Page up▲

FFXI SVブレーサー+1

今日FFXIにて、今更ながらに学者のエンピリアン装束である所の、
サバント装束の両手部位を+1へ強化した。

敵NMはサバント型紙:手を落とす敵としては
唯一まともな戦闘力のKoghatu。

Koghatu.jpg


途中、他PTが戦いはじめたOgopogoの
タイダルウェイブに巻き込まれて即死した以外は、
実に順調に戦い抜き、
前述のとおりサバント装束の両手部位を+1化する事に成功した。



SVブレーサー+1


令狸執鼠の章効果アップと言うのは素直に嬉しい。
元々令狸執鼠の章とは、次にかける強化魔法(白魔法)の
効果時間を2倍にする特性があるのだが、
このSVブレーサー+1を装備すると効果時間が+25%される。

例えばヘイストは効果時間3分であるが、
令狸執鼠の章を使用してから詠唱すると6分となり、
SVブレーサー+1を装備して
令狸執鼠の章を使用してから詠唱すると6分45秒となる。

そこは嬉しいのだが、
その他のパラメータがいまいち納得行かない。


白魔法と黒魔法は完全に同時には詠唱できない訳である。

だから、
白魔法詠唱の時、黒魔法詠唱の時のそれぞれにおいて、
適した装備に着替えるのが良いとNaotenは思っている。

例えば黒魔道士のエンピリアン装束である
ゴエティア装備の両手部位はこんなである。

GTグローブ+1
Rare Ex
防21 INT+5 魔法攻撃力+6
魔法クリティカルヒット+3%
魔法クリティカルヒットダメージアップ
Lv87~ 黒



赤魔道士のEQガントロ+1はこんな感じ。

EQガントロ+1
Rare Ex
防20 MND+4 魔法命中率+5
弱体魔法スキル+10 サボトゥール効果アップ
Lv87~ 赤



う~~ん。実に隙がない。

こう言った、つきぬけた感じであって欲しかったとNaotenは思う。


それでも無理に使うのであれば、
魔攻を伸ばすよりINTを伸ばしたほうが
ダメが伸びやすい計略系の詠唱か、
MNDの上昇がダメージ吸収量に影響する
ストンスキンを詠唱する場合等?

もちろん、弱体魔法の効果深度などにも関わってくるので
INTやMNDが無駄とは言わないけれど…、
黒や赤の手装備と比べると、用途が見えにくいなぁって思うのは、
僕だけでしょうか?

魔導師系で唯一、胴部位が+1の段階でリフレがつかなかったり、
+2のコンビネーションが微妙だったり、
エンピリアン装束に関しては軽く冷遇されてんのかしら?
っと唸ってしまうNaotenなのでした。
 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS