Page up▲

CDレーベル印刷対応プリンタ

長いこと使用しているCANON PIXUS MP700が使用限界に来ている。
(具体的に言うと印刷物の文字がかすれる。
 印刷品質を「きれい」にすると問題なくなるがインクの消費がヤバス。)

canon_MP700.jpg
CANON PIXUS MP700

2003年に購入してかれこれ8年使用している訳だがら、
よく持った方かも知れない。


PIXUSのMP600~700くらいまでは名機と言われている。
(と言う意見を散見する。異論は認めます。)

理由としてはインクの消費量、プリンタ復帰速度、印刷速度、
印字の綺麗さがそこそこ高水準である事等があげられる。

特に無視できないのがインクの消費量である。

インクジェットプリンタは、
ノズルのクリーニングにインクを使う。
(定期的に内部清掃等をしている様で、
 たまにしか使わないのにインクが空と言う事もある。)

併せて一つのプリンタに搭載されるインクの数も増え、
インク消費量もうなぎのぼりである。
(最近は8色なんて恐ろしいものもある。)

また昨今の純正インクの値段の高さも異様だ。
(それでいて最近は安価なサードパーティ製のインクを使用すると、
 保証対象外にしかねない方向に進んでいる。
 実際、サードパーティ製のインクはモノによっては不純物が多く、
 プリンタを早期にダメにする要因になりえるのもたしか。)

プリンタの値段を落とし、インクで稼ぐ、とも取れる戦術。
これは特に昨今のCANON、EPSONに言える傾向である。

HPやブラザー等は逆に、インク代のコストが安いことをウリにしている傾向があり、
ブランドや品質に拘らないのであれば、選択の余地がある、と思う。

が!

Naotenは仕事柄、CDをお客さんに納品する事が多く、
CDレーベル印刷機能があるプリンタが業務上、必須である。

だがなんと、CDレーベル印刷機能搭載されたプリンタは、
CANONとEPSONしか発売していない、のである。

こりゃびっくり。

CDレーベル印刷
MP700を買った理由も、CDレーベル印刷機能があった事が挙げられる。


んが、んが!!

先月中旬、複合インクジェットプリンタとしては初めて、
(厳密に言えば過去にはあったかも知れないけれど)
CANON、EPSON以外のメーカーからCDレーベル印刷機能付きのプリンタが発売された。

それがブラザーのMyMio DCP-J925Nである。
(同時に発売したMyMio MFC-J825Nも対応している。こちらはFAX機能付き版)



おっしゃこりゃスゲー!買うしかね~!っと思っていたのだけれど、
ブラザーのウリであったインクの消費量が、
どうやらこのMyMio DCP-J925Nから跳ね上がっているとの情報がある。
(特に定期的なノズルクリーニングにおいて2倍のインク消費量との情報がある。)
それでもCANONやEPSONより定期的なインク消費量が少ないのであれば、
選択の余地はあるかも知れないが…。

ここらへんのクリーニング時のインクコストはメーカーは表に出さない。
ユーザーにとっては気づきにくいが重要なポイントだけに、
業務体質を改善してもらい、情報をオープンにしてもらいたい。

このプリンタの選択は、
これから数年を担う選択だけに、慎重に行なってみたい。
そう思ったNaotenであります。
 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS