Page up▲

KONAMIのアーケード用TPS「スティールクロニクル」が気になっちゃう。

4Gamerで記事が組まれている
KONAMIのアーケード用TPS「スティールクロニクル」が気になった。

筐体

ゲームの概要としては以下と説明があった。

簡単にゲームの流れを説明すると,まず,オンラインで繋がっている全国のプレイヤーと,最大4人(足りない場合はNPCが同行)でミッションに出撃する。マップはいくつかのエリアに分かれており,各エリアごとに強力な鋼鉄虫「リーダーエネミー」が出現するので,それを撃破すると次のエリアに進行できる。
 マップの最奥にはボスである「巨大エネミー」が待ち構えている。撃破に成功すればミッションクリアだ。もし制限時間内にボスを倒せなかった場合は,ミッション失敗となる。



プレイ動画


(以下、追記へ。)
   
簡単なストーリーの説明としては、

 本作は,「鋼鉄虫」と呼ばれる虫っぽい敵を相手に,人型戦闘兵器「スティールスーツ」で立ち向かうTPSだ。
 プレイヤーは,このスティールスーツをまとった対鋼鉄虫戦闘員「ハウンド」として,戦場へ出撃することとなる。



っと言う事で、
8人のハウンド隊員の中から自キャラクターを1名選び、

キャラ選択

機体も選び、

機体
万能型。初期から選択可能。

重火力
高火力型。機動力は下がるが火力が向上。ある程度ミッションを進めると獲得可能。

出撃する。

戦闘シーン2

戦闘シーン1


操作はタッチパネルと2本のスティック、
スティックについているボタンで行う。

操作


気になる料金形態としては

なお,料金形態はボーダーブレイクや「METAL GEAR ARCADE」と同様,ゲーム中の展開に関わらず,投入したクレジットに応じて決まった時間遊べるタイプだ。クレジットによりSTE(スティールエナジー)というポイントが手に入るので,これがなくなるまではプレイが可能。ただし,スーツ武器やアイテムを購入したり,ハウンドの外見やボイスをカスタマイズするのにもこのSTEが必要となるので,そちらに使った場合はプレイできる時間が短くなる。
 ちなみに,今回のロケーションテストでは,1クレジット(100円)で480STE(4分30秒),5クレジットで2720STE(25分30秒)プレイできた。



との事。

機体のカスタマイズは敵の素材を集めて行うとの事で、
ある意味育成も楽しめる。


現在ロケテストが18日まで以下2店舗で実施中との事。

アドアーズ渋谷店
ラウンドワン横浜駅西口店

正式な稼働時期はまだ未定だけど、
稼動されたら久しぶりにゲーセン行きたくなる感じのゲームだなーと思いました。

関連サイト
KONAMIのアーケード用TPS「スティールクロニクル」のロケテストレポートを掲載。巨大な敵が相手の歯ごたえある協力プレイが魅力 - 4Gamer.net
「スティールクロニクル」ロケテスト情報 - コナミ公式
 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS