Page up▲

2013年 冬アニメ 第一話を見ての感想 その1

なんか忙しくてあまりにも酷いブログ内容の日々にそろそろどうにかせい!
っと天の声が聞こえたので、最近放送を開始したアニメを数件単位で簡易レビューしてみたいと思います。

1発目の今回は「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
「まおゆう魔王勇者」「ラブライブ!」「幕末義人伝 浪漫」の感想です。
(結局今期、28本もアニメ録画してるんで第一話見るだけでも相当やばい。)

ラブライブ!01_a
ラブライブ!オープニングより。


(以下、追記へ)

 



俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる01

うん、いいと思う、面白い。
ただひとつ気になるのが「中二病でも恋がしたい」と導入が似てる点。

いやまぁ、このアニメ単体の評価とは関係ないけどもさヽ(;´д`)ノ

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる01_b
パンツを履いてないのはどういう事なの?いや、嬉しいけども。
あと田村ゆかりさんはイイ。


まだこのアニメのウリ?たる修羅場シーンは出てきていないので、
2話目以降が楽しみでございます。




まおゆう魔王勇者

まおゆう魔王勇者01
なんと言うおっぱい。

声優さんが豪華過ぎる件について(^^;

それはさておき、
原作未読のNaotenでも特に問題なく物語に入り込めた。
作画も良好で、特に背景が素晴らしい。

このまま現実思考の経済論や政治論で進んでいってくれれば良いのだけれど
懸念としては途中でファンタジックになってごまかしたりグダグダにならずにいてくれるか、
と言う所。

もし最後までこの感じなら名作の予感。





ラブライブ!

ラブライブ!01_b
この3D感。

物語としてはよっぽど夏色キセキに本来求められていたような世界観(^^;

右へならえな感じで曲が「畑亜貴」なのが少々残念ですが
(畑亜貴が決して嫌いなワケじゃないですよ?)
こう言ったアイドル物は過程も大事なので、
それがどの程度描かれるかも重要かなって思っています。


ただ、3Dモデルを使ったダンスシーンというのは
まだまだ若干、違和感があるなぁ、というのも正直な所。
この分野はどんどん強化されていって欲しい。





幕末義人伝 浪漫

幕末義人伝 浪漫01
こ、この既視感は!?

モンキー・パンチ原作。と言う事で完全にルパン絵なんですが、
例えばルパンの原作絵と言うのはアニメ絵と比べると結構違うと思うんですよ。

とするならば、解釈の仕方によっては
ルパンアニメ絵と幕末義人伝アニメ絵はまったく別物になっても良かったはずです。

原作絵と言うよりルパンアニメ絵を基調としたのは吉と出るか凶と出るか。

物語そのものは巨悪に立ち向かう精鋭!と言った風情で
ある意味で必殺仕事人&ねずみ小僧と言った感じでこれでもか!と言うお約束な感じ。

3話くらいまでにちょっと違う感じが見れればと思いますがはてさて?






まだまだ第一話と言う事で評価は難しいです(と言うよりはむしろ斜に構えて見てしまいます)が
この中にダイヤの原石はあるでしょうか??

引き続き今期のアニメも注目していきたいです!


 


Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS