ソードアート・オンライン第十二話を見ました。

ソードアート・オンライン12_0001
残念ながら彼の新規画像はありませんでした。

まさかまたキバオウさんの名前を聞くことになるとは…。

(以下、追記へ。)
 
 

今回、初めて「軍」について多めの時間を割いて説明されましたね。
以前、最前線に「軍」が居た理由も納得できました。


ソードアート・オンライン12_0004
キバオウの策略により高難易度ダンジョンで動けなくなっているシーカーを救出すべく
突入したキリトとアスナの前に高レベルの敵モンスが出現。


ソードアート・オンライン12_0005
この防御って意味あんのかしら(^^;


2人のピンチに割って入ったのはYUIであった。

ソードアート・オンライン12_0006
敵の強大な一撃を弾く。

ソードアート・オンライン12_0008
破壊不能オブジェクトの文字が。

そしてそのまま敵を撃破。

ソードアート・オンライン12_0011
長大な剣でどんりゃー!

ソードアート・オンライン12_0012
良い表情。

これによりYUIは記憶を取り戻し、事態は急変する。


彼女は
メンタルヘルスカウンセリングプログラム試作1号
コードネームYUI

システムによって用意された、
プレイヤーの精神状況を管理するプログラムであった。

しかしSAOサービス開始直後、
YUIはメインシステム「カーディナル」によって
行動を制限されてしまう。

本来は助けなければならないプレイヤーたちの
崩壊してゆく心理状況をモニターし続け、
彼女の精神はエラーで満たされていく。

ソードアート・オンライン12_0017
エラーで満たされる事が、彼女の記憶喪失へとつながったようだ。


追い込まれた彼女はキリト、アスナから発せられる、
他のプレイヤーたちとは違う心理「希望」を感じ取り、
彼らと接したいと思うようになる。

しかしGM権限を駆使してモンスターを葬ったことにより、
カーディナルに存在がばれ、データごと消滅させられる事になる。

ソードアート・オンライン12_0019
それでも2人と一緒にいたい、と自分の「意思」を表すYUI。

ソードアート・オンライン12_0020
ぶわわ

ソードアート・オンライン12_0022
YUIは消滅し、泣き崩れるアスナ。

だがその刹那、
キリトはYUIが先ほど操作していたGM権限でログイン済みのコンソールを操作。


ソードアート・オンライン12_0025
ただの高校生とは思えないですぞキリリン氏!?

間一髪、YUIのプログラムをオブジェクト化、
メインシステムからのサルベージに成功する。

ソードアート・オンライン12_0026
YUIの心。

ソードアート・オンライン12_0027
サルベージデータはキリトのナーブギア内のローカルメモリ内にあるとの事で、
無事、この世界を脱出できれば、彼女のプログラム的な復元は可能だと言う。



ソードアート・オンライン12_0028
「ママ、笑って。」YUIの最後の言葉を胸に刻み込むアスナ。

元々はあった機能がオミットされていた理由だとか、
そこらへんが開発者の茅場の意図と関係があるような気もするがどうなんだろうか。

そして2人はそろそろ前線に復帰するのだろうか?
だとすれば攻略が楽しみです。
(なんか微妙にまた脱線しそうですが(^^;)

関連ブログ記事





おまけ。

第12話のエンドカードはHIMAさん。


endcard12.jpg
うぅ、目から汁が…。

提供が無いフレームがあって助かりました(;´д⊂)

 

コメント

Tujikaze :

キバオウさん回想でしかでてこないじゃないですか、ヤダー!www
ってか、コーバッツさんは犠牲になったのだェ・・・っとw

軍に関しては
とある階層のボス戦で、戦闘主力メンバーが根こそぎやられたらしく、その後
弱体>攻略から置いていかれる>意見対立&派閥化>キバオウさん台頭>今回の事態
って流れだったそうな・・・(と、原作読む限り)
どこぞの三国志(蜀)を思い出したり無かったりw
孔明さん大変だったろうなぁ・・・


れことで、ユイちゃんが素敵!
問答無用で切り捨てるあの凛々しさよ!
本気でウチの娘になってくれないかちらwwww

あぴ :

真の黒幕はキバオウ(笑)
ビーターがどうこうと糾弾していた彼が、いまや立派な外道に堕ちていたことにSAOの恐ろしさを感じずにはいられません。ああ、若かりし頃の彼は立派だったのに。(・∀・)

あ、今回出たモンスターは、確かGMコンソールを守るガーディアン的存在だったとかなんだとか。
ダンジョンかと思いきや管理システム保管場所とかガッカリにもほどがありますよね。

それにしても、シーカーさんといい、なんですか、この世界男女比率おかしいってわりにはくっつきすぎじゃないですか!おのれい!w
そして次回のタイトルを見るに、僕の期待した回はふっとばされるであろうことが8割確定しました。無念。
残り2割は次回は総集編回で次々回に期待する流れ。うぼあー。

>ツジさん
希望と安らぎがある人の下へYUIは現れるらしいですよ(・∀・)・・・ツジさん、がんばって(CV伊藤かな恵み)w

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○ツジさん

> キバオウさん回想でしかでてこないじゃないですか、ヤダー!www
> ってか、コーバッツさんは犠牲になったのだェ・・・っとw

 コーバッツさん…ぶわわ

> 軍に関しては
> とある階層のボス戦で、戦闘主力メンバーが根こそぎやられたらしく、その後
> 弱体>攻略から置いていかれる>意見対立&派閥化>キバオウさん台頭>今回の事態
> って流れだったそうな・・・(と、原作読む限り)

 へぇ~!原作情報助かります。
 そんなんなっとったですか。

> 本気でウチの娘になってくれないかちらwwww

 YUIって名前のAIをプログラミングしてツジさんに渡すしか……。
 って言うかケースに応じて行動するAIならまだしも、
 自律型のAIってどうやって作るんだよ、検討もつかない。(;´д⊂)


○アピさん

> 真の黒幕はキバオウ(笑)

 あいつがラスボスだったのか!!

> ビーターがどうこうと糾弾していた彼が、
> いまや立派な外道に堕ちていたことにSAOの恐ろしさを感じずにはいられません。
> ああ、若かりし頃の彼は立派だったのに。(・∀・)

 以前感想で、ツジさんに似ている!っと書きましたが、
 似ているのは外装だけで中身は全然違いましたウワーン。

> あ、今回出たモンスターは、確かGMコンソールを守るガーディアン的存在だったとかなんだとか。
> ダンジョンかと思いきや管理システム保管場所とかガッカリにもほどがありますよね。

 まじですか?
 いくらガーディアンが居るとは言え、
 まさかGMコンソールって歩いていける場所にあるとは…。

 クロウラーの巣とかにある白い部屋思い出しましたよ。

> それにしても、シーカーさんといい、なんですか、
> この世界男女比率おかしいってわりにはくっつきすぎじゃないですか!おのれい!w

 専門学生時代、Naotenのクラスは120人も生徒が居て、
 そのうち女性はたったの3名。
 熾烈な争いにより、速攻で全員誰かとくっついてましたよ。

 SAOの男女比率知りませんけどね(^^;

> そして次回のタイトルを見るに、
> 僕の期待した回はふっとばされるであろうことが8割確定しました。無念。

 それは無念ですな。
 期待していた回、と言う事は面白い回でしょうから、残念です。

> 残り2割は次回は総集編回で次々回に期待する流れ。うぼあー。

 総集編とか言ってアニメの癌だと思うんですがあれ、誰得でしょうか。
 総集編なしでお願いしたい!

>ツジさん
> 希望と安らぎがある人の下へYUIは現れるらしいですよ(・∀・)・・・
> ツジさん、がんばって(CV伊藤かな恵み)w

 言い換えるとほっといても子供が出来そうな場所や環境に現れる?(^^;
 ツジさん、がんばって(CV伊藤かな恵み)w

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング