今期、ダークホースとしてNaotenが注目している「ステラ女学院高等科C3部」。
(本命は物語シリーズ。)

昨晩放送した第二話目は、
Naotenとしては非常に重要な試金石的な放送回だった。


ステラ女学院高等科C3部#2_0001
ついに真打ち登場である。


(以下、追記へ。)

 
開始早々、ルームメイトでもありC3の部長でもある
帰国した鹿島そのらと自室で出会う大和ゆら


ステラ女学院高等科C3部#2_0007

ゆらの作ったおにぎりが、
「握らずして握っている」事に戦慄を覚えたそのら

───握らずして握る

それこそが銃を握る極意だと師匠に教わったからである。


ステラ女学院高等科C3部#2_0003
師匠のもとで特訓を続ける幼少期のそのら。

ステラ女学院高等科C3部#2_0004
師匠ェ…。


それを自然に体得しているゆらに、
ただならぬ可能性を感じるそのら

また先日C3部の面々とサバゲーをやり
「まるで戦場にいるようだった」と語る姿に
そのらゆらをC3部へと勧誘する。

しかしその勧誘の返事はゆらの心の迷いとともに有耶無耶とされてしまう。

それにたいして
「まぁ、他にもいろんな部活あるしな!」
と無理強いしないそのら。

今回Naotenが注目した2カ所のうちの1カ所目がここである。


ステラ女学院高等科C3部#2_0006
一見、何も考えていない様で、核心を捉えていると思われる強力な洞察力。


そのらは他のメンバーと違い
この後、一切ゆらを勧誘しない。

また冒頭のこのシーンの時点で既に、
ゆらが最終的にどういった決断をするか察しているフシがあった。


ステラ女学院高等科C3部#2_0008
「大和ゆら…か…ふふ」 既に彼女はその先を見すえている様に見えた。


しかし他の部員はそのらの様に達観している訳では無いので、
執拗にゆらの勧誘を継続する。

アンケートを装って入部届を強引に書かせようとしたり(^^;

ステラ女学院高等科C3部#2_0011

ステラ女学院高等科C3部#2_0010

追いかけまわしたり。


ステラ女学院高等科C3部#2_0012


しかしそれが無意味な事であると思っている彼女は、
その様子を見てため息をつく。


ステラ女学院高等科C3部#2_0013

一方、勧誘活動を全然しないそのら
部長としてどうなのよ?的につめよる4人。


ステラ女学院高等科C3部#2_0015


ただただ笑ってごまかすそのらだったが、
そこへゆらが現れた。



ステラ女学院高等科C3部#2_0017
とりあえず皆に申し訳ない気持ちを伝えに来たと言うゆら。


ついには部員達は、
部に入るか入らないかハッキリしないゆらが悪いとせめたてる。

困ったゆらが視線をそのらに彷徨わせると、
彼女はただただ「申し訳ない」と目で応えるのであった。



ステラ女学院高等科C3部#2_0018
彼女は決してゆらをせめない。



その様子を見て釈然としない部員達は、
そのら&ゆら VS カリラ&ほのか&れんと&八千代
でのサバゲー対決を申し込む。

そのら&ゆらチームが勝てばこれ以上の勧誘はしない。
負ければ部活に入ってもらう!!

ステラ女学院高等科C3部#2_0022

一方的な話であったがこの人は笑うのであった。


ステラ女学院高等科C3部#2_0023


「足りるのか?
 4対2で、ハンディは足りるのか?」


と。

さらなるハンデとしてそのらは銃を撃たない事を宣言する。
どうやら一人が銃を撃たずとも成立するルールが存在する様だ。

その名も「VIP戦」。

ステラ女学院高等科C3部#2_0025
VIP戦では目的地までたどり着けばVIP側の勝利。

ステラ女学院高等科C3部#2_0026
逆にVIPが撃たれたら即座に敗け。


ここで今回Naotenが注目すべき2カ所目であり、
本記事冒頭で「試金石」と称した部分が出てくるのである。


それはつまり、
2話目に「サバゲー要素」があるか否かであった。

もしサバゲー要素が無ければ、
「いけ南国アイスホッケー部」というタイトルなのに
第一話でしかアイスホッケーをしてなかったり、
「けいおん!」というタイトルなのに
滅多にライブをしないアニメとなる。

逆にもし第二話目でもサバゲーを行うのであれば、
これはまごうことなき「サバゲーアニメ」であり、
それはNaotenの期待を裏切らないアニメであると言えたのであった。

1話目のレビュー同様、
戦闘シーンの詳細なレビューは実際のアニメを直に見ていただくとして、
ここでは簡素に数枚ペタリ。


ステラ女学院高等科C3部#2_0028

ステラ女学院高等科C3部#2_0029

ステラ女学院高等科C3部#2_0030

ステラ女学院高等科C3部#2_0033

ステラ女学院高等科C3部#2_0038

ステラ女学院高等科C3部#2_0041

ステラ女学院高等科C3部#2_0043



引き続きこのアニメの期待度は高い状態を維持しているぜ!!
と安心しつつ、次回も非常に楽しみにしているNaotenなのでした!!




ステラ女学院高等科C3部#2_0051
うぉぉぉ、次回も楽しみだっぜ!!










おまけ。


そのら
うぉおぉぉおぉぉおぉぉ(発狂


*直天堂のカステラは全年齢を対象とした
 清く正しく健全なサイトです。



 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング