Page up▲

PSVita PS1ソフトプレイ可能に

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、「PlayStation Vita」(PS Vita)向けのシステムソフトウェア バージョン1.80を、8月28日から提供を開始すると発表した。これによりPlayStation Storeから購入可能になる初代「プレイステーション」規格ソフトウェアがPS Vita上でプレイできるようになる。

ASCII.JP




PSVita.jpg


え、今までPS1動かなかったんだ!
っという無知っぷりは置いといて、
そうであったのであれば、これは大きいバージョンアップだと思います。

バージョンアップ内容は以下。

・初代「プレイステーション」規格ソフトウェアに対応
・ホーム画面や、「ビデオ」、「ミュージック」、「設定」などのアプリケーションの一部の機能において、PS Vita本体ボタンでの操作に対応
・「ビデオ」で動画の可変速再生、早戻し/早送りおよびリピート再生に対応
・「ミュージック」で、PlayStation 3(PS3)またはiTunesで作成したプレイリストの再生に対応
・「リモートプレイ」のLiveAreaに、PS Vitaを利用してPS3専用ソフトウェアの操作ができる「クロスコントローラー」機能のアイコンを追加し、PS3との連携を強化



フリーズ関連の不具合もだいぶ修正されてきた様だし、
NaotenとしてもVitaの欲しいソフトが増えてきた所。

PS2規格のソフトが動く様になるなら即買いなんですけど、
もう少し様子を見つつ、
早ければ年内にでも買おうかと思っているNaotenでございました。

 

Naoten的欲しいソフト

   
かなり鉄板な選択。
シェルノサージュもずっと気になってたのだけれど不具合多そうなので除外。



ところで両極端な以下の2つがすっごい気になります(笑


 
プリティーVS硬派。
どちらも全然調べていないので、ゲームとして面白いかは不明瞭。


 

Page up▲

お弁当革命、閉店

今から3年ほど前、こんな記事を書いた。
価格戦争はどこまで進むのか

不況の折、お弁当の低価格化が進むまさにそのさなか、
敢然と現れたその彗星の名前は、

お弁当革命


店頭
2009年11月撮影。

税込300円で弁当を提供するNaotenもたまに利用する弁当屋。




今日、店の前を通って驚いた。


お弁当革命01
2012年8月撮影。



あれ!?看板が黒い!?


まさか!!?


たまらず車からダイハードばりにダイブしたNaoten。
なりふり構わず店頭の張り紙にしがみつく。




お弁当革命02



Naotenは3年前の記事中でこう書いた。


安くしてくれるのは大変ありがたいのですが、
価格戦争の波にのまれて、この店が早々に消えてしまわないか、
そういった心配をしてしまいます(;´д⊂)




3年というのは「早々」の部類に入るのかは判りません。

個人的にはよく利用しておりましたし、
店の前を通るたびにガラガラの店内に冷や汗をかき、
また途中から営業時間を絞って開店するスタイルに変わった際も、
ヤバイんだろうなぁ…っと危惧しておりました。

あえて第三者視点で苦言を呈せば、
作りおき故に「出来立て弁当」としては立ち行かず、
西友やイオンなどの「低価格作りおき弁当」には価格で負け、
唯一、勝機がありそうな「弁当の種類と質」に関して、
「え、これで300円!?」と言うものではなく、
どちらかと言えば「まぁ、これで300円ならしょうがないか」
と言うものでありました。

果たしてお弁当の世界に革命を起こせたか。

きっと福生で一番、この事態を悲しむ男だからこそ、
そう思わずにはいられませんでした。


そして税込300円が、
恐らく今後の消費増税で308円(8%時)、
314円(10%時)になると客離れが進み、
かといって300円据え置きは厳しいだろう事から、
戦略的にこの時期に閉店した可能性は大いにあると思いつつ、
民主党や自民党への怒りはさらに湧き上がるのでありました。


 


Designed by mi104c.
Copyright © 2012 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2012/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS