Page up▲

FFXI 新SPアビリティ発表

昨晩FFXIにおいて全てのジョブの新たなSPアビリティが発表されました。


9055.jpg


まだ新SPアビリティの名前と効果時間は発表されていませんが、
新たなSPアビリティと言えば、
Naotenもその昔予想記事を書いていますので、
今回はその答え合わせも含めて記事を書きたいと思います。

(以下、追記へ。)

 
 

戦士

効果時間中、通常攻撃が無属性になり、命中率が著しく上昇する。


いかなる敵にもダメージが通るようになる、と言うのはある意味戦士らしい。
無想無念と違いWSにも効果が乗ることを願いますが、
よく見ると「通常攻撃が」ってちゃんと書いてありますね。(汗

以前のNaoenの予想



モンク

効果時間中、敵の通常攻撃に対して100%の確率でカウンターが発動する。
さらに、大幅な敵対心を得る。


これでPTメンバーが死んでいく中、自分だけポツーン。
と言う事は無くなったと思いますが、
モンク盾を推奨する流れにはいささか同意できません。

以前のNaoenの予想



白魔道士

効果時間中、パーティメンバーの状態異常を防ぐ。


ナイトのメリポアビリティ「フィールティ」の範囲版と言うイメージでしょうか。
効果時間次第で強さが変わるアビですね。120秒以内の短さなら微妙アビ。
300秒以上の長さなら強アビリティでしょうか。

以前のNaoenの予想



黒魔道士

効果時間中、魔法による敵対心が著しく低くなる。


方向性としては非常にいいと思います。
こう言ったシンプルな方が解りやすく、強い事が多いものです。

以前のNaoenの予想



赤魔道士

効果時間中、強化魔法の効果を引き上げる。


お願いですからストンスキンの吸収量が1,000になったりとか、
ファランクスのカット量が100になったりとか、
プロテスVが400防御上がったり、シェルVが50%カットになったり、
ヘイストの速度アップが30%になったりとか、
リジェネが60回復したり、リフレが20回復したりしないでくださいね。

以前のNaoenの予想



シーフ

効果時間中、大ダメージを与えるとともに目の前のPCに自身の敵対心をすべて移す。


味方が居なくても大ダメージ部分は発動する
常時だまし討ち、みたいな感じでしょうか。
攻撃的なアビリティは少ないので、
シーフには一筋の光明なのではないでしょうか。

以前のNaoenの予想



ナイト

効果時間中、盾発動率を著しく上昇させ、反射ダメージを与える


効果時間。とにかく効果時間につきます。
ナイトのアビリティは兎に角、全体的に効果時間が短い。
新アビはインビンを下回る防御性能なのですから、
その分、効果時間を伸ばして欲しいものです。

以前のNaoenの予想



暗黒騎士

効果時間中、通常攻撃にTP吸収効果を得る。


エンダークを目の敵にしている雰囲気。
暗黒騎士の攻撃性能を引き上げつつ、
敵のTP上昇を抑えるのは非常に良いのですが、
上がりまくる暗黒騎士のヘイトに関してケアが必要ですね。

以前のNaoenの予想



獣使い

ペットを吸収し、HPと状態異常を回復する。
さらにリレイズの効果を得る。


これはまったく理解できない。呆れた。

以前のNaoenの予想



吟遊詩人

ターゲット単体の魔法防御力、魔法回避率、INT/MNDのステータスを大幅に下げる。


吟遊詩人の呪歌は、どちらかと言えば前衛に恩恵が多いものが多かった訳ですが、
(バラードを除く。)
この新SPは後衛に対して相当な恩恵があるのではないでしょうか。
また、自身の呪歌が入りやすくなる、と言うメリットもありそうです。

以前のNaoenの予想



狩人

効果時間中、遠隔攻撃の距離補正がどの距離からでも全て適正距離になる。
さらに矢弾を消費しなくなる。


火力性能底上げは嬉しいのですが、敵対心に関わるケアが無いのが不満です。

以前のNaoenの予想




効果時間中、物理系の特殊技のダメージを全て回避する。
さらに、特殊技を回避するたびに自身のWSの威力が上昇する。


まさかの超心眼。ただし特殊技に限る。
WS連発の敵や、神竜戦や鉄巨人戦では無類の強さを誇りそうですね。

以前のNaoenの予想



忍者

効果時間中、受け流しの発動確率が著しく上昇する。
さらに、忍術の再詠唱時間が半分になり、触媒を消費しなくなる。


忍者版絶対回避、といった所でしょうか。
ただ個人的には、もっと攻撃性能を得て欲しかった。

以前のNaoenの予想



竜騎士

飛竜のHP/状態異常が全快し、効果時間中、飛竜の能力が上昇する。


これで後はグラが変わったらほぼ予想通り。
状態異常に関しては、回復だけでなく、その後の耐性も欲しかった所ですが、
なかなか上手くはいきませぬ。

以前のNaoenの予想



召喚士

効果時間中、召喚魔法と契約の履行の再使用時間が0になる。


こ れ は ヤ バ イ。
もし120秒以上効果時間があるならば、
一躍、最強のアタッカーになってしまいそうです。
2時間に1回だけという条件付きですが、局地戦闘において無類の強さを誇りそうです。

以前のNaoenの予想



青魔道士

効果時間中、ノートリアスナレッジの青魔法が何度でも使用できる。


まさにNM化、といった所でしょうけれど、
消費MPに関する手当も欲しかった所ですね。

以前のNaoenの予想



コルセア

効果時間中、3つまでのファントムロールの効果が得られる。


まさに2時間に一回のダウルダヴラ化。
メインコルセアとしては効果時間が長い事をお祈り申し上げます。

以前のNaoenの予想



からくり士

オートマトンがスペシャルアビリティを使用する。
使用するスペシャルアビリティはヘッドの種類により異なる。
汎用ヘッド:マイティストライク
白兵戦ヘッド:インビンシブル
射撃戦ヘッド:イーグルアイ
魔法戦ヘッド:連続魔
白魔法戦ヘッド:女神の祝福(対象はパーティメンバーとオートマトン本体)
黒魔法戦ヘッド:魔力の泉


これは中々面白いと思います。
かねてから運用を模索していた汎用マトンがマイティなのも面白い所。
ただプレイヤーと違う点も多いので、
マイティ、インビン、連続魔、魔力の泉の各効果時間に関しては
少しだけオリジナルより長くして欲しいなぁ、と思います。

以前のNaoenの予想



踊り子

フィニシングムーブが最大になり、全てのフラリッシュの再使用時間がリセットされる。
さらに、効果時間中、フィニシングムーブの消費が0になる。


これってフラリッシュの再使用時間がリセットされるのは使った直後だけなので、
その後はフラリッシュの効果時間に縛られるんですよね?
イメージとしては、
WS→Rフラリッシュ→WS→新SPアビ→Rフラリッシュ→WSで1人2連携といった所でしょうか。
運用次第でいくつか面白い動きが出せそうですが、
フラリッシュの再使用時間がネックとなりそうですね。

以前のNaoenの予想



学者

パーティメンバーの全ての敵対心を指定したPCに集める。


いや、がっかりした人も多いかも知れませんが、
個人的には結構、気に入りました。
ツジココ前衛で3人で長時間強敵と対峙している時、
ライブラで敵対心を見ていると
じわじわと自分の敵対心が上がっていくんですな。
それを一度初期化出来るのはデカイ。

またモンクや暗黒騎士、戦士等がヒャッホイした時や、
白魔道士が女神の祝福をした直後等、それをリカバリー出来るのは面白いと思います。

以前のNaoenの予想




さてさて、ざっと見て参りましたが、
まだまだ調整はされていくと思いますので、
突出した新SPアビやあまりに微妙な新SPアビが無いよう、
調整していって欲しいものですね。

しかし重ね重ねになりますが、

獣使いの新SPアビだけは納得出来ない。

それではまた。

 

tag: FFXI

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS