この記事はQNAPから発売しているNASシステム「TurboNAS TS-469 Pro」を購入したNaotenが、
NAS導入に関して奮闘する記録を綴ったものである。

NASとはNetwork Attached Storageの略で、
直訳するとネットワーク接続ストレージとなる。

外付けHDDとの違いは、
外付けHDDの様に接続されたPCが起動していなくても
ネットワークにつながっているので多数のPCからアクセスする事が出来る点や、
データ保護の観点から高い堅牢性を誇る。


今回はハードウェアの設定と
初期設定のクイックコンフィギュレーションについて書きます。

(以下、追記へ。)

 
まずは開封。

箱から出してみると意外と小さかった。
(箱が大きかったとも言える。)

QNAP_NAS01.jpg
上に携帯置いてますが意外と小さいことが解る。


まずは4つのHDDベイにHDDを搭載する。

QNAP_NAS03.jpg
スロットを引きぬく。

AMAZONで購入したSeagateの3TBHDD4つとメモリ2GBが入った箱も開封。

QNAP_NAS02.jpg
過剰包装のAMAZONからは信じられないくらいのシンプル梱包。
HDD4つと上部にメモリが見える。



Seagate 3.5インチ 3TB HDDを箱から出した所。

QNAP_NAS04.jpg
SerialATA6.0Gbps 回転数7,200rpm キャッシュ64MB 1TBプラッタ。
AMAZONで9,953円だった。


HDDをHDDベイに取り付ける。

QNAP_NAS05.jpg
取り付けはNASに付属のネジで行う。
3.5インチHDDは4本、2.5インチHDDは3本で止める。



のちのちHDDが逝った際に、
どのベイのHDDの箱かすぐに解る様に念のため数字を振っておいた。

QNAP_NAS06.jpg


続いてメモリを増設。
メモリの増設は少し面倒で、背面のネジを3本外して、
本体のケースを取り外す。

QNAP_NAS07.jpg


正面から見て左側面に基盤があり、
そこにメモリ増設用のスロットがある。


QNAP_NAS08.jpg


埃ガード用のシートをめくってメモリをカチリ。
このあたりのやり方は正規代理店のテックウインドに、
メモリ増設マニュアルがあるのでそちらも参照して下さい。

QNAP_NAS09.jpg
テックウインドのページの写真とメモリの差し込む向きが反対だったのでちょっと焦った。


箱を閉じて電源を差し込んで、とりあえず通電してみた。

QNAP_NAS10.jpg
問題なく起動。


このままLCD画面で初期設定可能なのですが、
WEBから設定してみたかったのでそちらから起動してみた。


まずはTS-469Proを一度終了。
LANに接続後、再度起動。


で、WindowsPCに「QNAP Finder」と言う
接続されたQNAP製品を検索するソフトを付属のCDからインストール。

QNAPFinder01.jpg
探す端末を選択。と言ってもTS-469Proしか選べませんでしたが。

QNAPFinder02.jpg
日本語でOK。


インストールが完了すると自動的にネットワークを検索して
製品を検出してくれる。

QNAPFinder03.jpg


リストから選択して接続ボタンを押せば、
WEBブラウザが起動して設定画面が表示されます。


QNAP_NAS11.jpg
日本語でOK。

英語でチンプソカンプソなので、
とりあえずランゲージを日本語に変更。

QNAP_NAS12.jpg
読める!!読めるぞぉぉ!!?

え~と、なになに?

クイックコンフィギュレーションウイザードへようこそ。
このウイザードでは、次の手順に従って簡単にシステムを設定できます。

1.サーバ名を入力します。
2.管理者パスワードを変更します。
3.サーバの日付、時刻、および時間帯を入力します。
4.サーバのIPアドレス、サブネットマスク、およびデフォルトゲートウェイを入力します。
5.有効にするサービスを選択します。
6.ディスクコンフィギュレーションを選択します。




ほう?簡単そうだな。
実際、1、2、4は解説する必要は無いと思うので割愛。

3.の日付などの設定画面はこちら。

QNAP_NAS13.jpg

時刻はインターネットから自動取得する事にする。
初期設定では海外のNTPサーバが入力されているので、
日本のNTPサーバを入力するのがお勧めです。

日本のNTPサーバも色々あるので、
こちらのページを参考に好きなサーバを選択すると良いと思います。

NaotenはRing Server ProjectのNTPサーバにしたので、

ntp.ring.gr.jp

と入力した。

続いて5.の有効にするサービスだけれど、
後から変えられるのでデフォルトのまま次へ。

6.が一番重要な項目である
ディスクコンフィギュレーションの項目。

後から変更もできるけれど、
データの初期化が必要だったり時間がかかるので、
ここは慎重に決めよう。


QNAP_NAS14.jpg

ディスクコンフィギュレーションと言うのはいわゆるRAID選択の事。
NaotenはRAID5にするかRAID10にするか悩んで、結局RAID10にしました。

RAIDに関して詳しく、簡単に知りたい方はこちらのページを参考にしてください。

ファイルシステムはEXT3かEXT4を選択できます。
EXT形式はLinuxのファイルシステムです。

特にこだわりがなければEXT4で。

最後にディスクボリュームの暗号化についてですが、
この暗号化をする場合、
HDDが物理的に盗まれた際やハッキングを受けた際等に
データを保護する能力が非常に高いですが、
著しいアクセス速度の低下を招きます。

他のブログ様に貴重な記事があったので抜粋。

暗号化しない場合は Write 94MB, Read 102MB。暗号化すると Write 18 MB, Read 37 MB に大幅にパフォーマンスが低下します。

netplanetes log様 暗号化した場合のQNAPのパフォーマンス



暗号化、復号化にはその都度CPUがデータを変換する処理を入れる為、
結果的にアクセス速度が低下する、と言う事なのだと思います。

よっぽどクリティカルなデータ(顧客情報等)を扱わないのであれば、
ディスクボリュームは暗号化しないにしておいた方が無難でしょう。
(後から変更する場合は前述のとおりHDDの初期化が伴いますので、よく検討を。)

これで全て設定完了。
設定変更を決定します。

そうすると進捗がリアルタイムで表示されます。

QNAP_NAS15.jpg


ハードディスクの初期化に12時間かかったという記事も目撃していたのでドキドキしながら経過を見守りましたが、なんてことはなく13分で設定完了。


QNAP_NAS16.jpg
あっつぁり終わりもした。



再び、先ほど変更した新しいIPでWEBページにアクセスすると、
今度は先ほどと違った画面が。


QNAP_NAS17.jpg

管理をクリックするとログインダイアログが出るので、
先ほど設定した新しいパスワードでログインします。

すると管理用のページが起動します。

QNAP_NAS18.jpg
色々できそうじゃけんのう!!


どうやら初期設定は上手く行った様です。
ふぅ、簡単だったけど大変だった(^^;

次回はファイルサーバ機能に関してあれこれ書く予定。


より良いネットライフを目指して。
それではまた!


  

 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング