私事ですけども、去年の11月にep1、12月にep2として行なってきた
Naoten企画のオンラインTRPGセッション。

次の土曜日の開催のep3でこの主人公たちの冒険はひとまず終了となります。

TRPGC02.jpg
プレイヤー達には誰が誰か解る…かな?


Naotenはロールプレイングゲームにおける一つの疑問があります。
それは主人公の居る最初の街の周辺の敵が異様に弱い事です。

理由として敵の勢力圏から遠い為、と言うのがよく挙げられますが、
敵の勢力圏から遠いからこそ、そこまで到達できる魔物は強いはずです。
信長の野望でも、敵の陣地に面した領地には強い武将配置します。
自分の勢力圏内こそ、弱い武将配置しますよね。

楽しい物語としては、徐々に難易度が高くなっていく、盛り上がっていく事が望まれます。
だけど現実としては、そんなまるで勇者を鍛える様な配置が不可解で納得出来ない訳ですね。

一方、最初が厳しくて後が楽、という感じで現実的にしてしまうと今度はつまらなくなる。

例えば信長の野望が接戦の前半部分は楽しいけれど、
大局が決してしまった後半部分はちょっとつまらなくなる、と言うのも、
ある程度、信長の野望が現実的なゲームだからかもしれません(ーー;

今回のシナリオではそんなゲームにおける一つのテーゼに果敢に挑戦しています。

「難易度はちゃんと後半の方が高いけれど現実的に違和感の無い構成。」
ってやつです。

しかしゲームとしてのバランスが破綻している可能性もありドキドキしています。
まぁ、ラストエピソード、と言う事で、全員死んで終わっても良いわけで、
その点は保険ではあるのですけどね。

あ、勘違いなきように言っておくと、そうなる事が出来る、と言うだけで、
それを望んでいる訳ではまったくありません(^^;

なにより一番の不確定要素は主人公たちの行動ですしね(遠い目
今回はどんなドラマを見せてくれるでしょうか?
そこに関しては超ワクワクしています。

はてさてどうなる事やら?
土曜日を楽しみにしているNaotenだったのでした。

 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング