オートマトンはヘッドパーツとフレームパーツの組み合わせにより構成される。

そのバリエーションの中でも、もっとも近接物理攻撃に特化した構成、
それがホワイトキャンサーだ。



White.jpg
数多いフレームの中でも最高のHPと、バリエーションに富むWSを持つ。白銀の城、ホワイトキャンサー。


尖った性能の多いオートマトンの中でも、物理攻撃主体の中では極めて汎用性に富む本マトンに関して、
核心に迫ってみた。
(誤解を恐れず言うのであれば本記事は、ヘーゼルサジタリウスに比べてホワイトキャンサーが、
 その戦闘能力において軽視される傾向にある事に憤りを感じた筆者が、
 独断と偏見でその通説に意を唱える為に纏めたものである。)
(だがさらに誤解を恐れず言うのであれば、ヘーゼルサジタリウスの強さはおかしい。おかしすぎる(;´д⊂))


まず始めに、ホワイトキャンサーを理解する上で、他のフレームとの違いを知ってもらいたい。


1.通常攻撃が斬属性である。

からくり士のオートマトンに限らず、およそ全てのペットの中で唯一と言っても良い特性。
それがオートアタックが斬属性を有すると言う事である。

斬属性が弱点の敵は極めて少ないが、
(筆者の知る限り、アンデッド類屍犬族とアトルガンエリアのアンデッド類ドゥーム族のみ。)
逆に言うと、斬属性に耐性がある敵も極めて少ない。

またアモルフ類やアンデット類ゴースト族は打属性に耐性がある為、
数多くのペットは苦手な種族に属するが、
ホワイトキャンサーは、事、通常物理攻撃に関しては、他のペットに比べれば苦手とはならない。
(アンデット類ゴースト族やアモルフ類スライム族は、いずれも物理攻撃全般に耐性を持つ。
 だがその中でも斬属性はペナルティが低い、と言うのが厳密な解釈。)

2.全てのオートマトンの中でHPが最大である。

 Lv.75のホワイトキャンサーのHPは全てのオートマトンの中で最大の1,663。
 (オートリペアキット装着で+69、A.リペアキットII装着で+138。両方でHP1,870にも及ぶ。)

 とは言え、オートマトンの防御力は極めて低いので、
 タゲを取り続ければ死に至る事は間違いない。

 しかしながら後述のカニバルブレードを含めて、
 ホワイトキャンサーの生存能力はオートマトン随一と言っても過言ではない。

3.カニバルブレードの特異性。

 カニバルブレードはホワイトキャンサーが白兵戦スキル150(Lv.49)で習得するWS。
 ダメージは白兵戦スキルとTPに依存。

 Lv.75(スキル269)でも323ダメージ程しか出ない。

 しかしこのWSには他のWSとは趣の異なる数々の特性が存在する。

 ・物理攻撃であるが必中。
 ・防御力無視。(ただし物理ダメージカットの影響は受ける。)
 ・与えたダメージをHPに変換。(吸収ではないので注意。アンデットに使うとHPは回復しない。)

 ホワイトキャンサーがタフであるもう一つの理由でも有り、
 そしてまた、果てしなく高回避率、もしくは高防御力の敵に対して真価を発揮するWSと言える。

4.連携に優れる。

 物理アタッカーと言えばヘーゼルサジタリウスがあげられるが、
 ヘーゼルサジタリウスの撃つWSと、からくり士本体のWSは連携の相性が良くない。

 ヘーゼルサジタリウスで最強のアーマーピアッサーへのトスに使用できるWSを、
 からくり士は一つも持たない。
 逆にアーマーピアッサーへ双竜脚を撃つ事により分解は出せるが、
 双竜脚〆の為に威力は伸びない。

 だがホワイトキャンサーでは
 格上相手に使用する頻度があがる空鳴拳とカニバルブレードの組み合わせで、
 どちらが先でも連携を発動する事が出来る。
 (空鳴拳〆で貫通。カニバルブレード〆で収縮。)

 またホワイトキャンサー最強WSであるボーンクラッシャーへは、
 からくり士最強WSである連環六合圏でトスが出来、分解を出せる。

 インヒビターとファイアマニューバ3つを組み合わせた上で連環六合圏を放つと、
 ホワイトキャンサーはボーンクラッシャーを放ち、
 1,000前後のダメージと、追加の連携ダメージを確認する事が出来る。

5.シールドを持つ。

 地味にシールドを持ち、ちゃんとシールドガードも発動する。(シールドマスタリーもある。)
 またシールドを使ったシールドバッシュ(3分リキャスト)を打ち込む事が出来る。

 追加のスタンの発動率はあまり高くないが、ダメージは200前後と高ダメージを叩き出す。

 少し話はそれるが、武器による受け流しも存在する。


6.アタッチメントや強化装備との親和性が高い。

 恐らく本項が最大の魅力であると思われる。

 例えばオートマトン三種の神器の一つと謳われたターボチャージャー。(ヘイストの効果)

 この恩恵を最大に受けれるのはホワイトキャンサーである。
 何故ならば、ヘーゼルサジタリウスの射撃間隔も、
 フリントカプリコン、カーマインスコーピオン等の魔法間隔も、
 ヘイストの恩恵を受けないからである。

 同様にいくつかあるペット:命中率アップやペット:ヘイストの装備と相性が良い。
 (命中率は近接物理に影響するので。)

 これに関連して、SPアビリティ「オーバードライヴ」との相性がもっとも良いとも言える。
 (オーバードライヴ中はヘイスト+25%。そして物理攻撃力が跳ね上がる。)

 全てのマトンタイプでもっとも高い近接命中率と近接攻撃力を持つ為、
 ダブルアタックを発動できるコイラーとの相性ももっとも良い。

 また、連携が強力なため、フレイムホルダー(WSの威力UP)、
 インヒビター(ストアTPの効果。TPが100以上になっても、他のメンバーとの連携用にTPを温存する。)、
 ヒートシンク(ウォータマニューバを発動中は、ファイアマニューバの負荷上昇値が極小になる。)
 との相性も良い。

 攻撃面では火属性が7と最も高い為、攻撃系のアタッチメントを数多く装備できる。
 また防御面でも土属性が7と最も高い為、攻撃に対する多少のダメージ軽減を見込める。

 HPが多い事、ターボチャージャーとの相性から、レプリケーターも使いやすい。

 ただなんとなくカスタマイズしても強いヘーゼルサジタリウスと違い、
 プレイヤーによるカスタマイズが如実に現れるという意味において、
 ホワイトキャンサーは最も操りがいのあるオートマトンと言えるだろう。



ソロ運用方法 ~低レベル~

豊富なHPとリペアキットによる強力なリジェネ、
100前後のダメージを軽減するS.アブソーバーは低レベルにおいて強力なアドバンテージとなる。

ストロボ(挑発の効果)を使い、守ってもらう戦い方が強い。



ソロ運用方法 ~中レベル~

カニバルブレードを習得するまでは少々辛い。
盾役をマスターとマトンで交互に取れるようになると効率が良い。

フラッシュバルブを用いて空蝉の術:壱が張り替えられるのが中々良いので、
おなつよ位までなら余裕で撃破可能。

カニバルブレード習得後は、多少マトンにウェイトを乗せても大丈夫になり無理が出来る。



ソロ運用方法 ~高レベル~

回避装備を充実させたマスターがメイン盾を張る戦闘が最も有効と思われる。

そのすさまじい攻撃でタゲを取られないように、
マスターには敵対心+装備も考慮したい。

逆にステルススクリーンでマトンの敵対心を下げるのも良い。

Lv.75であれば、「腹話術」(マスターとマトンの敵対心の交換)と、
「黒衣チェンジ」(マスターとマトンのHPの交換)を1段階でも良いので早々に習得したい。

また、ホワイトキャンサー最強WSのボーンクラッシャー(3回攻撃の追加効果スタン)も習得するので、
HPに応じてカニバルブレードとの住み分けをしっかり行う。

ボーンクラッシャーは、もっとも優先度が高いWSなので、放っておくと勝手に撃ってしまう。
インヒビターを装着し、本体のWSに連動させる事により、打たせるWSを変更するのも一つの手である。
(例えば空鳴拳を撃てば、マニューバに関係なくカニバルブレードを撃つ。)

フレイムホルダーによりしっかりファイアマニューバを維持しないと、
ボーンクラッシャーの真の力は発揮されず、世に言うボンクラWSになってしまうので注意が必要だ。

さらにボーンクラッシャーは特殊な能力として打属性を持つため、
骨などに対して想像を絶する威力を叩き出す事がある。

参考までに、筆者がよく行うホワイトキャンサーのアタッチ例を記述する。


アタッチ01:T.スプリングII(火3)攻撃力アップ。
アタッチ02:アチューナー(火2)敵が強ければ強いほど攻撃力アップ。
アタッチ03:フレイムホルダー(火1)WS使用時、ファイアマニュを消費し攻撃係数アップ。
       1つにつき倍率を+0.5する。
アタッチ04:インヒビター(火1)ストアTPの効果。また連携が出来る場合は連携待機する。
アタッチ05:ターボチャージャー(風2)ヘイスト+5%。風マニューバ1つでさらに+10%、
       以降1つにつき+5%。(つまりマニュ0:5% マニュ1:15% マニュ2:20% マニュ3:25%)
アタッチ06:ターゲットマーカー(雷2)敵が強ければ強いほど命中がアップ。
アタッチ07:コイラー(雷2)ダブルアタック+5%。雷マニューバ1つ毎にさらに+5%。
アタッチ08:ヒートシーカー(雷1)徐々に命中アップ
アタッチ09:ヒートシンク(水1)水マニューバ発動中、火マニューバによる負荷値の上昇を極小にする。
アタッチ10:ステルススクリーン(水1)敵対心マイナス。
アタッチ11:A.リペアキットII(光3)HPの最大値を増やす。
アタッチ12:フラッシュバルブ(光2)光マニューバがある場合フラッシュ(ヘイト無)を使用する。45秒リキャスト。



命中に難がある敵との戦闘の場合は、ヒートシーカーを外してコイラーをスタビライザーIIに変える。
これにより1スロット余裕が出来るので、開いた場所に敵固有の対策を施す。

例:1属性の魔法や属性を連発するならスチームジャケット、
  特定の範囲のみ使う敵ならアナライザー、
  マトンがタゲを取りすぎるならイコライザーやレプリケーター等。

360_7.jpg

カラクリ士ノ ご主人さまハ
ボクニ 夢ヲ クダサリマシタ

ボクハ ソノ夢ヲ 配リマセウ

みなさまハ ソノ夢ヲ
誰カニ 分ケテアゲテクダサヒ

ボクハ 夢ヲ見タコト 無イケレド

〔製造番号218 オートマトン“Erwin”〕




オートマトンが夢を見られるか否か。
それは貴方(マスター)の手腕にかかっている。


コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング