策も万全であると信じたい。)

まだ免責事項等は発表されていないが、
動向を注視して行きたいと思う。

関連サイト
PlayMemories Online(公式)

 

Page up▲

任天堂、「ネット課金」開始 赤字目前で方針転換

任天堂、「ネット課金」開始 赤字目前で方針転換

 任天堂がゲームのパッケージソフトの購入者に、インターネット経由で追加シナリオを販売する「ネット課金」ビジネスを始めた。これまでゲーム業界で高額請求が社会問題化していたことから参入に慎重だったが、他社が売り上げを伸ばす中で方針を転換した。

 任天堂は19日、「ニンテンドー3DS」のソフト「ファイアーエムブレム 覚醒」を発売した。ゲーム本編は、小売業界への配慮などから店頭で販売するが、ゲーム本編とは別の追加のシナリオは、ネットで300円(5月末まで無料)で販売する。追加シナリオを増やし、1本のソフトで継続的な収入を狙う。

 決済はクレジットカードのほか、店頭でプリペイドカードを購入する方法がある。こうした仕組みは「ネット課金」や「アイテム課金」と呼ばれる。(朝日新聞



Naotenとしては、
中古販売等、メーカー側にお金が入らない仕組みや、
押し寄せるソーシャルゲームの波に抗えない形でのDLC開始、
と分析しています。

昔みたいにソフトの値段が1万円を超えてしまって、
客離れを起こしてしまうのも本末転倒ですし、
今回のDLC開始はしょうがない、と思う一方で、
任天堂だけは、と言う牙城が崩された危機感も感じています。

ただNaotenもDLCそのものに不満が有るわけではありません。
本来は製品に含まれるべきレベルまで、
DLC化されている現状を憂いているに過ぎません。

DLCイメージ
ネット上にはこんな非肉画像も。


2012年。
ゲーム機やゲームソフトが売れない時代。

はたしてゲーム業界はどうなっていくのか、
いちゲーマーとして、今後を注視していきたいと思います。

 

Designed by mi104c.
Copyright © 2012 直天堂のカステラ, all rights reserved.
03 | 2012/04 | 05

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS