Page up▲

艦これ戦記12 さらば愛しき大艦巨砲主義

超弩級戦艦姉妹を艦隊に配備し、
その武力を目の前にNaoten提督は浮かれていた。


資源を確認する。

資源b


ふふふ。全てのデイリーをこなし貯めに貯めたこの資源!!
この資源と戦艦があれば、我が軍は無敵!!

アッ~~ハッ!!
ア~~~ハッッハッッハッッハ!!!



狂気に囚われた男がそこに居た。


(以下、追記へ。)
 
出撃の第一艦隊
まさに精鋭!!


ゆけ!!無敵艦隊よ!!
倒せ!!敵を倒せ!!ギャ~~~~ハッハッハ!!!(下衆笑い

ふは!!ふはは!!見ろよ!!アレを!!
敵が!!!敵がゴミのようだ!!


何度かの突撃ののち、沖ノ島のボスへと到達するNaoten艦隊。

ようこそボスバトル


ふふ!!倒せ!!
その火力があれば!!何も怖くない!!

それそれそれ~~~!!!

んんん!!?




提督
「な、何をやっとるか!?バカモン!?何故、クリティカルが一回も出ぬ!?
 ぬうあ!?扶桑!!?榛名!!!し、島風ェ!!!?そ、そんな!!?あ、あ、あああ」








燃料弾薬
燃料304 弾薬456…信じられないだろう…補給なんだぜこれ?


ふ、ふは?え、どうして?な、何が…、
しゅ、修理だ!修理して再突撃を……!!




あれ?もう、し、資源がッ!?


資源f



提督
「え?そんな、だ、だって1500以上も燃料あったじゃないか!!?
 3回しか出撃してないんだぜ!?
 ま、まだ今日は始まったばかりだ!しかもGWだよ?」


扶桑
「提督…。修理が出来ない様ならば、私と山城はお暇を頂きます。」

山城
「さよなら。」

提督
「あ、待って!!ま……、うぅうぅ。」



カツン…

提督
「ヒッ!?」

歩み寄る足音に顔を引きつらせて悲鳴をあげる提督。


???
「大丈夫だよ。提督。私がそばにいるから。」


提督
「お、お前は!?」







島風



島風
「提督がどんなに貧乏でも…私がずっとそばにいる。」




提督
「じ、じまがぜ~~~……うわあぁぁぁん」
島風
「きゃっ」

島風z




榛名
「…コホン。
 正妻の前でよくもそんな小娘といちゃいちゃ出来ますね。
 いくら質素に行くと言っても、状況によっては1艦位、戦艦は必要でしょう?」

榛名

提督
「は、は、榛名ァァ!!!」





失ったものは大きく、慢心した自分を悔いるNaoten提督。
しかし同時に、何か大きなものを得た気がしていた。



提督
「お、俺が馬鹿だったよ…。
 もう一度、ついて来てくれるかお前たち!?」

榛名
「もちろんです!」
島風
「任せて!!」
赤城
「重いなら私じゃなくてもいいです。ですが空母は必須ですからね?」
妙高
「ふふふ。妹達も呼んできますね!」



今日、Naotenが得るべき教訓は


「持続可能な戦い方の大切さ」


鎮守府には朝日が登っていた。

 


Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
11 | 2020/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS