Page up▲

艦これ戦記86 Naoten、艦隊編成を考える。

メンテ&アプデが間に挟まった結果、
書く書く詐欺になりそうだった今回の記事。

もったいぶった割に期待した内容じゃなかったらごめんなさい(;´д⊂)


艦これロゴ

今回はあらゆる局面に柔軟に対応できる艦隊の編成について考えてみました。
また今回はいつも口を酸っぱくして言っている「コスト」はあえて考慮しません。


(以下、追記へ。)

 

さて、まず本題に入る前にこれだけは書いておきます。

強い艦隊の編成?
そんなの戦艦6隻でいいじゃん?


こう言った意見の方は、
スタイリッシュな身のこなしでマウスを操作しつつ、
ブラウザの戻るボタンを軽やかに押して下さい!


今回は強い艦隊の編成ではなく、
あらゆる局面に対応できる編成を追求してみたいと思います。

ではあらゆる局面とはどう言った局面が考えられるでしょうか。
以下に挙げてみます。

①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。
②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。
③潜水艦に対処できる。
④不利陣形に対処できる。


こんな所でしょうか?

それぞれ以下の対処が考えられます。
①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。
高火力や夜戦で対処する。

②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。
対空装備の充実、もしくは艦上戦闘機を配備する。

③潜水艦に対処できる。
対潜能力のある艦種を配備する。

④不利陣形に対処できる。
航空戦フェイズ、夜戦は不利陣形の影響が少ない為、
そのフェイズで強い艦種を配備する。


続いて艦種毎に見ていきます。


戦艦
Battle Ship
(航空戦艦含む)
戦艦

あらゆる装甲を撃ちぬく脅威の一本槍。
それが戦艦です。

加えて装甲と耐久が高いと言う重要な能力を有します。
また長射程からくる先制攻撃は艦隊に強烈なアドバンテージを発生させます。

ただ不利陣形の影響を一番受ける艦種でもあります。
(これは元々の期待ダメージから考えたダメージの減衰量に対して。)

対応できる局面
①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。
②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。
③潜水艦に対処できる。×
④不利陣形に対処できる。


艦隊に入れるべきか否か
艦隊に2回攻撃を約束させる為にも1艦は最低でも運用したい所です。


重巡洋艦
Heavy Cruiser
(航空巡洋艦含む)
重巡洋艦

現在、艦これにおいて最も不遇な艦種かも知れません。
戦艦以上の敵になかなか通らない砲撃、対処できない潜水艦。
軽巡洋艦に食われてしまっている主兵装。
改成りや近代化改修であまり増加しないステータス。

利点としては改成り後は4スロットあるので兵装に色々な試みが出来る事、
耐久値と装甲が比較的高いため中破までが軽巡や駆逐艦より遅いので
雷撃戦、夜戦に挑み易い、と言った所でしょうか。

夜戦はともかく雷撃戦フェイズも現在不遇なので、
その辺りが調整されると化ける艦種だと思います。

対応できる局面
①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。
②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。
③潜水艦に対処できる。×
④不利陣形に対処できる。


艦隊に入れるべきか否か
現在は重巡洋艦を入れるのであれば戦艦を入れた方が良い。
と言うのが実情です。
(一つ言わせて頂ければ、ボカァ重巡洋艦大好きです!
 ただ残念ながら今回の記事の趣旨としては外さざるを得ません。
 重巡フリークの提督様にはイヤな記事かも知れませんが、ご理解頂ければ幸いです。)

軽巡洋艦
Light Cruiser
軽巡洋艦

潜水艦の登場により、一気に株を上げた感のある軽巡洋艦。

注目すべき点としては近代化改修の伸びしろが大きく、
一部艦娘は重巡洋艦に迫る火力を発揮できる。
多くの軽巡で潜水艦に対して強力な攻撃ができる。
(一部対潜が低い艦娘も居る。)

逆に不利な所は近代化改修MAX改造が必須&そこに至るまでに
投下する艦娘数が多く前線で活躍するまでに育成時間がかかる事、
耐久値と装甲値が低く、雷撃戦や夜戦に挑めない事がある事。

対応できる局面
①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。×
②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。×
③潜水艦に対処できる。
④不利陣形に対処できる。


艦隊に入れるべきか否か
潜水艦対策や不利陣形対策に1艦は運用したい艦種です。


駆逐艦
Destroyer
駆逐艦

持たざるものの矛であり盾。
それが駆逐艦です。

耐久と装甲は低いため、かすっただけで丸裸です。魔界村です。
頼みの綱はその強力な回避能力ですが、
これだけに頼るのは怖い部分もあります。

元々砲撃戦フェイズで活躍できない火力の為、
夜戦頼みであり不利陣形や敵の高装甲の影響を受けにくいと言う部分があります。

潜水艦に対向する力を持っているのもポイントです。

対応できる局面
①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。
②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。×
③潜水艦に対処できる。
④不利陣形に対処できる。


艦隊に入れるべきか否か
艦の特性として③に、夜戦により①、④の問題に対処出来ますが、
回避頼みなので運要素が強い側面があります。
この問題はダメコン等である程度回避出来ますが、
課金をしない場合は貴重な装備になるので注意が必要です。


正規空母
Aircraft Carrier
正規空母

艦隊の防空の要。
それが正規空母です。

装甲や耐久等の基本性能も高く粘り強い艦種です。
またその対空性能、艦載機攻撃性能から攻守ともに活躍が期待出来ます。

航空戦フェイズでの空爆は敵艦を削り結果的に味方の被害を減らします。
砲撃戦フェイズでの艦載機の攻撃は攻撃順こそ遅いものの強力で、
不利陣形でも砲撃ほどダメージの減衰が無いような気がします。
(とは言え50%ほどダメージが低下している気がしますが。)


ただし最近の仕様変更により、
対潜水艦戦闘能力を失ってしまいました。

対応できる局面
①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。
②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。
③潜水艦に対処できる。×
④不利陣形に対処できる。


艦隊に入れるべきか否か
潜水艦にこそ対処出来ませんが、
不利陣形に関して他の艦種より有利です。
また攻撃性能が高い為、戦艦などにも有効。
そして何より対空性能により艦隊を敵艦載機より守ります。
最低1隻は必須だと思います。


軽空母
Light Aircraft
軽空母

技術の結晶。それが軽空母です。

あらゆる面で正規空母には及びませんが、
仕様変更で正規空母が対潜水艦戦闘能力を失った結果、
潜水艦攻撃も出来る航空戦力として注目されます。

艦これが最大6隻までしか艦隊を編成できない為、
その少ない枠の中でどんな環境にも対応できる軽空母の器用さは重要です。

対応できる局面
①戦艦等の高装甲の敵艦に対処できる。
②正規空母等の艦載機運用艦に対処できる。
③潜水艦に対処できる。
④不利陣形に対処できる。


艦隊に入れるべきか否か
防空としては正規空母が2隻以上居るのであれば不要。
防空を軽空母1隻に任せるのは少々危険。
対潜水艦としては駆逐艦、軽巡洋艦が計3隻以上いるなら不要。
必要以上に軽空母を入れるのは軽空母の耐久の低さから編成を考慮しないと危険。





ひと通り艦種毎の特性を見た上で、
柔軟性のある艦隊の構成を考えてみます。


案1
戦艦2隻
正規空母2隻
軽巡or駆逐艦2隻

若干、潜水艦への対策が薄いですが、
火力が高く柔軟で強力な編成だと思います。


案2
戦艦2隻
正規空母1隻
軽空母1隻
軽巡or駆逐艦2隻

案1の潜水艦対策を強化した反面、
対空能力が多少落ちた編成です。
正規空母単艦で防空を担えるのであれば、
軽空母にはフルで攻撃系艦載機を積んでも良さそうです。

案3
戦艦2隻
正規空母1隻
軽空母2隻
軽巡or駆逐艦1隻

案2の軽空母と軽巡or駆逐艦の割合を変更したバージョンです。
航空先制火力と砲撃戦フェイズの火力を増大させています。

案4
戦艦1隻
正規空母1隻
軽空母1隻
軽巡or駆逐艦3隻

不利陣形、潜水艦に強い編成です。
その分、砲撃戦フェイズでの火力が落ち込んでいます。
ただローテーション運用が容易と言う利点があります。


案5
戦艦1隻
正規空母2隻
軽巡or駆逐艦3隻

不利陣形や潜水艦に強い編成です。
正規空母2隻により航空戦フェイズで頭数を減らせれば、
砲撃戦フェイズも多少、有利に進めます。

案6
戦艦1隻
正規空母1隻
軽空母4隻

書いておいてなんですが試した事のない編成です。
軽空母4隻により潜水艦を削ります。
航空戦フェイズで重巡クラスまで屠る事が出来れば、
残り敵艦数は少ないのでこちらの戦艦の1手目で
敵の戦艦を1隻沈められると思います。
弱点は夜戦で戦艦しか動けない事ですが、
夜戦必須の展開を望まない場合は有効かもしれません。

真の問題は軽空母4隻も運用したら
ローテーション運用が効かなくなる事でしょうか。
(そもそも軽空母の入渠時間は長いのでバケツ上等、というのであれば話は別ですが。)





ちなみにNaoten提督が好んでよく使う編成は案2だったりします。

MAPによって潜水艦が居なかったりするので
その辺りは柔軟に対応すべきだとは思いますが、
西方海域には潜水艦が潜んでおり、
今月下旬解放のMAP4-3、4-4でも猛威を振るう事が予想でき無視できない存在です。

また不利陣形は絶えずついて回る脅威で、
大火力部隊もその火力を大幅に奪われてしまいます。
こちらに関しては潜水艦対策以上に重要性が高いと言えます。

今回の記事ではコストを除外して考えましたが、
実際の運用においてはコストも無視できない存在です。

戦闘になれば指を咥えて見ている事しか出来ない提督ですが、
こと編成に関しては最大の腕の見せ所でもあります。

艦これは「考え」そしてそれが想定通り「現実」になった時の喜びが非常に高いので、
皆さんも艦隊編成をあれこれ考えて、それを実現させて
ぜひぜひ喜びに打ち震えて下さいませ!

長くなりましたが艦隊編成について考えてみたNaotenでした。
それではまた!
 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2013/06/13 13:29 [Edit]
Nameくろ くろ's Mail Addressくろ's URL

はおヾ('ヮ'*)ノ

出先からなんで簡潔に…

気に入ったイラスト、性格、声の艦娘でいくのもいいですよね
大破しようものなら、敵艦へのお礼参りに悪鬼のごとくいきますしね

総合力でいくのもいいですし、気になるアノ娘の脱ぎっぷr…じゃなくて、戦いぶりを見たいと言う紳士的な編成もイイですよ、はひ。

壁|'-')ノよいお年を。

Date2013/06/13 14:02 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○くろ提督

 > はおヾ('ヮ'*)ノ
 > 出先からなんで簡潔に…

 うほ!?
 記事を投稿してから即コメント。
 その音速のコメントさばき、おみそれいたしました!

 > 気に入ったイラスト、性格、声の艦娘でいくのもいいですよね
 > 大破しようものなら、敵艦へのお礼参りに悪鬼のごとくいきますしね

 そうでした。それを書くのを忘れておりました。
 大前提はもちろん、自分の好きな艦娘での編成です!

 その上で編成に迷ったら、ひとつの参考程度にお読み下さいませ(^^

 > 壁|'-')ノよいお年を。

 良いお年を~~!!

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
08 | 2020/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS