Page up▲

ステラ女学院高等科C3部 第三話「「敵弾ハ、魂マデモ砕カンヤ?」レビュー

今期、ダークホースとしてNaotenが注目している「ステラ女学院高等科C3部」。

毎期、録画アニメが多数で見るのも大変なNaoten。
基本的には第三話までを視聴してその後の録画継続を決めるのですが、
ステラ女学院は余裕で録画継続認定です。
(他のアニメを含む録画継続判定結果は後日、別記事で。)


ステラ女学院高等科C3部#3_0015
毎回必ずあるサバゲー。今回はほぼ全編サバゲー展開で内容が特に濃かったです。



(以下、追記へ。)
 

のっけからのサバゲー展開に非常に期待が高まりました。


ステラ女学院高等科C3部#3_0003
高校生サバゲー大会。ルールはフラッグ戦。

ステラ女学院高等科C3部#3_0004
戦闘はこの広大なサバゲーフィールドで行なわれる。

ステラ女学院高等科C3部#3_0005
フラッグ戦のルール。敵の旗を奪えば勝ち。

ステラ女学院高等科C3部#3_0006
敵を全滅させても勝ち!


髪が長いと戦いにくいから縛ったほうが良いと言われ
あれこれ髪型をいじられるゆら


ステラ女学院高等科C3部#3_0007
おほうぅ。なんと言う盛り!まるでキャバ嬢。


結局そのら

「無理して縛るくらいなら、そのままでいいんじゃないか?」

と言われ、結局普段のままの髪型で出撃する事に。

最後まで見て気づきましたが、
ある意味このセリフは今回、非常に重要な言葉なんですよね。
(そう言う意味まで込めてそのらが言ったかは不明ですが。)



そして大会が開幕。
初の実戦と言う事で緊張するゆら


ステラ女学院高等科C3部#3_0009

まぁ、でもそこはそれ。
頼もしすぎる仲間たちもいるので非常に心強く、
一瞬の不安も吹き飛ぶゆら



ステラ女学院高等科C3部#3_0013
この安心感は異常(^^;


ついには運の良さや仲間の後押しも手伝って
初戦でフラッグを掴み試合を決すると言う快挙を成し遂げる。


ステラ女学院高等科C3部#3_0014
画像はイメージです(笑


C3部は順調に勝ち進み、ついに決勝進出。
決勝前に昼休みを挟む。


その昼休みの際、そのらと飲料水の補給に出かけたゆら
そのらと因縁が浅からぬと言う噂の決勝戦の相手、
明星女学院のリーダー 榛名凛と出会う。

うほw榛名ちゃん!
と艦これの影響でガタッとなるNaoten。


ステラ女学院高等科C3部#3_0016
榛名凛 CV:瀬戸麻沙美 瀬戸麻沙美と言えばちはやふるの千早役が真っ先に思い浮かびます。


ステラ女学院高等科C3部#3_0017


ゆらの場違い感!!




「昔も今もこの先も、私は貴女を許さない。」

のその言葉に流石に表情が曇るそのらであった。

ステラ女学院高等科C3部#3_0018


そのらちゃんって性格掴みかねていたけど、
この第三話でよく解った気がする。

この子は決して、ただ達観している訳でもワイルドな訳でも無く、
人一倍ひたむきで、空気の読める思いやりのある子なんではないだろうか。と。



そして決勝戦開始。

まだ初心者であるゆらを連れて
少数人数で攻め込んでも精鋭の明星女学院には勝てない。

ここは全員で高速で突撃する電撃作戦に出る事にするC3部。

しかしゲーム開始早々、
敵が近くを走り抜ける事に気を取られ、
チームの前進を阻害してしまうゆら


ステラ女学院高等科C3部#3_0019
進撃を停止し、「あちらに敵がいますよ」ジェスチャーを繰り返すゆら。

守りがゼロなので、
他のメンバーとしてはある程度突破されてしまうのは織り込み済みだと思われる。

だからこそ、「速度」が重要な場面での「足踏み」に
チームは危機に陥る。


足並みが崩れた所に敵の正確な攻撃が襲いかかり
八千代れんとが撃破される。

ステラ女学院高等科C3部#3_0020

ステラ女学院高等科C3部#3_0021

続けてエース級のカリラも撃破される。

ステラ女学院高等科C3部#3_0022

残るはほのかそのらゆらであったが
ゆらを助ける為に発砲した結果、
その隙を撃たれてほのかそのらも撃破されてしまう。

ステラ女学院高等科C3部#3_0023
それぞれマークされている状態。

ステラ女学院高等科C3部#3_0024
少しでも相手に隙を見せれば撃たれてしまうシーン。

ステラ女学院高等科C3部#3_0026
ほのかがゆらを守る為に発砲。そのらは両サイドの敵を同時に目標に据えるが及ばず。



皆に救われ想いを託された形となったゆら


ステラ女学院高等科C3部#3_0027


残りはゆら1人となったC3部。

ゆらを倒さずともフラッグを取れば勝ちである明星女学院であるが
私怨からか、C3部は全員倒すと言う。


ステラ女学院高等科C3部#3_0029


これを聞いたゆら。
恐怖にかられた彼女がとった行動。

ステラ女学院高等科C3部#3_0028

それは思いがけない、いや、
ある意味で彼女にとっては平常通りの行動であった。





ステラ女学院高等科C3部#3_0030

ステラ女学院高等科C3部#3_0031


これにより大会は明星女学院の優勝で終わる。

試合後、覚悟のないものはサバゲーをやる資格がないとから軽蔑されるゆら

ステラ女学院高等科C3部#3_0032



そこに駆けつけた他のメンバーはゆらを慰める。


ステラ女学院高等科C3部#3_0035



しかし、この場でもっとも慰めてくれそうな彼女は、
こういうのであった。



ステラ女学院高等科C3部#3_0039


の言うとおりだ、と。
ゆらは仲間の犠牲を無駄にして逃げ出したのだ、と。



ステラ女学院高等科C3部#3_0037


核心をつかれ、絶句してしまうゆら


その後、温泉宿にて疲れを癒すC3部の面々。
(お楽しみの温泉シーンッ!!!!!)


ステラ女学院高等科C3部#3_0040

ステラ女学院高等科C3部#3_0041

ステラ女学院高等科C3部#3_0042

ステラ女学院高等科C3部#3_0043



しかしギクシャクしている二人。


ステラ女学院高等科C3部#3_0044


なんとかゆらを元気づけようと
あれこれ試す部員達を前に、自分がまた迷惑をかけている事に気づく。


ステラ女学院高等科C3部#3_0056


このままじゃ行けない。
変わりたくてC3部に入ったのにこれでは今までのままだ。


そこでふと、冒頭のそのらの言葉が脳裏をよぎる。


「無理して縛るくらいなら、そのままでいいんじゃないか?」


これはつまり、

嫌々やるなら変わらない。

と取れ、逆説的には

本心からやりたいなら変わる。


と言う事なのではないか。


それに気づくゆら


目には決意が現れていた。



ステラ女学院高等科C3部#3_0060



───────。


大会が終わり舞台戻ってC3部部室のある旧校舎。


ステラ女学院高等科C3部#3_0061


部活開始前にくつろぐ部員達の前に"彼女"が現れた。










ステラ女学院高等科C3部#3_0062
や、やべ、可愛い…。(ショートカットスキーのNaoten。)


「私、本気でサバゲーします!
もう、逃げません!!」





ステラ女学院高等科C3部#3_0063
目をぱちくりさせる部員達。


そこへ駆けつける足音、そして抱きつく。



ステラ女学院高等科C3部#3_0064
「かわいいぞゆらりん!!たまらん!!」百合が嫌いな男子h(ry


ゆらっち!ゆらりん!ゆら公!!と叫ぶ部員達。
そして変わる事を決意した彼女は早速ズバッと言う。


ステラ女学院高等科C3部#3_0065


「ああ、皆さん、アダ名は結構です、
 これからはゆらって呼んでください!!」



「解ったよ!ゆら!」と応えるそのら



C3部に、未来のエースが誕生した瞬間であった。





--

いやぁ。なんかいい最終回だったなー(;´д⊂)
僅か30分の中に重要な内容が盛りだくさんで、
2クールなのを良い事にダラダラするアニメや、
1クールなのにどうでもいい話で1話潰すアニメに見習って欲しいと思いました。

また普通なら1話の半分、ヘタしたら1話丸々使う
水着回や温泉回を僅か5分で凝縮したのも非常に好印象。
このアニメはサバゲーアニメであると再度強く印象づけられた。

それと新キャラの榛名凛
彼女とそのらの因縁は気になりますが、
「可愛いだろ?」とゆらに紹介した際、
そのらに対して
「貴女もね」と言ったのが非常に気になった。

百合的な意味で。


ゆらもハイパー化したし、
次回も非常に楽しみです!!


ステラ女学院高等科C3部#3_0075
次回は「不射ノ射ヲモチ当タルベシ。」 撃たずに勝て、的な意味かしら?



ちょっと今回重要な話&温泉と内容盛り沢山だったんで画像数多いのですが、
文章書く時間かかりすぎてるんで次回からはも少し簡素に行きます。


関連ブログ記事
ステラ女学院高等科C3部 第一話「「志願兵ハ居ナイノカッ!?」レビュー
ステラ女学院高等科C3部 第二話「「我、令嬢守衛ヲ拝命ス。」レビュー






おまけ1。


エンディングの絵が全編差し替えられましたね。
実はオープニングも最後の部分が手直しされてたり、
力が入ってる事が伺えます。

ステラ女学院高等科C3部#3_0068

ステラ女学院高等科C3部#3_0069

ステラ女学院高等科C3部#3_0070

ステラ女学院高等科C3部#3_0071

ステラ女学院高等科C3部#3_0072

ステラ女学院高等科C3部#3_0073

ステラ女学院高等科C3部#3_0074




おまけ2。

直天堂のカステラ名物、スクロール絵連結!!



カリラ
カリラ推しの真珠星サンへ捧げます!





   
左からBlu-ray1巻~4巻です。7巻まで出るっぽい?
 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2013/07/22 23:31 [Edit]
Name真珠星 真珠星's Mail Address真珠星's URL

Naoten提督、こんばんは!

遅ればせながらコメントするです~。

最後に温泉とはここのところ定番のようですが、
大変、目の保養になりました(笑)

カリちゃん先輩は何処でも元気ハツラツですね~。

それにしても、ほのかちゃんは苗字通りの戦艦級でした。

カリちゃん先輩は…、艦これ的には瑞鶴くらいでしょうか?
(瑞鶴に爆撃されぬよう、対空警戒を厳となせ…)

それでは、また(o・・o)/~

Date2013/07/24 09:42 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○真珠星提督

 > Naoten提督、こんばんは!

 ちわちわー!

 > 遅ればせながらコメントするです~。

 れんとちゃんだw

 > 最後に温泉とはここのところ定番のようですが、
 > 大変、目の保養になりました(笑)

 同じく、ありがたやーありがたやー!と合掌しておりました!!

 > カリちゃん先輩は何処でも元気ハツラツですね~。

 なんとも最初のイメージはどこへやら、イジられキャラ化してきてますね(^^

 > それにしても、ほのかちゃんは苗字通りの戦艦級でした。

 さすがビックセブン!!

 > カリちゃん先輩は…、艦これ的には瑞鶴くらいでしょうか?
 > (瑞鶴に爆撃されぬよう、対空警戒を厳となせ…)

 おっぱいは ついているだけで いいんじゃよ

 Nao蔵 心の俳句

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS