Page up▲

開発環境移行話

Naotenが開発業務で使っているメインPCのOSはWindowsXPなのですが、
今回、客先からの要望でWindows Azure向けのソフトウェア開発の必要性が生じました。

Windows Azure(ウィンドウズ アジュール)
マイクロソフトが開発中の、ウェブサービスおよびクラウド・コンピューティング用開発プラットフォーム、および、そのサービス。主に企業向けのサービス開発プラットフォームとしての役割を持つ。



開発環境も指示があり、
Microsoft VisualStudio 2012 Expressと言う無償のIDEをインストール。

しようとしたのですがXPにはインストール出来ず。
どうもWindows7、もしくはWindows8にしかインストール出来ないっぽい。

WindowsXPの2014年4月のサポート終了が迫る中、
Microsoftの主要ソフトウェアも続々とXP離れがおきていると再認識。

とりあえずプライベートで使っているPCがWindows7なんで
そちらにインストールして作業をしようと思ったのですが、
どうにも開発環境をプライベートPCにインストールして重くなったり、
守秘的な部分で危険性が増えるのも嫌だなぁと思い直し、
結局開発用のPCをWindows8でデュアルブートする事に。
Windows8は仕事が終わったらアンインストールするつもり。

しかしマシンスペックが低いもんだから
Windows8のインストールも起動ももっさりでマイッチング状態。

他のPCなんかもっと酷い。
DBサーバーPCとかCPUセレロンだし、各種PCの老朽化が激しいし場所もとる。


んで、そう言う苦労をして
VMware ESXi等での仮想OS環境の構築は急務だなぁっと思った。

VMware ESXi
VMware社による、コンピュータを仮想化するためのハイパーバイザー・ソフトウェア。VMware ESXは仮想化ソフトウェア製品パッケージ「VMware vSphere」の一部として有償で販売されており、サービスコンソールなどの機能を制限したVMware ESXiは無償で入手して利用することができる。仮想化の機能自体は両者で違いはない。

VMware ESXはハードウェア上で直接動作し、仮想的に構築されたコンピュータ上で様々な種類のOS(ゲストOS)を動作させることができる。ゲストOSに仮想化のための修正を必要としない「完全仮想化」型のハイパーバイザーで、通常のOS製品を仮想マシンにそのままインストールして利用することができる。



とりあえずいまはだましだまし仕事して、
これが一段落したらコストかけて比較的性能の高いサーバー機を1台導入して、
そいつに各種サーバや開発環境、試験環境を構築しよう。

ついにXPともお別れか…。
この記事を読みながら、時代の流れを感じるNaotenだったのでした。

Microsoft、Windows XP継続利用の危険性を改めて警告(ITMedia)

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2020/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS