Page up▲

FFXI 魔導剣士番外編3 盾ジョブとしての方向性

FFXIのアドゥリンの魔境にて魔導剣士のLv上げを行なっていたNaoten。
今回はその盾性能について考えてみる。

魔導剣士08
Lv99目前。ボヤーダ樹での1枚。

(以下、追記へ。)
 

第三の盾

物理盾のナイト、回避盾の忍者、
そして第三の盾ジョブと言う触れ込みで実装された魔法盾の魔導剣士。

ではいったい、魔法盾とはなんなんですか?と相成る。

魔導剣士をLv99まで上げ、
「楽」~「とてとて」まで幅広くソロを行ったNaotenのイメージとしては
物理系以外の攻撃に対して強力な耐性を持つと言うイメージだ。

その理由としてあげられるのがエンチャントルーンとバ系による属性耐性。
エンチャントルーンとバ系により特定の耐性を200以上にする事も可能だ。
(Lv99において。)
ジョブ特性としての魔法防御力アップや
属性防御に特化したワード系アビリティも忘れてはならない。

敵の特殊攻撃は物理ダメージ系か魔法ダメージ系に分けられるが、
後者の場合、前述の搦め手でほとんどダメージが自身に届かない。
これが魔法盾の所以だと思う。



物理に対する耐性

では物理系に対してはどうなのか。

ナイトの様な物理盾として振る舞う場合、
ファランクス、ストンスキン、スパイク系は非常に有用であるが、
オートアタックが苛烈な相手にはほとんど意味を成さない。
これは以前も少し触れたが、
通常攻撃を凌ぎきれるほど強力な魔法詠唱能力は魔導剣士にはないのである。
(魔法詠唱能力=ファストキャストや強化魔法スキルの高さ)

では回避盾として振る舞う場合はどうか。
回避スキルはB+であり低くは無い。
しかし回避特性が一切無い為、素で避けるのは非常に難しい。

参考までに以下に、代表的な回避ジョブのLv99時点の素の回避力を書いておく。

ジョブ名回避スキル特性回避AGI
シーフA+(424)6段階(+73)474.6B
忍者A(417)無し395.3B
踊り子B+(404)5段階(+60)443.6B
からくり士B(398)4段階(+48)426.2C
魔導剣士B+(404)無し383.6B
回避は回避スキルと特性からのみ計算しAGIは加味していない。
実際はAGIの半分が回避に加算される。


忍者と比べてそんなに離されていないと感じるが、
あちらはメイジャンの回避刀二刀流で回避+55が可能な上、空蝉の枚数が多い。
一方、魔導剣士は両手剣で生きるとして、
メイジャンの回避剣でも回避+31.5となっている。

ただ、盾も持たず重鎧も装備できず、魔法詠唱力も低い魔導剣士としては、
耐える盾に生きるよりかは避ける盾の方がよっぽど可能性があるのは明白である。



ヘイト獲得能力

エンチャントルーン、ワード、エフューズいずれもヘイトが高いと感じる。
フラッシュも覚えるので瞬間的な累積ヘイトも期待できる。
また両手剣での攻撃性能を考えれば、打撃でヘイトを維持するのもナイトよりは楽だと感じる。



Naotenが考える魔導剣士の盾の方向性

Naotenが考える魔導剣士の盾の方向性は、

物理系攻撃は避ける。魔法系攻撃は受ける。

と言う事だと思う。

後者はジョブ特性がめちゃくちゃそっち方向なので問題ない。
問題があるとすれば前者で、これが上手く行かなければ恐らく魔導剣士のメイン盾は絵に描いた餅だと思う。

とりあえず、
メイジャンの両手剣、回避ルートでも始めるか…。

Naotenはル・ルデの庭に急ぐのであった。


関連記事
FFXI 魔導剣士Lv20
FFXI 魔導剣士Lv40
FFXI 魔導剣士Lv60
FFXI 魔導剣士Lv80
FFXI 魔導剣士Lv99
FFXI 魔導剣士番外編1 属性耐性の力
FFXI 魔導剣士番外編2 強化魔法の詠唱時間
FFXI 魔導剣士番外編3 盾ジョブとしての方向性(この記事)




tag: FFXI

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS