Page up▲

セブンイレブン 年間売上高が3兆円を突破

 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは、年間の売上高が3兆円を突破したと発表しました。国内小売業の単一チェーンで3兆円を超えるのは初めてです。

 セブン-イレブン・ジャパンによりますと、去年3月からの国内のセブン-イレブン全店舗の売上高の合計が今月28日までに3兆円を超えました。今期末の2月には前の期よりも10.2%増えた3兆2490億円に達する見込みということです。今期は過去最高の1200店を出店するなど、39都道府県で1万3788店に上り、店舗の純増数が売上高の増加に直結しました。一方で、大震災後にインフラとしての機能が再認識され、日用品や総菜などを買う動きが利用機会の少なかった主婦や高齢者にも広がったと分析しています。



もし引越しするならばどんな物件が最低条件?
と言う質問があったならば、
「近くにセブンイレブンがある事」と答えるであろうNaoten。

どんな場所に住んでも構わないが、
ここだけは譲れない。


セブンイレブンは便利である。
住民票の写しも出力できるし、印鑑登録証明書や戸籍証明書も出力できる。

変わった所で
Naotenが利用して便利だと思ったのは、
50ccバイクの自賠責保険を購入する事が出来た事。

コンビニの中でNaotenのメインバンクの
新生銀行が利用できるATMがあるのもセブンイレブンだけだ。

Naotenが唱える、「国家は企業が運営するべき」理論から言っても、
セブンイレブンには市役所の変わりを担って欲しいとさえ思う。

後、セブンイレブンの骨なしフライドチキンは美味い。
スパイスがとても美味い。
(去年のクリスマスはケンタッキーを回避し、
 セブンイレブンで格安ですましたほどだ。)

バーレル
去年のクリスマスの写真。チキンとポテトをバーレルに入れてくれた。
しかもクリスマス時期はチキンが20円引きだったので145円×3とポテト100円×2で635円。


嘘か本当かの真偽はさておき、
セブンイレブンのストア経営は余り良い噂は聞きませんが、
利用する分には便利すぎなのでこれからもじゃんじゃん増えて欲しいと願うNaotenでありました。
(件(くだん)のセブンスポットも広がりますしね!)
 
 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS