昨日、第二話が放送されたソードアート・オンライン第二話。

第一層のボスを大人数で攻略しようと会議を開くディアベルの呼びかけに応え、
大勢のプレイヤーが集結する所から第二話は始まった。



ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_000239367
これなんてシロー・アマダ?なボイス。



(以下、ネタバレ&画像多数なので追記へ。)

 
 

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_000253648


第一層のボスであるイルファング・ザ・コボルドロードの
詳細な攻略法を語るディアベルの前に、
唐突にプレイヤー「キバオウ」が乱入する。


ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_000359688
これなんてツジサン?な風貌。

ベータテスター組と、サービス開始組との間の確執が語られた。



オンゲープレイヤーとして思うのは、
こう言ったプレイヤー感の確執っていうのは、
実際にあると思う。


その昔FFXIで、ソロでカニをやっていたら、
後から現れたパーティがゴブリンと隣で戦闘を開始。

爆弾の範囲に巻き込まれ危うく死にそうになった。
(当時はPT外へも範囲攻撃が届いた。)

それに対して『こちらに被害が出ているんですけど?』と言うと、
「ソロの人の方が別の場所でやるべき」みたいな事を言われた。

なるほど。6人が動くより1人が動くほうが合理的だ。
渋々、狩場から離れたあまり美味しくない場所に移動した。



PT至上主義プレイヤーとソロ至上主義プレイヤーの確執、
廃人プレイヤーと一般プレイヤーの確執、
PKプレイヤーと一般プレイヤーの確執、
数少ない大規模グループと、あまたある小規模グループの確執。


どちらかと言えば、
いつだって後者の勢力に居たNaotenとしては、
同じく後者の勢力であるキバオウさんの言いたいことは
それが仮に、誤認がある上での逆恨みが多分に含まれるとしても、
心情的に一定の理解は出来る。

2話目にして、なかなか深い事に切り込んでんなぁと思いました。



で、物語は後半、第一層ボスの討伐戦に。


戦闘中、ついにアスナのご尊顔を拝する事に。


ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001073834


途中、ディアベルが先行して死んでしまったり、
コボルトロードの強力な攻撃により危機が訪れるも、
エギルらの支援によりピンチを回避。
キリトとアスナの技量の高さからくる
高度な連携攻撃の末、ついにコボルトロードを撃破した。


ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001154715

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001158552

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001159487

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001159553

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001159820

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001164592

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001165926

ソードアート・オンライン  - 20120715.ts_001170231


このシーンで思い出したのが、
その昔プレイしていたUOであった話。

詳細は覚えてないんですけど、
当時、同じ敵を誰でも殴れたUOでは、
あるプレイヤーがギリギリまで削った所に颯爽と現れて、
間隔は長いけど攻撃力の高い武器でトドメだけ奪っていくと言う
プレイスタイルが問題視されてました。
(ラストキルにはなんかメリットがあったはずなんだけど忘れちゃった。)

ディアベルはまぁ、それを狙ったんでしょうね。
オンゲーをやる上で一定の野心は必要悪ですが、
彼の場合はそれに対する覚悟も併せ持っていたので、
悪と決めつけるのは早計に思います。


僅か2話ですが、オンゲーの光と闇を垣間見る展開に、
来週も楽しみで仕方が無いNaotenなのでした。

関連ブログ記事
2012年夏アニメ Naoten注目作品第一話を見ての感想
ソードアート・オンライン 第三話を見ての感想
ソードアート・オンライン 第四話を見ての感想
ソードアート・オンライン 第五話を見ての感想
ソードアート・オンライン 第六話を見ての感想
ソードアート・オンライン 第七話を見ての感想
ソードアート・オンライン 第八話を見ての感想
ソードアート・オンライン 第九話を見ての感想

 

コメント

あぴ :

遅ればせながら2話を視聴!
エギル安元の正論と漢っぷりに一人ドギマギしておりましたw今後も継続登場を強く求ムwww
今回もオンラインゲーム的な要素(先行プレイヤーと後発プレイヤーの確執、レアアイテムドロップ率、集団戦における司令塔の動き)が色々と含まれたお話でしたねー。個人的にはエギル安元の言っていた『情報収集の重要性』が大事だよなーっとうなずいておりました。長くプレイしていたFF11でも、『楽しむ為』と『勝つ為』でこのあたりの情報収集は結構違ってたなーと思い出しました。特に野良パーティ(見知らぬプレイヤーとのパーティ)だと知らないでいくとついていけないことが多々ありました(゜▽゜;)そういった意味では、ディアベルの司令塔っぷりは意外によかったんだなーと思いました。野良集団を動かすのって本当に大変ですしwただ回復アイテム受け取らないで死んじゃったのは意味がわかりませんでした(´・ω・`)?生死がかかわるっていう点を強調したいのかぼかしたいのか。このあたりは原作だとどうなのだろう、と違った意味で興味が沸いてきてます。
ともあれ、なんだか皆の悪意を一身に背負ってしまったキリト君の次回に期待。

あ、アスナとのちゅっちゅシーンとかはいらないです(´・ω・`)キリッ


なお、ディアベルの行動は、「各機援護しろ!トドメは俺が刺す!!」のネタオマージュだと思うに(」・ω・)」一票(/・ω・)/

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○アピサン

> 遅ればせながら2話を視聴!
> エギル安元の正論と漢っぷりに一人ドギマギしておりましたw今後も継続登場を強く求ムwww
> 今回もオンラインゲーム的な要素(先行プレイヤーと後発プレイヤーの確執、レアアイテムドロップ率、集団戦における司令塔の動き)が色々と含まれたお話でしたねー。個人的にはエギル安元の言っていた『情報収集の重要性』が大事だよなーっとうなずいておりました。

確かにあれは正論だった!
しかしあの世界の人達の顔は現実世界の顔でしょ?
エギル氏の日本人離れした顔と体躯はなんなんだアレwww


> 長くプレイしていたFF11でも、『楽しむ為』と『勝つ為』でこのあたりの情報収集は結構違ってたなーと思い出しました。
> 特に野良パーティ(見知らぬプレイヤーとのパーティ)だと知らないでいくとついていけないことが多々ありました(゜▽゜;)
> そういった意味では、ディアベルの司令塔っぷりは意外によかったんだなーと思いました。

β版と武器がさし変わっていたのが誤算だっただけで、
参加者視点では討伐も果たしたし結果的には成功したPTだったのでしょうね。


> 野良集団を動かすのって本当に大変ですしwただ回復アイテム受け取らないで死んじゃったのは意味がわかりませんでした(´・ω・`)?

もう手遅れだ、的な言葉があれば納得行くんですけど、
リアルで死ぬのに受け取らないってのは違和感がありましたね。


> 生死がかかわるっていう点を強調したいのかぼかしたいのか。このあたりは原作だとどうなのだろう、と違った意味で興味が沸いてきてます。

教えてツジサン!!


> ともあれ、なんだか皆の悪意を一身に背負ってしまったキリト君の次回に期待。

悪目立ちしてますなぁ。
ネット世界での悪目立ちはかなり危険ですぞ(ーー;

> あ、アスナとのちゅっちゅシーンとかはいらないです(´・ω・`)キリッ

いつかは来そうなちゅっちゅ展開ヽ(;´д`)ノ

> なお、ディアベルの行動は、「各機援護しろ!トドメは俺が刺す!!」のネタオマージュだと思うに(」・ω・)」一票(/・ω・)/

ここで二票目!!w

http://blog-imgs-55.fc2.com/n/a/o/naotendo/201207171318155aa.jpg
既にこれは自己中のテンプレートになりつつあると思います。

Tujikaze :

2話見ましたー!
原作にはないオリジナルの話でした

プレイヤーごとの意識差が、あるあるネタなんだけど、ちくちく来るというか^^;
リーダーこと勇者王の人が落ちても、結果としてボスを倒せた点では良いPTだったとのではないかと
キバオウさんのDQNぷりがなんともモヤっとさせてくれましたがw

>教えてツジサン!!
大きなダメージを受けた場合、一気にHPバーが削られるのではなく、
にゅいーん、と減っていく仕様になっているそうな
HP10あって、9ダメージ受けた場合、タイムラグなしでHP1になるのではなく
987・・・1と減っていく、と
致命傷でも同じで、違うのは、攻撃を受けた時点でHP0になってしまっている以上、
回復アイテムとかが効かない(HPバーは残っていても、0まで減っていくだけ)
ディアベルさんはHPかなりあったと思うけど、それを全部持ってかれるダメージ受けた、
ということで(本人がどうやってそれを察したかはわかりませんがw)

>ガンダム戦記
なつかしやw
もっといいキャッチコピーあったろうに、よりにもよってと、当時思いましたとさ、3票目

>悪目立ちしてますなぁ。
キリト氏すげー、とおもった瞬間w
あの状況であっこまでやる必要ないだろうに、と
かなり重度の厨二病患者ではなかろうか
ベルセルクとかアメコミのダークヒーロー物とか読んでそうな気配w

>いつかは来そうなちゅっちゅ展開
ええ、そりゃあもう、ひどいイチャコラ展開がまってますよ、ええ
そのときはぜひレビューよろしくお願いしますw

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○ツジサン

> 2話見ましたー!
> 原作にはないオリジナルの話でした

おぉ!?そうだったのか!
ストーリーテコ入れするとはやりオール。

> プレイヤーごとの意識差が、あるあるネタなんだけど、ちくちく来るというか^^;
> リーダーこと勇者王の人が落ちても、結果としてボスを倒せた点では良いPTだったとのではないかと

うい、確かにそうですなー!
なんとなく、FFXIのアートマ取りの野良PTで、
死んでるプレイヤーが居るのに敵倒しちゃった時の事を思い出しました。

大多数の人は良いPTだったと感じているのでしょうけれど、
死んでいる人としてはう~~む、って感じも含めて(^^;


> キバオウさんのDQNぷりがなんともモヤっとさせてくれましたがw

自分に見た目がかぶってるからじゃなくて?w


>
> >教えてツジサン!!
> 大きなダメージを受けた場合、一気にHPバーが削られるのではなく、
> にゅいーん、と減っていく仕様になっているそうな
> HP10あって、9ダメージ受けた場合、タイムラグなしでHP1になるのではなく
> 987・・・1と減っていく、と
> 致命傷でも同じで、違うのは、攻撃を受けた時点でHP0になってしまっている以上、
> 回復アイテムとかが効かない(HPバーは残っていても、0まで減っていくだけ)
> ディアベルさんはHPかなりあったと思うけど、それを全部持ってかれるダメージ受けた、
> ということで

なるほど!そう言うシステムなんですな!
MOTHER2でもドラムHPシステムってのがありまして、
ダメージ食らうとドラムが回転してHPが減っていくんですな。

100の時に120ダメージ食らって、
91、90、89とどんどん減っていくんですが、
出来るだけ早く回復アイテム、例えば30回復するアイテムを使うと、
78、77、76(ここでアイテム使用)、77、78と
ドラム式に106までHPが回復するので、
戦闘メッセージを進めないで時を止めておくと満タンまで安全w

MOTHER2は即死ダメージすら回避できましたが、
なるほど、SAOはそこまで甘くないw

> (本人がどうやってそれを察したかはわかりませんがw)

一応、彼もβテスターだったらしいし、
βテスト時代に致死ダメージを貰った事があるのかも知れませんなぁ。


> >ガンダム戦記
> なつかしやw
> もっといいキャッチコピーあったろうに、よりにもよってと、当時思いましたとさ、3票目

たまにスゲーやりたくなる。
オンライン無料だし、たまにはまたやろうかなってw

> >悪目立ちしてますなぁ。
> キリト氏すげー、とおもった瞬間w
> あの状況であっこまでやる必要ないだろうに、と
> かなり重度の厨二病患者ではなかろうか
> ベルセルクとかアメコミのダークヒーロー物とか読んでそうな気配w

実力が伴ってないと痛いですが、
彼はそれがあるから無問題ですな。

ジャンプで連載中の「斉木楠雄のΨ難」に出てくる
海藤瞬(かいどうしゅん)レベルだったら大変な事になっていた。

> >いつかは来そうなちゅっちゅ展開
> ええ、そりゃあもう、ひどいイチャコラ展開がまってますよ、ええ
> そのときはぜひレビューよろしくお願いしますw

ハァハァハァ、ゴクリ。



コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング