Page up▲

EU一般データ保護規則(GDPR)とゲームと私

EU一般データ保護規則(GDPR)が一昨日、5月25日から施行された。

GDPR.jpg

詳細はWikipediaに任せるとして簡単に説明すれば
日本の個人情報保護法の強化版とも呼べる代物で、
懲罰がとてつもなく重く、保護する情報の適応範囲が広く、保護するエリアが広い。

どのくらい広いかと言えば
仮に日本でWEBショップなどを営み、
そこにEU圏内に住む方がネットを通じてユーザー登録した場合、
それだけでGDPRの適応範囲となる。
(逆に僕ら日本のユーザーがEUに活動拠点のあるサービスを利用する場合も適応範囲となる。)

またGDPRの強力な所は、
情報を守られる側の個人(データ主体)が明示的にオプトイン(同意)を示さない限り、
一切の個人情報の外部出力、及び情報の処理が出来ない事であり、
同意されない限り、広告メールすらうっかり送れない事になる。
メールを送ると言う事は個人情報であるメールアドレスを元に情報の処理がされる事である。)

以下、日本貿易振興機構(JETRO)に用意された
「EU一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック(入門編)より抜粋。

・ 「メールマガジン」配信登録のあった個人データ
 当社(日本国内法人)は、インターネット上で登録のあったメールアドレスに
 不定期ながら、メールマガジンを配信しています。
 この登録者には EEA 域内の個人も若干含まれています。
 GDPR の観点での問題を避けるためには、どのような対応が必要でしょうか?
 【個人データ取得の経緯:メールマガジン配信登録】 


企業は、データ主体の同意を既に得ているのか、
またはこれから得るのかを確実にする必要があります。
どちらの場合においても、データ主体は、同意を撤回し、
メールマガジンを受け取らないようにするなどの権利について通知される必要があります。


上記の通り、既に同意してメールを送っていたとしても
再度確認し、同意を得るのが正しい姿勢だと推奨されています。
(楽○みたいに同意もしてないのにバンバンメールしてきたり、
 デフォルトで「このショップからのメールを受け取る」にチェックが入っているのは論外。)


(以下、追記へ。)

 

続きを読む。


Page up▲

2018/05/26のツイートまとめ(自動投稿)

NaotenBlog
Retweet:
4Gamer @4GamerNews

【短期連載】「ウォーゲームってなんすか?」と聞かれたときに聞かせたい話。第一夜「ウォーゲーム帝国の興亡」 https://t.co/e0TLHHCo7S


2018/05/26 00:00

2018/05/26 00:37

Designed by mi104c.
Copyright © 2018 直天堂のカステラ, all rights reserved.
04 | 2018/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS