アドゥリンの魔境実装からおよそ一週間。
ようやく魔導剣士のレベルが99になったので、
81~99までに覚えたアビや魔法の使用感等を書きたいと思います。

カンスト
永かった…。

(以下、追記へ。)

 
グラウンド・オブ・ヴァラー、カンパニエ、ビシージ等々。
ありとあらゆる要素を駆使してソロ(フェローはたまに有り)でレベルを上げきったNaoten。

高レベル帯でのコロロカとボヤーダは神がかってた。

だるま落とし
ボヤーダ樹にて。
積み重なったクロウラーを下から順番に処理していく。通称、苦労落とし。



まずアビリティ。
目に見えて解ったのはLv85で習得したワードに属する
リエモンと言う名前がおもろいアビリティ。

リキャスト10分のアビで効果時間は1分。
効果中1回だけ、
アビリティ発動時に身にまとっていたエンチャントルーンに対応した属性を吸収する。

1回だけと言う部分に全自分が泣いた。

とりあえずビシージに乗り込んで使ってみたログをペタリ。

リエモン
旨すぎる!!

それとLv95で習得したワンフォアオールと言うアビリティ。

リキャスト10分のアビで効果時間は30秒。
範囲内のパーティメンバーに魔法バリア…らしいのだけれど、
ランパートみたいなものでしょうかね。
ほっとんどソロだったので現時点では未使用。

ジョブ特性は気づいただけでLv85でタクティカルパリーがランク3(TP+4)、
Lv95でオートリジェネがランク3(HP3回復/3秒)。

タクティカルパリーのランク3は踊り子のランク3より習得が早いので、
もしかしたらLv99の段階ではランク4を習得しているかも。

続いて魔法はLv85でショックスパイク、Lv90でシェルV、Lv99でリジェネIV。

それぞれ有用なのは間違いないのだけれど、
全体的に覚える魔法が少ないよね(;´д⊂)


これだけでは寂しいので個人的に嬉しかった事をいくつか。

まずは武器。Lv92でグラムを装備。
グラムといえば魔剣ですよ魔剣?

結構前にナイト用に買っておいた魔剣グラムですが、
気づけば現在さらに値上がっている状況。買っといて良かった(^^;

コロロカの洞門
「コロロカは精神と時の部屋」とはかつて「FFXI冒険記」と言う連載で書いた名ゼリフ。(手前味噌
今回もそれを痛感。
写真は魔剣グラムを装備したNaotenとその従者Yufafa。


性能はこんな。

魔剣グラム
比喩でもなんでもなく、Lv92で装備した時点で、敵が豆腐の様でした。

これを振ってLv96でレゾルーションを習得。
予めナイトで覚えておいて、魔導剣士Lv96時に即使用可能に。

レゾルーション
脅威の5回攻撃。でもまだ1振りなので弱い(;´д⊂)

これでようやくスタート地点に立った感のある魔導剣士。
とりあえずはレゾルーション5振りを目指してメリポ稼ぎに精を出そうと思います。

魔導剣士関連の連載は後1回書く予定です。
それではまた!

魔導剣士07
魔導剣士と魔剣グラムで明日を切り開く!!


関連記事
FFXI 魔導剣士Lv20
FFXI 魔導剣士Lv40
FFXI 魔導剣士Lv60
FFXI 魔導剣士Lv80
FFXI 魔導剣士Lv99(この記事)
FFXI 魔導剣士番外編1 属性耐性の力
FFXI 魔導剣士番外編2 強化魔法の詠唱時間
FFXI 魔導剣士番外編3 盾ジョブとしての方向性


 

コメント

あぴ :

一週間で99・・・だと(°O° ;)
かつて一週間かけて踊り子を75にしたときはPTプレイで荒稼ぎ前提だったのにソロで・・・だと!?
ソロ狩りでも経験値が稼げるとは聞いてましたが恐れ入りました。
それにしても、ソロ強そうなイメージですねー。赤ほどじゃないにしても色々立ち回れそうですし、恐ろしいことにこれはまだ実装直後ということ。これから色々調整されていくんでしょうね!

それにしても苦労落とし。ええ、ええ、記憶にありますとも。
クロ巣で超リンクさせて低レベルさんの箱明け手伝いながら踊り子無双してやりました。
思えばそれがヴァナでの最後の人助けだった記憶がありますが。

FF11での思い出はすべてソロプレイのむずかしさによる他人との縁が絡んでいたりしますが、今はそのあたりどうなってるんでしょうかね。高レベルな場所はまぁ、言うまでもないでしょうが、それ以外ではあまりそういう接点はなくなったのかなぁ。

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○アピさん

 > ソロ狩りでも経験値が稼げるとは聞いてましたが恐れ入りました。

 フィールド・オブ・ヴァラーの受け直し不要で連戦できる仕様変更や
 グラウンド・オブ・ヴァラーの達成すればするほど取得経験値が増加する仕様変更で、
 大幅に経験値周りは改善されたと思います。

 ただ同じ事をやるにしてもPTでやったほうが効率的なのは間違いないですけどね(^^;
 まぁ、パーティ組む人はアビセアいっちゃうでしょうけどね。

 > それにしても、ソロ強そうなイメージですねー。

 A+の両手武器持ちなので打撃力はなかなかです。
 ただ、命中アップや攻撃アップ、DA等の特性を持たないので、
 そう言った意味では前衛としては火力不足感も…。

 一方、防御面では回避スキル等は持たず、
 赤の特性から強化魔法のみを引き継いでいますが、
 以前記事にも書いた通りファストキャストが無いため
 魔法のかけ直しに博打要素多しです。
 
 なお、使える魔法はリジェネ系 単体バ系(なぜかバサイレスだけ覚えない)
 ストンスキン、ブリンク、ファランクス、アクアベール、フラッシュ、
 リフレシュ、スパイク系3種類、プロシェル(シェルだけVまで)とフォイルで全部。

 ケアル系は回復魔法スキルなので諦めるとして、
 せめて強化魔法の華 「ヘイスト」 は覚えて欲しかったなぁ。

 しかしアピさんの言うとおり伸びしろはかなりあると思いますし、
 ユーザーの創意工夫の余地も十分あると思います。

 > 思えばそれがヴァナでの最後の人助けだった記憶がありますが。

 そんな事があったんですな。
 ヴァナに歴史あり、とw

 > FF11での思い出はすべてソロプレイのむずかしさによる他人との縁

 アビセア乱獲も何度か経験しましたがレベル上げは楽でしたが精神的には苦痛でした(^^;
 効率等を重視する方向性にNaotenは馴染めなかったんですな。

 「俺は成功や失敗に一喜一憂する冒険者だったはずだぞ?
  ルーチンワークしにきてるわけじゃねーぞ!?」と。
 無論、好き好んで失敗したい訳ではないですけどね。

 そう言った意味で昔のレベル上げはうまくいかない事も多くて非常に楽しかった。
 うまくいかないからこそ、成功した時の喜びもデカイかった。

 それが今なおあるのがNaotenにとって「ソロ」や「少人数PT」なのだと思いまする。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング