昨日、Naotenはからくり士、ココティは赤魔道士でアポリオンSEに突入した。
その結果ついに、素材箱を二つ空ける事に成功したので、
方法に関して、メモの意味合いを兼ねて記載する。


からくり士

メイン攻撃の格闘がスキルC(Lv.75時で225)と言う貧弱中衛。だが回避性能は高い。

ストリンガーという装置を使用し、8属性のマニューバを点灯させて、
オートマトンと言う「からくり人形」に指示をだしながら戦う。

ストリンガー
ストリンガー

マニューバは同時に3個まで点灯可能で、基本的に多く炊けば炊くほどマトンの能力が向上するが、
同じマニューバを連続して炊くと、内部負荷が上がってゆき、オーバーロード(熱暴走)状態に陥るジレンマを持つ。

オーバーロード中はマニューバによる指示が出来ない、マニューバによる能力向上を受けられないだけではなく、
移動速度にマイナス補正、攻撃間隔プラス50%、ステータスにマイナス補正と良い事はまるで無い。

またオートマトンは非常に打たれ弱いため、如何に守って戦うか、が最大の焦点である。


アポリオンSE
通称リンバスと言うコンテンツ内の1つ。
アポリオンの他、テメナスも存在する。
どちらも敵モンスターを討伐し、次階層を進んでいくバトルコンテンツ。
アポリオンはNW、SW、NE、SE、CN、CSが存在し、
各種類毎に突入可能条件や敵の種類や数、ルールが異なる。

今回Naotenが突入したのはSEとなる。


素材箱
各コンテンツにおいて素材箱を出現させる条件は異なるが、
アポリオンSEは各階層にいる雑魚8体を全部倒すと素材箱が出現する。

中からは獣人古銭と言うアイテム交換の為の通貨と、
アーティファクト(以下AF)打ち直し素材が出現する。



アーティファクト(AF)
アーティファクトとは各ジョブ専用の装備で、古来よりそのジョブの者に伝わってきた品物。各ジョブの特性を強化する性質を持つ。
しかし全5部位のAFはLv52~Lv60までの装備品の為、Lv75において一線級の防具として機能しない可能性がある。

その状況に鑑みて、実装された本コンテンツの打ち直し素材と、何枚かの獣人古銭、特定の素材を使用すると、
AFをLv74装備にする事が出来、また、性能もそれと同様に強化される。

その為、リンバスコンテンツは今も定期的に挑戦者のある長寿コンテンツとなっている。



今日はリンバス攻略に挑む、
とある凶暴なからくり士のお話。



○前提

突入するアポリオンはSE。
初期専有可能時間は30分。

素材箱は一層目と二層目を狙う。
一層目の敵はアモルフ類スライム族、このエリアのスライムは特殊な特性として打属性に完全耐性を持つ。
二層目の敵はアクアン類クラブ族、このエリアのクラブは特殊な特性として斬属性に完全耐性を持つ。

各層において2匹雑魚を倒すと時間を10分間延長する時間箱が出現する。
雑魚を4匹倒すとHPMP、全てのアビリティのリキャストを回復する回復箱が出現する。
雑魚を8匹倒すと素材箱が出現する。

ボスを倒すと、次階層へ移動できる渦が出現する。

突入ジョブはNaotenはからくり士/忍者、Cocoteaは赤魔道士/忍者。


○一層目:準備
slime.jpg



打属性が100%カットされる上に、スライム族の特性として物理耐性を持つ事から、近接を封印。

Naotenのオートマトン:Ricochet[リコシェ](意味:跳弾)をフリントカプリコン(黒タイプ)にし突入。

フリントカプリコンのアタッチメントスペックは以下。
()内の数値は使用属性値

パターン1

アタッチ01:ラウドスピーカー(氷2)魔法攻撃力を+5% 氷マニューバ毎にさらに+5%する。
アタッチ02:ラウドスピーカーII(氷3)魔法攻撃力を+10% 氷マニューバ毎にさらに+5%する。
アタッチ03:アイスメーカー(氷1)氷マニューバを消去する代わりに1つにつき魔法攻撃力を+20%する。
アタッチ04:コンデンサー(水1)水マニューバがある場合、1つ消費してオーバーロードを防ぐ。
アタッチ05:O.ファイバー(光1)おまじない(^^;
アタッチ06:マナタンク(闇2)MPの最大値を増やす。闇マニューバがある場合、1つにつき1リフレ。
アタッチ07:マナタンクII(闇3)MPの最大値を増やす。闇マニューバがある場合、1つ目は2、以降1リフレ。

アタッチ08~12まではNot care(気にしない。ご自由に。)


ボスの場合、アタッチ08を差し替えるパターン2へ換装する。

パターン2

アタッチ08:マナチャネラー(水2)魔法攻撃力を+10%するがリスクとして詠唱間隔を3秒増加させる。
      水マニューバ毎にさらに魔法攻撃力+10%、詠唱間隔を+3秒する。


これにより、パターン1時の最大魔法攻撃力は+105%。(およそ2倍)
パターン2時は+115%となる。

ブリザドIV着弾時の威力はパターン1、最大時で1,500前後。(最低時700前後)
パターン2で最大時1,600前後に到達する。(最低時750前後)

パターン1は魔法使用間隔25秒。
パターン2は魔法使用間隔28秒~31秒。


基本的にはRicochetによる25秒毎による精霊IV系の連打が攻撃手段となる。

Naotenの装備スペックは以下。

メイン:ネプチュンスタッフ(MND+5)
サブ:B.ストラップ+1(INT+1、MND+1)
遠隔:ターボストリンガー
矢弾:ルブリカント+2
頭:ゴリアードシャポー(MND+5)
首:バフーンカラー+1
胴:マルクワルドコル(ペット:魔法攻撃力+7、魔法命中率+7)
手:パペトリダスタナ
脚:エラントスロップス(INT+7、MND+7)
足:ゴリアードクロッグ(INT+4、MND+4)
耳:クワンツピアス(INT+1、MND+1)
耳:幽界の耳
指:ダイアリング(INT+4)
指:サファイアリング(MND+4)
背:レインボーケープ(INT+3、MND+3)
腰:アルザビサッシュ(INT+2、MND+2)

合計INT+22、MND+32。



からくり士が何故、後衛装備を大量に装備可能であるか、
何故、INTとMNDを大量ブーストする必要があるかは今後の他の記事に譲るとして、
必要なのでやっている、と今のところはご理解ください。


Frint.jpg
無限のMPが敵を討つ。最強のスペルキャスター。フリントカプリコン。

一層目:スライムとの攻防

赤魔道士はグラビデ管理、精霊着弾と同時のスリプル、スリプルII、
グラビデ直後であればマトンの精霊の着弾に併せた精霊III系詠唱を行う。

からくりマトンは必ず25秒毎に精霊を叩き込ませます。
アクティベート後は26秒後からウォータマニューバを炊き、
その後、10秒毎に必ずアイスマニューバを炊きます。

オーバーロードしない様に、必ず1個は水マニューバを炊きましょう。

また、マトンが魔法詠唱を開始したら「リトリーブ」(呼び戻し)を使用する事。
この際に魔法の届く範囲の最高射程付近までマトンを誘導する事。

MPが底を付くか、ヘイトを十分に稼ぐか(HP半分減らせばOK)、
負荷率が高くなりアイスマニューバを2個炊きが難しくなってきたら、
JA「腹話術」を挟み、ディアクティベート(帰還)を行う。

HPが減っているとドレインを詠唱してしまったり、
ディアクティベート後に再アクティベート(呼び出し)出来なくなってしまうので、
HPは絶えず満タンを維持する。

満タン維持は「リペアー」で行い、「リペアー」リキャスト中や有事の際は「黒衣チェンジ」で行う。
(基本はノーダメージ維持する事。)

ディアクティベート後、アクティベートし、即、ディブロイ(攻撃命令)を行う。
これで前回の詠唱から25秒経っていなくても即、魔法詠唱を開始する。
(マニューバは一つも無いので威力は落ちる。26秒たったらマニューバ運用開始。)


赤魔道士は2匹倒すあたりでMPを使い切るペースで精霊撃つ。
2匹終わって「コンバート」。

時間箱を取る。(10分延長)
この時点で残り時間34分だと高タイム。

3匹倒し終わり4匹目で「連続魔」精霊III系連打。

からくり士も4匹目までにアクティベート直後のマトンに対応して「オーバードライヴ」を行い、
アイスマニューバ連打。魔法ダメージを上げていく。

4匹目終了で回復箱。

全てのアビリティ、HPMPを回復。

赤魔道士は7匹倒すあたりでMPを使い切るペースで精霊撃つ。
7匹目終わってコンバート。

8匹目とボスを倒すあたりでMPが尽きる計算で動く。
(MP的にいうほど精霊は撃てないので、ベースはRicochet主体)

8匹目終わって素材箱一つ目ゲッツ!

ボスに挑む前にパターン2にマトンを切り替える。

ボス戦も基本的には変わらないが、HPが雑魚より多く、WSの発動率も上がるので、
「腹話術」によるヘイト管理を徹底する。

ボス討伐時、Ricochetをヘーゼルサジタリウス(射撃タイプ)に換装する。
この際、赤魔道士は出来るだけヒーリングする。

○二層目:準備
Kani.jpg

斬属性が効かない為、ホワイトキャンサーは出せない。
よってマトンはヘーゼルサジタリウスにて運用する。

また、赤魔道士は斬属性片手剣は封印。

ヘーゼルサジタリウスのアタッチメントスペックは以下。
()内の数値は使用属性値

パターン3

アタッチ01:T.スプリングII(炎3)攻撃力アップ。
アタッチ02:アチューナー(炎2)敵が強ければ強いほど攻撃力アップ。
アタッチ03:フレイムホルダー(炎1)WS使用時、ファイアマニュを消費し攻撃係数アップ。
       1つにつき倍率を+0.5する。
アタッチ04:スコープ(風2)遠隔命中アップ。
アタッチ05:ターボチャージャー(風2)ヘイスト+5%。風マニューバ1つでさらに+10%、
       以降1つにつき+5%。(つまりマニュ0:5% マニュ1:15% マニュ2:20% マニュ3:25%)
アタッチ06:ターゲットマーカー(雷2)敵が強ければ強いほど命中がアップ。
アタッチ07:スタビライザーII(雷3)命中アップ
アタッチ08:ヒートシーカー(雷1)徐々に命中アップ
アタッチ09:イコライザー(土2)ダメージが大きいほどダメージ軽減率アップ。
アタッチ10:ステルススクリーン(水1)敵対心マイナス。
アタッチ11:A.リペアキットII(光3)HPの最大値を増やす。
アタッチ12:フラッシュバルブ(光2)光マニューバがある場合フラッシュ(ヘイト無)を使用する。45秒リキャスト。

コイラーを装備したい所だが、このクラスの敵には射撃マトンの白兵スキルでは通常攻撃が当たりにくいので、
素直に、命中アップに傾注をお勧め。



基本的にはアーマーピアッサーをアクセントにした射撃攻撃が主流ダメージとなる。


Naotenの装備スペックは以下。
一層目のボス撃破後、マトンのアタッチメント換装を終えた後、大急ぎで着替える。

メイン:ハデスサインティ(命中+7 回避+7 敵対心+7 モクシャ+7)
サブ:なし
遠隔:ターボストリンガー(DEX+2)
矢弾:ルブリカント+2
頭:ワラーラターバン(ヘイスト+5%)
首:剣侠の首鎖(STR+3 命中+5 ストアTP+1)
胴:アンタレスハーネス(DEX+8 AGI+8 命中+8 回避+8 )
手:ペルワンダスタナ(命中+5)
脚:バルバロッサゼレハ(STR+4 VIT+4 ヘイスト+3% )
足:PTバブーシュ+1(STR+5 命中+5 回避+5)
耳:ブルタルピアス(ストアTP+1)
耳:幽界の耳(回避+5)
指:エクフォリアリング(命中+4)
指:ラジャスリング(STR+5 DEX+5 ストアTP+5 モクシャ+5)
背:ボクサーマント(ガードスキル+10 回避スキル+10)
腰:怪腕のベルト(STR+3 命中+8)

合計命中+42 回避+35 ヘイスト+8% STR+20 DEX+15 AGI+8 VIT+4 ストアTP+7 モクシャ+12 敵対心+7



基本的には蝉を回し、メイン盾を行う。

全ジョブ中3位の回避率と適度な回避装備でバリバリ避ける。
(1位はシーフ、276+特性48=324、2位は踊り子256+特性35=291、3位からくりは250+特性35=285。
 なんと避ける印象のある忍者は4位で269。豊富な回避装備と蝉弐の性能で、よく避けるように感じるのかも。)

食事はスシ。
Hazel.jpg
その攻撃性能は並みの前衛を上回る。運命の一撃。ヘーゼルサジタリウス。



○二層目:カニとの攻防

赤魔道士は弱体を入れ、突属性武器による通常攻撃を行う。
からくりがメイン盾の為、蝉回し&攻撃間隔短縮の為にヘイストも忘れずに。

からくり士はメイン盾&アタッカーとして、マトンにタゲを回さずタゲをキープする。

とはいえ。

通常射撃で280前後、アーマーピアッサーで軽く1,600ダメージを出しやがるのでタゲの維持は楽ではない。
「腹話術」のリキャスト管理をしっかり行う。

また、マトンのWSがアルクバリスタやデイズに化けてしょんぼりしないようにTPを絶えずチェックし、
TP100前にダークマニューバ(アーマーピアッサー発動用)、
ファイアマニューバ(フレイムホルダー用)、
サンダーマニューバorウィンドマニューバ(遠隔命中率上昇用)を入れること。

蝉回しにおいてはブライン、スロウIIが敵に入っておりヘイストが自分にかかっていると蝉1だけで十分回るが、
有事の際はライトマニューバを炊き、フラッシュバルブを発動して蝉1を唱える。
(蝉2のリキャが間に合ってるならフラッシュバルブは不要。)

マトンがタゲを取り、腹話術のリキャストがまだの場合も積極的にフラッシュバルブを使用する。

マトンのHPが半分を切ったら、リペアーでルブリカント+2を投入する事。
(タゲを直接取らなくても、範囲で結構減ってる。)


からくり士本体のWSは連環六合圏で固定で良いが1,000~1,400前後のダメージなので、
単発でマトンからタゲは奪い返せない。
その為、使いどころを意識する。

・マトンのTPがもう少しで溜まりそうならば、すぐには撃たず、アーマーピアッサーを待ち、腹話術後に撃つ。
・マトンのTPがまだ低いならばすぐに撃つ。
・腹話術がリキャストがかなりある場合はすぐに撃つ。

討伐の順番は、手前2匹討伐、時間箱。

その後近くのカニ3匹(ここまで合計5匹)を討伐して回復箱を取り、
最後に再奥の敵に向かう。

カニ累計4匹目討伐の時点で回復箱が出るので一層同様、2アビ、
赤魔道士はそれに加えてコンバートのタイミングを検討する。

2層目はボスを無視。

最後の3匹は遠くにいるので、残り1匹がもう少しで死ぬ状況になったら
赤魔道士は素材箱を取りに箱発生ポイントに走る。

余りHPが多い段階で箱ポイントに走るとシザーガードで泣けるので注意。
(赤が居ないとディスペルできない。)

これで残り時間30秒でクリアできた。




出た素材はチャコールコットン(狩人)とカーディナルクロス(赤魔道士)。
はずれじゃんよ…。

出た獣人古銭は合計14枚。
うむ、まずまず。(サポシならもっと出るんだが…構成的に無理…。)

素材箱を2個だせたのは今回が初めて、次回以降も確実に開けれるように精進したい。
(とある契約でオベロンサインティにペット魔法攻撃力+4が付くらしい。超欲しい…。
 レリック足(ペット魔法攻撃力+5)は裏いけないから諦めます…スゲー欲しいけどね…(;´д⊂) )


目指せ、鬼からくり士
それではまた。

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング