Page up▲

SilverLightでアプリ作成の練習 #3

先日、公開したSilverLight練習アプリ。
今日も練習を兼ねてちょいちょい改造しました。

silverlight2.jpg

SilverLightでアプリを作成できる魅力は、
豊富なコントロールを使用できる事。

なので今回はその中からDataGridコントロールを実装してみました。

(ランタイムが入ってる方は、
 続きを表示しただけで音がなるので注意です。)
 
 

と言う訳でブツはこちら。



カーソルキーで動かない人は、一度マウスで画面をクリックしてフォーカスを乗せてみて下さい。


次回への宿題としては
とうとう5MBを超えてしまったファイル容量への対策を考えています。

主に音声ファイルが重い。
音質落とすか、ストリーミング再生に移行してみます。

引き続き、ゆっくり行きます。
それではまた。

----
クレジット

このソフトは、REFMAPさんが配布しているフリー画像素材を使用してます。
このソフト内で使用されている画像を、このゲームを遊ぶ以外の用途には使用しないで下さい。
REFMAP http://www.tekepon.net/fsm

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2012/03/25 22:44 [Edit]
Nameトゥー・バイ・フォゥッ トゥー・バイ・フォゥッ's Mail Addressトゥー・バイ・フォゥッ's URL

箱や樽に向いていなくても隣接する場所にいるだけで調べられるんですが。
右下の樽に上側からくっついて画面外を向いたりとか、樽の左側からくっついてした方向を向いたりとかしても樽と話しかけられる不思議発見。
ミステリーハンターは宮地眞理子ならぬ、シュゥシュゥちゃんか!?

追伸:最新版をATOM Z540で確認してみたところ、画面右下に行っても処理速度は遅くはなりませんでした。

Date2012/03/26 22:33 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○トゥー・バイ・フォゥッさん

> 箱や樽に向いていなくても隣接する場所にいるだけで調べられるんですが。

おっしゃる通り、
実は当たり判定に関して余り厳密なチェックをしていない為、
その様になります(^^;

会話対象が1つならば、それでも余り問題は無いかもですが、
複数並んでいたら、どちらに話しかけるか意図しない動作になる可能性があるので、
近いうちに機能強化してみます。


> 追伸:最新版をATOM Z540で確認してみたところ、
> 画面右下に行っても処理速度は遅くはなりませんでした。

検証、助かります!
前回までは画面にタイル状にマップチップを描画していました。
30×16のマス(480個)がさらに階層上に配置されていた為、
オブジェクトの数が増え、描画処理に時間がかかっていた様です。

今回はプログラム内部でマップチップを結合して
3枚くらいの絵を作成し、
それを1枚ずつレイヤー階層で表示しているので
オブジェクト数が圧倒的に減り、処理が早くなった様です。

最終的にはWindowsPhoneでの動作も考えているので、
低スペックPC対策は必須でした。
ありがとやんした!(^^

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS