Page up▲

新MHF狩猟日誌 Vol.056 決戦オディバトラス覇種と秘伝防具

前回の記事で秘伝防具FXが全部位Lv.1になる直前まで
Hボウガン魂が集まっている事を書いた。

それから数日、とうとうHボウガン魂・中が975枚に到達した。


魂揃う


これであいつに雪辱が果たせる。


Naotenの両のまなこに光が宿った。


(以下、追記へ。)

 
工房でNaotenは間違いの無い様に慎重に、
しかし確実に防具を作成する。
今まで着ていたブレオFや、フレイムF、
パリアFXを脱ぎ捨て新たなる戦闘服に身を包む。


その勇姿がこれだ!








ち~~~~~~~ん

変態




ま、間違えた!!こっちじゃない!!

その勇姿がこれだ!!











バァァ~~~~~~~~ン

秘伝Naoten
フルペリドットではなく1部位だけトルマリンを混ぜた。


まだ全部位Lv.1なので若干防御力が低いのとスロットが3つ空いていないが十分である。
奴への雪辱を果たすには十分である。


思い起こせば10月17日。

その日、フォワード.5が実装され、
意気揚々とオディバトラス覇種に挑んだNaoten。

しかし結果はさんさんたる有様であった。
何度挑んでも20分以内に討伐出来ないのであった。

負けていない。
戦いの内容は決して負けていない。

ただ惜しむらくは決定的な火力不足。


そこで目をつけたのが予てから目標にしていた秘伝防具の早急な作成であったのだ。

その名も

 重銃技【銃仙】

Naotenを勝利へと導くスキルの名であった。



オディバトラス覇種に狙いを定めスキルを選定する。
最終的に発動させたスキルは以下だ。

秘伝スキル01
秘伝スキル02




銃は排熱機構をヘビィバレルに換装した真冥雷重砲【天鷹】



オディバトラス覇種!引導を渡してやるぜ!!


オディバトラス
憎たらしいアンチクショウ。


戦いは熾烈を極めたが、
いつもどおり丁寧に立ちまわる。

また本日のフューチャーウェポンがヘビィボウガンだった事も幸いした。
(と言うより、もしそうでなければ多分、倒せなかった。)

銃口から撃ちだされた貫通弾が奴の喉笛を撃ち抜き、
そして奴はひときわ大きく嘶くと、
山のようなその巨体は動くのをやめた。




オディバトラス討伐
討伐17ラスタ。



今回の覇種、オディバトラスは覇種の中でも最弱、と言う位置づけであると言う。
最弱か最弱じゃないかはさておき、
前回のUNKNOWN覇種といい、Naotenを苦しめるのは20分という制限時間であった。



Naotenが恋焦がれる真冥雷獄重砲【玄鷹】を手にする為には、
ドラギュロス覇種を狩らねばならないが、
この分では20分制限がある可能性が高い。

真冥雷獄重砲【玄鷹】
予め素材を予想し、覇種素材以外は実装時に全て集め終わっていた真冥雷獄重砲【玄鷹】。

とすれば、ここでオディバトラス覇種を討伐し、
オディバトラス覇種の武器である弩岩獄重弩【狙熱射】を作っておく必要があると考えた。
そうでなければ火力が足りないであろうと考えた。

その考えに基づき連戦を重ね、
先ほどようやく必要素材の一つ、弩岩竜の崩鱗が50個になった。

崩鱗50
弩岩竜の崩鱗はオディバトラス覇種のクエストでのみ入手可能な素材で、
弩岩獄重弩【狙熱射】の作成に50個要求される。


まだHCオディバトラス剛種が落とす弩岩竜討伐の証が20個足りていないが、
覇種を退けたのである、HCオディバトラス剛種の討伐はきっと大丈夫であろう。

秘伝防具の真の完成、覇種武器、覇種防具の作成…。
まだまだやる事はたくさんある。

次の目標へ向けて、再び前に歩き出す狩人ハンターの姿がそこにあった。


いざ、狩りの世界へ。
それではまた!

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
06 | 2020/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS