Page up▲

スパロボの醍醐味とはなんぞや? ~スパロボUX~

OGではない、いわゆるスーパーロボット大戦といえば、
毎回最初はファーストガンダムに載せられるアムロを駆使し、
ゲッターがビームなのに格闘属性と言う意味不明な攻撃をし、
(本当の初期は射撃属性だった記憶もあるが。)
マジンガーがその力不足っぷりをマジンパワーと言う謎強力能力で補う、そんなゲームである。

もちろん参加する作品が変われど、
大筋はそんな感じであった。

しかしどうだろう。
来年、2013年3月14日に発売するスーパーロボット大戦UXの参戦作品全16作品を見て、
どうも何か様子が違うぞ?と思うわけです。


<登場作品(全16作品)>
 ★機神咆吼デモンベイン
 蒼穹のファフナー
 ★蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
 鉄のラインバレル
 ★リーンの翼
 忍者戦士飛影
 ★「電脳戦機バーチャロン」シリーズ フェイ・イェンHD
 聖戦士ダンバイン
 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
 ★劇場版 機動戦士ガンダムOO-A wakening of the Trialblazer-
 ★SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors
 ★マジンカイザーSKL
 ★HEROMAN
 劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~
 劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~
 獣装機攻ダンクーガ ノヴァ

★…シリーズ初参戦作品



そう、いわゆるスパロボ古参があまり居ないんですよ。
(3DSのメインユーザー層を考えれば正しいとも思いますけどね。)

いやさ、もちろん。
ダンバインとかリーンの翼とか、忍者戦士飛影とか、
まあ、言っちゃえばバーチャロンもそうか。

その辺りは結構ターゲット層は高めである。
しかしそれだけである。

それ以外の作品は、比較的新しい作品が占めているのだ。


アムロや甲児が居ない。それはスパロボじゃねー!
とかいう人がいるかも知れませんが、しかしよう考えたら例えばNaotenは
機神咆吼デモンベインも、蒼穹のファフナーも、鉄のラインバレルも、
SDガンダム三国伝だってよう知らんわけですよ。

全てのロボットを知り尽くしている人はごく僅かなわけで、
スパロボをプレイして、そこで詳しく知った、
と言う作品もいっぱいありますよね。

そう言った作品達が、それぞれの作品のメインストーリーを尊重し合いつつ、
原作を追う形でクロスオーバーしてゆく。
(ここは重要で、原作を追うからこそ作品を追体験出来て、詳しく知れる訳ですよね。
 原作知ってる人は逆にニヤリとしちゃうしね。上手いよねこれ。)

それこそがある意味でのスパロボ的醍醐味なのかも知れません。

だからNaotenは、
古参が居ない事をあまり悲観していません。

知らない作品、もしくはまだ放送されたばかりの熱々の作品ばかりで、
ちょっとこれは楽しそうだなぁ!!っと舌なめずりをするのでありました。



3月14日と言う発売日に悪意を感じるぜ!!
 


Page up▲

MOTHER 再発表の話

糸井さんがツイッターで、初代MOTHERの再発表の話をしてる。

糸井氏ツイート

「再発表」と言うのが、
以前のファミコン(或いはアドバンスで発売した調整版)のMOTHERを出すのか
或いはリメイク版としてそれにさらに調整を入れて発売するかは不明だけれど、
MOTHER1、2が青春みたいなNaotenにとってはそれはとっても嬉しいなって思う訳です。
(可能ならば3DSで出してほしいな。WiiUは持ってないから。)

MOTHER攻略本
Naoten所蔵。MOTHER攻略本をパシャリ。

Naotenの影響でMOTHERが好きになり、
結婚式で曲をかけたほどの猛者となった妹に、
来年早々、家族が集まって実家で行われる新年会の時にでも
この事を話そうと思うNaotenだったのでした。

 

Designed by mi104c.
Copyright © 2012 直天堂のカステラ, all rights reserved.
11 | 2012/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS