Page up▲

ビーノ クラシック ようやく修理完了

Naotenの乗機、ビーノ クラシック(50ccバイク)

ビーノクラシック

以前の記事で壊れかかっている事を書いた。

結局修理費用が高かった事もあり、
あれから1年半、ずっと放置していた。


しかし自賠責保険が10月で切れる事もあり、
自賠責保険の更新をするか否か、その岐路に立たされた。

自賠責保険の更新をするにも関わらずバイクが動かない、
と言うのは愚の骨頂なので、
更新しないならば処分、更新するならば修理っと考え、
結局、自賠責保険の更新と、バイクの修理をすると言う選択肢を取った。


昨日、出張修理サービスに修理を依頼。
本日10時半頃に業者が現れた。
(業者と言っても夫婦で現れて、
 べらんめぇ口調のお父さんが妻と二人三脚で直してた。)


で、30分ほど前に修理が完了し修理費用を支払ったのだが、
その金額4万2千円。
(修理後に言われたので拒否権なし。)

安い中古バイクが買えるんじゃないのか?(^^;

とりあえず作業明細書か何か出してくれって言っても、
「いや、だから今、口で説明したべ?」とかえされる始末。

口で説明したってのは

「キャブレータの中とか色々と交換した。
まぁ、素人に詳しく説明しても解らん。

っと直前に言っていた部分をさすのだろうか…?
素人で解らんから修理費用が妥当か、
どの部品を交換したのかが判る資料が欲しいのだが…(ーー;

作業明細書の提出はおろか、
詳細な説明すら嫌がる江戸っ子に、無理やり説明させて
バッテリーの交換、プラグの交換、
キャブレーター内のパーツ交換(業者いわく部品代だけで8千円もするとか。)
をやったらしいのだけれど説明が大味すぎて結局要領を得なかった(ーー;

金額云々の前に、明朗会計は商売の基本だと思うんだけどな。
この契約社会の中でこれでよく商売が出来るものだ(^^;


まぁでも、バイクは無事直った事だけは確か(だと信じたい)
腕だけは確か(だと信じたいの!!)だ。


今日は天気が悪いので、晴れたら水垢で汚れまくったバイクを
綺麗に洗おうと思うNaotenだったのでした。

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
10 | 2020/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS