Page up▲

3DS カルドセプトに悪戦苦闘中。その4

カルドセプト、
先日ようやくメインストーリークリアしました。

カルドセプト

カードは現在430/485種類ほど集まり、大体88%の収集率です。

カード総枚数は1,013枚。
7枚くらいまで増えて、マーケット行きのカードも出てまいりましたが、
まだまだ貴重なカードは枚数が少ないです。


しかしこの3DS版カルドセプト。
任天堂が噛んでいるだけあって、本当に親切にリファインされてます。

正直、同じゲームでもここまで変わるんだって思うくらい。

古くからあるゲームは、どんどん新要素が追加されたりして、
RPG等を除いて初心者お断りな風潮が出てくると思うんですよね。


奥深くて面白いってのがウリなのに、
それが面倒でとっつきにくいって解釈されたらもったいない。

だから3DS版カルドセプトでは初心者をサポートする機能が満載だ。

例えば膨大な数のカードを覚えきれない初心者をサポートする、
ドローされたカードを停止してじっくり確認できるシステム。

カードアドバイスとドローポーズ
beginner_txt02.png
beginner_img02.png

例えば何をやったらいいか解りにくい序盤にかなり役立つ、
次の一手のオススメを指し示すアドバイスカーソルシステム。

アドバイスカーソル
beginner_txt01.png
beginner_img01.png


この2大システムがカードゲームに必要な
知識と戦術をサポートしてくれて、
すんなり、そしてどっぷりカルドセプトの世界にはまって行けるのだと思う。

未プレイだけど楽しめるかな?って方にも
安心してお勧め出来る感じがしました。

もう少しカード集めしたらブックを作成して、
ばんばん対人や協力戦を楽しみたいと思うNaotenなのでした。

 発売日:2012/06/28
希望小売価格:4,800円(税込)
ジャンル:カードゲーム+ボードゲーム
プレイ人数:1人(通信プレイ時2~4人)
セーブデータ:1
レーティング:CERO B
その他:ローカルプレイ対応、ダウンロードプレイ対応、
 インターネット対応

 

Page up▲

平成22年の1世帯あたりの平均所得

昨日、厚生労働省の国民生活基礎調査により、
平成22年の1世帯あたりの平均所得金額が発表された。

その額、全世帯平均で538万円

計算単位が1世帯と言う事なので、
夫婦共働きならば二人分の所得になるだろうか。

しかしそんなに皆、稼いでるんだ?っと数値に違和感を感じていたら
実際は61.1%の世帯で平均所得を下回っているらしい。

100万円以下が6.5%
100万円以上200万円未満が13.1%
200万円以上300万円未満が13.3%
300万円以上400万円未満が13.6%
400万円以上538万円以下が14.6%

400万円未満の世帯だけで46.5%と全世帯の約半数を占める。

実際、
生活が大変苦しいとした世帯は29.1%、
やや苦しいは32.4%だったとの事なので
全世帯の61.5%は生活が苦しいと回答している。
(この61.5%の人は奇しくも平均に満たない世帯数の61.1%と近似している。)

いや、むしろ、冒頭の平均所得の額面より、
この所得ごとの分布情報の話の方がしっくりくる。

所得

この閉塞感はなんなんだろうか?

先日ニュースで、
日本の経済的排他水域で数百年分のレアメタルが見つかったと報じられていたが、
こうなったらそれを政府に頑張って海外に売ってもらって、
アラブの石油産出国みたいに税金の無い国になってもらうしかない!

目下の所、それくらいしかこの国の未来に希望がないNaotenなのでした。

関連サイト
平成23年 国民生活基礎調査の概況(厚生労働省)

 

Designed by mi104c.
Copyright © 2012 直天堂のカステラ, all rights reserved.
06 | 2012/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS