Page up▲

良い週末と俺の塩

この一ヶ月、土日に仕事を持ち越すことが多く、
週末は週末で憂鬱だったんですが、
久しぶりに何にも仕事のない土日を迎えられそうです。
(仕事が無いだけで、その分、予定は土日、ぎっしりなんですが…。)

窓をあけると冷たい夜風が入ってきて過ごしやすく、
珍しくお酒でも、と言う気分で缶チューハイを飲んでいます。

そういえば、先日予告していた俺の塩の食べ比べ。
やってみましたよ。


復刻版俺の塩
写真は復刻した、復刻版「俺の塩」


全然違いが判らない、と前回の記事で書きましたが、
流石に同時に食べると細かな違いが多かった。


項目最新版俺の塩復刻版俺の塩
お湯入れ待ち時間1分3分
調味油液体の量が多い。
魚介の下味が付いている。
液体の量が少ない。
サラダ油みたいな黄色い液体。
液体に味はほとんどない。
粉末ソース粉の量が少ない。
味の調整と言った感じ。
粉の量がものっすごく多い。
これを麺になじませるのは結構大変。
麺の食感わずかにボソッとしている。わずかにふにゃっとしている。



復刻版は3分と言う事と
粉の量が多いため作るのが相当手間。
ただその「粉」こそ俺の塩の「塩」要素なのだと思うと、
これはこれで有りかなって。
(ところどころしょっぱい所と薄いところが出来るのもある意味、醍醐味。)

最新型俺の塩は1分、液体多く粉少ない、と言う事で、
圧倒的に作るのが楽。

肝心の味の違いは、
同時に食べても判らないレベル。

そういった意味では
よくこれだけ作るのを楽にしつつ、
昔からの味を守ってるなって思いました。

俺の塩
左が最新版、右が復刻版。これぞNaoten奥義「伊豆の同時食い」

2つのカップを前に、
俺の塩の歴史と、その15年間にあった様々な出来事を思い出しながら、
深く深く麺を噛み締めるNaotenだったのでした。


 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS