毎週日曜日はNaotenの所属するLS*1のLSイベントデーなのですが、
先週の日曜日は追加シナリオコンテンツ、「戦慄!モグ祭りの夜」の最終戦をやってまいりました。


*1 LS
暴走族のチームみたいなもの。
UO等で言えばギルド的な仕組み。

モグ祭りロゴ
ヴァナ・ディール史上最小の作戦、と銘打たれている割には、一回でクリアできなかった…。


結果。
3度ほどやるが全て全滅。

ボスはHPが75%でクリスタリンフレアと言う技を使い。
50%で、黒魔道士タイプの部下5匹を呼び、逃げる。
HPが満タンになると帰ってくる。

これを2回繰り返した後、
3ラウンド目はHPが50%になると再度5匹の部下を呼び、
同時にクリスタリンフレアを高確率で使用し今度は逃げずに戦い続ける。

このクリスタリンフレアが厄介で全滅した遠因ともなった。

クリスタリンフレアは600前後の魔法ダメージと、追加効果に強スタン*2+暗闇を持つ。

*2 スタン
イメージとしてはめまい。気絶。に近い。
アイテムや魔法の使用途中の場合、強制的に中止させられる。
また、スタン中は、移動、攻撃、ありとあらゆる行動が不能になる。



3ラウンド目は5匹の部下とクリスタリンフレアがほぼ同時に来るので、
酷い場合、クリスタリンフレアで行動不能に陥ったあと、
精霊範囲魔法が飛んできて、何も出来ずに全滅する。

というか、こうして先週は全滅した。(;´д⊂)


そして今週の日曜日(つまり今日)、紆余曲折を経て、見事リベンジを果たしたのであった。
勝因はやはり、3ラウンド目の戦い方。
寝かし役の立ち位置と戦闘場所の位置関係が全てだと言って良いだろう。

LSメンバー
お手伝いくださったLSメンバーには最大限の感謝を。


これによりついに、戦慄!モグ祭りの夜をコンプリートした。

お楽しみはコンプリート報酬である。

コンプリート報酬に関しては引越し前のブログで書いた通り、
こんな感じである。

能力選択
付与できる能力一覧。この中から2つを選択する。




少し悩んだが、結果から見ると、これ以外の選択肢は考えられない物を作成した。


命中+10 攻+5 と
命中+3  ペット:ヘイスト5%、

すなわち、

命中+13 攻+5 ペット:ヘイスト5%となる。



ダイアの冑



裏も、サルベージ*3もいけない自分であるが、
結構、少しずつではあるが、だが確実に、
良いからくり士になれてきたのではないかと感じている。


*3 裏 サルベージ
共に大規模人数参加型コンテンツの俗称、および名前。
毎週、決められた時間にログインし、決められたルールにのっとり活動を行う。
別名「社会人キラー」と呼ばれ、自由に時間を作れない社会人には
不向きなコンテンツではある。

とは言え、少人数で目的を絞って行うタイプの活動もあるにはある。


例えば装備はこんな感じだ。

武器:ハデスサインティ
D+18 隔+51 命中+7 回避+7 モクシャ+7
敵対心+7
Lv70~ 戦モ獣忍か

頭:ダイアの冑
Rare Ex
防21 HP+10 MP+10 モクシャ+3
命中+13 攻+5 ペット:ヘイスト5%
Lv75~ モシ獣狩忍青コか踊

首:剣侠の首鎖
防4 STR+3 命中+5 ストアTP+1
Lv60~ All Jobs

胴:アンタレスハーネス
Rare
防50 HP+15 DEX+8 AGI+8 命中+8 回避+8
Lv71~ 戦モ赤シ暗吟忍青コか踊

両手:ペルワンダスタナ
Rare Ex
防19 命中+5 飛命+5 飛攻+5
コンビネーション:モクシャ+
Lv72~ モ赤シ獣狩忍竜コか踊

両脚:バルバロッサゼレハ
Rare Ex
防36 STR+4 VIT+4 ヘイスト+3%
Lv75~ 戦モシ獣吟狩侍忍竜コか踊

両足1:エルメスサンダル(盾時、移動時用)
防17 HP+12 回避+5 敵対心+3
移動速度+12%
Lv70~ 戦モコか

両足2:PTバブーシュ+1(本気戦闘用)
Rare Ex
防12 HP+19 STR+5 命中+5 回避+5
リペアー効果アップ
Lv74~ か

背:ボクサーマント
Rare Ex
防8 ガードスキル+10 回避スキル+10
盾スキル+10 受け流しスキル+10
Lv70~ All Jobs

腰:怪腕のベルト
防5 STR+3 命中+8
Lv60~ All Jobs

耳1:ブルタルピアス
Rare Ex
ダブルアタック効果アップ ストアTP+1
Lv75~ All Jobs

耳2:幽界の耳
Rare Ex
HP+15 攻+5 回避+5
被ダメージの3%をMPに変換
Lv72~ All Jobs

指1:ラジャスリング
Rare Ex
STR+2~5 DEX+2~5
ストアTP+5 モクシャ+5
Lv30~ All Jobs

指2:エクフォリアリング
Rare
命中+4 ストアTP+1
エンチャント:アムネジア回復
Lv49~ All Jobs
 <100/100 0:30/[5:00,0:30]>

上記、装備品の命中を全て足すと55になる。

っというか、他前衛では装備だけで命中+55なんか簡単に出せると思うのだが、
からくり士向けの装備品はとにかく前衛向けのパラメータがついた装備が少ない。

今回のダイアの冑もそうだが、執拗に命中を上げているのには訳がある。

それは、からくり士の格闘スキルの低さに由来する。

格闘スキルはC。
Lv.75の時点で225がスキルキャップである。

これは他の前衛に比べて大きく劣った数値であるといわざるを得ない。

例えば竜騎士は槍の使い手で、両手槍スキルはA+。
Lv.75の時点で276のスキルキャップを持つ。

スキル数値で言われるだけではピンと来ない方に、わかりやすく説明すると、
メリポ*4で主に戦う、アトルガンエリアの敵の場合、
最低限必要な命中値は380~404前後と言われている。
(理想は最低値+80~110つまり、500くらいあると命中キャップじゃね?っと言われている。)

*4 メリポ
メリットポイントの略。
FFXIにおいてはLv.75が上限であるが、
そのLv.75になってから、さらに経験値を溜める仕組み。

溜めたポイントは、ステータスを強化したり、アビリティを覚えたりに使用できる。

なお、メリポを1ジョブ分振り切るのはLv.75まで育てるよりも多くの経験値が必要である。


そこで、例えば、装備で命中を30ほどキープしたLv.75竜騎士での命中値を算出してみた。
(DEXは65で装備で15ほどドーピング済みで80と仮定。)


基本命中328+命中特性22+装備30=合計380
これにブリームスシを食べると
最終命中値445



からくりのナオテンの場合。

基本命中263+命中特性0+装備55=合計318
これにブリームスシを食べると
最終命中値372

メリポ稼ぎパーティで最低限必要な命中値すら確保していない事になる。

だが、
だからこそ、やりがいがあると感じる。

まだ発展途上の装備を変え、メリポを振り切り、
命中だけではなく、攻撃も十分、考慮した装備で、
最終的に408の最終命中値をたたき出すのが目標だ。
(裏、サルベージ抜きで。)


無論、オートマトン*5あってこそのからくり士であることは重々承知しているが、
高レベルになればなるほど、その強さに水をあけられてしまう。

*5 オートマトン
からくり士があやつる半自立回路をもった戦闘人形の事。
からくり士自体がマイナーな為、マトンの戦闘力はあまり知られていないが、
条件次第で軽く前衛を超える攻撃力、後衛を超える魔法戦闘能力を繰り出すことが出来る。

弱点は、その最高の攻撃性能と引き換えの最低の防御性能。
わずか数十秒で破壊されることもある。

であるならば、からくり士はマトンの盾である必要性も求められる。


一歩でも彼らに追いつく為に、今日も精進あるのみ、である。

置いていかれないように、抜かさないように。
オートマトンと共に、今日も歩んでいく。


ナオテン
もはや両足以外、からくり士に見えない…。

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング