Page up▲

壇蜜さんから見る芸風論

最近、セクシー系として壇蜜さんと言う方が活躍している。

どっかで見た顔だな~って思ってたら、
以前、このブログで2度ほど取り上げた齋藤支靜加ちゃんだったんですね。
龍如4ガールズ見つけた!
齋藤支靜加

齋藤支靜加

当時はエロ、と言うより、可愛さ、清純さだったと思うし、
彼女の「素」はきっと変わらず清純さなんだと思う。

それでも、それだからこそ今、エロで推しているのは、
彼女が芸能界で生きると言う決意の現れなんだと思う。

芸風と言うのは本当に難しいと思う。
にしおかすみこが最初はボンテージ姿でア"ッー!とか言ってたのに
今は、かんっぜんに普通の人だもんね。

にしおかビフォア
Before

 ↓

にしおかアフタ
After

小倉優子が最初は
「あ~ん?まじわかんねーし!」とかいうドキュンキャラだったのが
「コリン星からきたゆうこりんでーす!」になって、
今は「私あの頃はなんかおかしかった」ですもんね。

キレキャラのカンニング竹山が実は結構気が弱いとか、
毒舌の有吉も、本当はすげぇ優しいとか聞くもんね。

本人が選んだ生き方だから良いも悪いもないけど、
無理をして心を傷めない事を、お祈り申し上げます。

 

Page up▲

オンラインTRPGセッション ep3

私事ですけども、去年の11月にep1、12月にep2として行なってきた
Naoten企画のオンラインTRPGセッション。

次の土曜日の開催のep3でこの主人公たちの冒険はひとまず終了となります。

TRPGC02.jpg
プレイヤー達には誰が誰か解る…かな?


Naotenはロールプレイングゲームにおける一つの疑問があります。
それは主人公の居る最初の街の周辺の敵が異様に弱い事です。

理由として敵の勢力圏から遠い為、と言うのがよく挙げられますが、
敵の勢力圏から遠いからこそ、そこまで到達できる魔物は強いはずです。
信長の野望でも、敵の陣地に面した領地には強い武将配置します。
自分の勢力圏内こそ、弱い武将配置しますよね。

楽しい物語としては、徐々に難易度が高くなっていく、盛り上がっていく事が望まれます。
だけど現実としては、そんなまるで勇者を鍛える様な配置が不可解で納得出来ない訳ですね。

一方、最初が厳しくて後が楽、という感じで現実的にしてしまうと今度はつまらなくなる。

例えば信長の野望が接戦の前半部分は楽しいけれど、
大局が決してしまった後半部分はちょっとつまらなくなる、と言うのも、
ある程度、信長の野望が現実的なゲームだからかもしれません(ーー;

今回のシナリオではそんなゲームにおける一つのテーゼに果敢に挑戦しています。

「難易度はちゃんと後半の方が高いけれど現実的に違和感の無い構成。」
ってやつです。

しかしゲームとしてのバランスが破綻している可能性もありドキドキしています。
まぁ、ラストエピソード、と言う事で、全員死んで終わっても良いわけで、
その点は保険ではあるのですけどね。

あ、勘違いなきように言っておくと、そうなる事が出来る、と言うだけで、
それを望んでいる訳ではまったくありません(^^;

なにより一番の不確定要素は主人公たちの行動ですしね(遠い目
今回はどんなドラマを見せてくれるでしょうか?
そこに関しては超ワクワクしています。

はてさてどうなる事やら?
土曜日を楽しみにしているNaotenだったのでした。

 

Designed by mi104c.
Copyright © 2013 直天堂のカステラ, all rights reserved.
12 | 2013/01 | 02

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS