Page up▲

主人の墓へ毎日通う猫 トルド

もうアタイ、涙が溢れてしょうがない(;´д⊂)


イタリア紙コリエレ・フィオレンティーノによると、この猫はイタリア北部ヴェネト州の小さな町、モンタニャーナに住むトルドくん(オス/3歳)。彼は生後3か月の頃、レンゾ・イオゼッリさんという男性に引き取られましたが、トルドはこの飼い主にとてもなついていたそうです。しかし、一緒に生活できる時間はあまり長くはなく、レンゾさんは2011年の秋に71歳でこの世を去ってしまいます。

レンゾさんの妻アダさんによると、飼い主を失ったトルドはお葬式の当日、埋葬のためにお墓まで運ばれるレンゾさんの棺桶に、名残惜しそうにずっとついて歩いてきたそう。そして翌日、お墓に戻ってきたアダさんは、アカシアの小枝が置かれているのを見て、すぐにご主人を愛してやまなかった「トルドでは」と思ったそうです。

最初はアダさんの話を「悲しくて感傷的になっているだけでは」と、家族も本気にしていませんでしたが、トルドがお墓の近くで頻繁に目撃されるようになると、アダさんの言葉を信じるようになりました。

トルドはその後も葉っぱや小枝、時にはプラスチックのコップなども“お供え物”としてレンゾさんのお墓の前に持ってくるそうで、その姿は近所の住民の間でも知られるように。アダさんがお墓参りにいくと、知人から「トルドが、朝にはもう来ていたよ」と言われることもあるそうです。

神聖なるお墓に動物がやってくることを嫌い、トルドを見かけると追っ払う人も時にはいるようですが、そんなことは気にせず、トルドは毎日欠かさずレンゾさんのお墓参りをしています。アダさんは「トルドは特別な猫。彼の主人に対する愛情を誰も変えることはできないでしょうね」と感じているそうです。


主人のお墓に“お供え”する猫、葬式の翌日から1年間毎日通い続ける。 - なりなりドットコム



トルドォォォ!!
トルドォォォォオォォォ!!!

うわ~~~~ん(;´д⊂)

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS