Page up▲

2013年 冬アニメ 第一話を見ての感想 その2

なんか忙しくてあまりにも酷いブログ内容の日々にそろそろどうにかせい!
っと天の声が聞こえたので、最近放送を開始したアニメを数件単位で簡易レビューしてみたいと思います。

2発目の今回は「キューティクル探偵因幡」
「八犬伝―東方八犬異聞―」「AMNESIA(アムネシア)」の感想です。

これらのタイトルでビビッと来た人はきっと乙女なのでしょう。

アムネシア01_c
ぎゃ、ぎゃー!?こ、この雰囲気は!!?


(以下、追記へ。)

 


キューティクル探偵因幡

キューティクル探偵01
信じられないだろ?ここに映ってるの、全員男なんだぜ?

キューティクル探偵因幡(きゅーてぃくるたんていいなば)と言うのは
月刊Gファンタジーで連載中の同名漫画を原作とするアニメ。

主人公の因幡洋(いなばひろし)が重度の髪の毛フェチ?っぽくて、
髪の毛一本から難事件を解決するとかしないとか。

ただお察しの通り、
月刊Gファンタジーと言えば「黒執事」や「君と僕。」等があり、
女性向け色が強いと思われる。
つーか、今回レビューする3アニメは全部そうなんだけどね!!

しかし結構ギャグ的要素が強く、
ギャグセンスや画面のめまぐるしさ、
2足歩行する動物等からきんぎょ注意報!を思い出したよボカァ。





八犬伝―東方八犬異聞―

八犬伝―東方八犬異聞―01
もちろん両方共男です。

年を取らない人が居たり、犬に変身できる人が居たり、
ちょっとまだ世界観をつかめていないのですけど、
村雨と言う刀が出てきたりして中二病(Naoten)を惹きつける要素はあるにはある。

八犬伝―東方八犬異聞―01_b
この手のアニメに少年の乳首描写は必須なんでしょう。わかんないけどたぶん。

残念なことに唯一の美少女ポジションの子がさらわれて第一話終了だった。
来週はしばらくメン要素が強そうである。





AMNESIA(アムネシア)

アムネシア01_b
奥の2人は多分、私服です。恐ろしい。

主人公の女の子が記憶喪失と言う所から物語スタートです。
「とある魔術」スタートと読み替えてもイイ。

しかし第一話を見る限り、
この子は生前(死んでません)、どんな遊び人だったんだ?と思わせる描写多数。

いや、可愛いから男が寄ってくるのも分からんでもないのだけれど(^^;

アムネシア01_a
確かに可愛い。声は名塚さん

PSPの乙女ゲームが原作ということで、
主人公の女の子には名前がないっぽい?
登場する精霊の子もなんともゲーム的なナビゲートをしてくれる(^^;

ゲームでは攻略キャラクター毎にパラレルワールドだったようで、
(世界によって既に恋人とか幼馴染とか、有る人間と兄弟だったり兄弟じゃなかったりする様だ。)
その辺りがアニメでどう表現されるのか、と言うのは少々気になりますね。






っと言うわけで、下調べもしないで片っ端から録画予約するとこうなっちゃいますよ?
と言う典型のような普段のNaotenの嗜好とはかけ離れたアニメラインナップとなりました。

なにせ、世界で一番嫌いな性別が男で、
世界で一番好きな性別が女性ですからねボカァ。

そんな訳でこれらの作品は早くも黄色信号ですが、
とりあえず流し見程度に3話目までは見てみようと思うNaotenなのでした。

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
10 | 2020/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS