Page up▲

機動戦士ガンダムUC Blu-Ray5巻届く

とどいたどー!!

GUC5.jpg

そして見たど~~~!!


(若干、ネタバレを含むので追記へ。)

 

続きを読む。


Page up▲

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloudというサービスがいつのまにか始まってた。
(5月11日前後に始まった?)

当然、有料ではあるが、
これは結構革新的なサービスだと思う。


Adobe Creative Cloudとはなんぞや、と言うと、
年契約の場合、月額5,000円。
月額契約の場合、月額8,000円を払うと、
最新のアドビ製品を自由に使える、というサービスである。
(CS3以降を所持するユーザーには、
 初年度月額3,000円のプランもある。)

対応商品のラインナップが実にスゴイ。

Adobe Photoshop® CS6 Extended
Adobe Illustrator® CS6
Adobe Photoshop Lightroom® 4 *
Adobe InDesign® CS6
Adobe Muse™
Adobe Acrobat® Pro
Adobe Flash® Professional CS6
Adobe Flash Builder® Premium Edition
Adobe Dreamweaver® CS6
Adobe Edge preview
Adobe Fireworks® CS6
Adobe Premiere® Pro CS6
Adobe After Effects® CS6
Adobe Audition® CS6
Adobe SpeedGrade™ CS6
Adobe Prelude™ CS6
Adobe Encore® CS6
Adobe Bridge
Adobe Media Encoder

* 2012年夏に提供予定。
(タブレット向け製品は掲載から除外)

いくつかのAdobe商品がパッケージになったSuiteと呼ばれる商品群と、
各ソフトの単体での販売価格を見て欲しい。


価格比較


Naoten個人としては
Adobe Photoshop® CS6 Extended
Adobe Illustrator® CS6
Adobe After Effects® CS6

あたりが気になるので、
Suite製品で買うとなればProduction Premiumとなるが、
この価格が249,900円である。

一方、今回の記事で紹介したAdobe Creative Cloudは
年契約の場合、12ヶ月で6万円なので、だいたい4年で同じくらいの金額となる。
その間、新しいバージョンが発売されれば即、使用可能というメリットもある。

また年単位であれば違約金無しで解約できるので、
使う用途が減ったら解約するのも手だ。

年契約の場合の途中解約に関しての違約金の説明(折りたたみ)


こう言ったものを生業(なりわい)としているSOHOなんかの人は、
低コストで最新環境を運用できるし、
かなりコストパフォーマンスが良いのではないでしょうか?

導入について検討してみようと思うNaotenなのでした。

関連サイト
Adobe Creative Cloud

 


Designed by mi104c.
Copyright © 2012 直天堂のカステラ, all rights reserved.
05 | 2012/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS