Page up▲

FFXI 魔導剣士番外編1 属性耐性の力

FFXIのアドゥリンの魔境で魔導剣士のLv上げを開始したNaoten。
Lv80は明日に持ち越しっぽい気配なので、
今日は番外編としてレベル上げで感じた魔導剣士のウリたる「属性耐性」に関して書いてみます。

魔導剣士04
ぬぅうおぅりゃぁ!!!

(以下、追記へ。)

 
レベル上げの主要素をDoV(ダンジョンオブヴァラー)で行なっているNaoten。

リーチや3匹コウモリ等、
特に攻撃力を下げてくるモンスターには注意しなければなりませんが、
DoVではよく指定される敵でもあります。
攻撃力ダウンは殲滅速度が激減する上に、
低レベルではこれを解除する方法が少ない事から、
そもそもこれらのモンスターを狩らないDoVをやる、と言う選択肢もあるかと思います。

しかしながら、そこは魔導剣士です。
折角、属性に対して強力な耐性を持つ事が可能なのですから、
対策を講じて挑んでみました。

まず、攻撃力ダウンと言うのが何属性の状態異常なのかを知る必要があります。
まぁ、用語辞典とかWikiとか調べなくても、
古参のFFXIユーザーであればなんとなく察していると思います。

そうです。水属性です。

FFXIの面白いところは属性の強弱関係が、
直感的に解りやすい事ですよね。

攻撃力は火属性が司っている訳ですから、
火に対する強属性の水が攻撃力ダウンな訳です。

そこで魔導剣士的には水耐性を高めます。

魔導剣士のエンチャントルーンは、
ある特定の属性を攻撃に付与し、それに対する弱点属性を防御に付与します。
水属性の強属性は雷ですから、
エンチャントルーンは「テッルス」を重ねがけします。
そして比較的低レベルで習得できるバウォタを張り、
その上で、コウモリ族等と戦う場合にフルーグを掛けます。

すると…!



ソニックブーム01

ソニックブーム02

長いレベル上の中で
テッルスx2+バウォタ+フルーグの構成で攻撃力ダウンを食らった事はありませんでした。
ただ、フルーグが切れたり、
フルーグが掛かっていてもバウォタが切れていたりすると攻撃力ダウンを貰いました。

続いてもう少し高レベルになり、
ボヤーダ樹でレベル上げ中、今度はスパイダーと戦闘に。
こいつらの嫌な技といえばスパイダーウェブ。
ヘイストを消してしまう強スロウです。
スロウは土属性魔法なので、土に対して強属性である風、
エンチャントルーンはフラブラを装着します。

この頃にはエンチャントルーンを3つ掛けられる様になっているので、
フラブラ3掛けとバストン、そしてフルーグを。

3掛けフルーグレジスト
レジりの私。

無事、レジりました。
敵は「自分と同じ」~「丁度」くらいでしたが、
フラブラx3+バストン+フルーグで強スロウには一度もなりませんでした。

恐らく試行回数を増やせば、
それでも状態異常になる事はあるのでしょうけど、
かなりの確率でレジれる、と言う風に考えて申し分ない性能と感じました。

耐性
ちなみにLv66付近でのフラブラx3+バストンの土耐性はこんな感じ。

これだけ特定の属性の耐性を高められるのであれば、
Lvがカンストしたら、試しにIsgebind辺りをソロってみようかしら?
とか画策するNaotenなのでした!

本日は番外編でした!それではまた!


関連記事
FFXI 魔導剣士Lv20
FFXI 魔導剣士Lv40
FFXI 魔導剣士Lv60
FFXI 魔導剣士Lv80
FFXI 魔導剣士Lv99
FFXI 魔導剣士番外編1 属性耐性の力(この記事)
FFXI 魔導剣士番外編2 強化魔法の詠唱時間
FFXI 魔導剣士番外編3 盾ジョブとしての方向性





おまけ。


フェローのボーパルサイス→Naotenのシックルムーン→湾曲

そこにゲールス(氷)x3のランジ!!


うぉぉおぉ!!?


マジックバースト!!!!!


マジックバースト
マジックバーストするとは思わなかった!!


3分縛りがとにかく惜しい…。

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS