Page up▲

自鯖どどんとふ構築完了

永かった…。
永かったですがようやく自鯖どどんとふの構築が完了しました。

結局、とびとびだけど合計三日間くらいあれこれしてたよ(;´д⊂)

あれこれの軌跡

Windows8でIISサーバ構築
Windows8と言うよりIIS8.0の情報少なすぎて駄目だこりゃ!

 ↓

QNAPでApacheサーバー構築
いくら設定変えてもいう事聞きやがらねぇ!?駄目だこりゃ!

 ↓

USBメモリ起動のUbuntu12.10をノートPCに指して起動してApacheサーバー構築
WEBサーバー自体はすぐに立ったけど、.rbファイルに500エラー多発。
色々なディレクトリやファイルのchown(所有者変更)やら
chmod(権限変更)やらしまくってたらようやく第一関門突破。
どどんとふのlog.txtにエラー内容が出力される様になった。
(500エラーが出ている間はそれすらも駄目だった。)

どうも.lockファイルとかが動的に作られるディレクトリの権限が厳しすぎた様で、
それで躓いてたみたい。

 ↓

"\xE3" from ASCII-8BIT to UTF-8エラーに泣く
ひと通り権限や所有者は調整完了したのだけれど、
前回のブログに書いた通り、
"\xE3" from ASCII-8BIT to UTF-8と言う感じのエラーが出るようになる。

rubyのバージョンが1.9系だと文字コードに問題があるらしいのだけれど、
どどんとふのrubyのソースをいじれるほどrubyに詳しくないし、どうしたもんか。

よし、ruby1.8.7入れちゃうぞ!!

 ↓

Apacheの設定に泣く
ruby1.8.7をインストールしたは良いけれど、
apacheが参照するrubyモジュールの変更が出来ない。
(いやそもそもそう言う問題なのかも解らないけれど。)
あれこれ記述を変えてはApacheの再起動を繰り返したが結局駄目。

どどんとふやりたいだけなのにApacheは複雑すぎんだよ!!
だいたいなんで設定ファイルがいっぱいあんだよ!?
他のWEBサーバーって無いのかよッ!?

 ↓

救いの神lighttpd降臨
youtubeやニコ動でも一部使われていると言う、高速、軽量のWEBサーバー、
lighttpdを導入してみる。
どのrubyを使うかとか、パスをlighttpd.confに記述するだけ。GOD。

よっしゃ!!完璧だろ!!コイヤー!!?

しかし403エラー多発。
なんなんだコノヤロー!?涙
ゆるしてー!!(;´д⊂)

 ↓

「Naotenよ、FastCGIを起動しろ」と言う神の声を聞く。

# lighty-enable-mod fastcgi



って打ってlighttpd再起動したらつ、つ、ついに!!
いったぞコノヤロー!!エラーなく動く様になったぜコンチクショー!!(;´д⊂)ぶわわ
しかも再接続エラーとか全然出ないの。すげー!(Apacheだと出まくってた。)


 :
 :
 :

っと言うわけで、今に至ります。

結構ディレクトリの権限とかゆるゆるですが、
どどんとふやるときだけ起動するルルイエの様なサーバーになるので
まぁ、いいかなって思ってます。

今週末はオンラインセッションの第二夜目が行われるので、
とりあえず早いうちにWEBサーバーの準備が済んでよかったと思うNaotenだったのでした。





ところで、
明日有料サービスプラン開始の富士見書房TRPGオンラインですが、
前日なのにまだ詳細が発表されていない件について??

そちらも私、気になります!

わたし、気になります

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS