Page up▲

情報発信者の責任とはなんぞや

現在、消費税を上げる方針を首相が固めたとするニュースが流れている。
そしてそれをよく吟味もせずに取り上げるまとめ系サイトも多い。

消費税率、来年4月に8%…首相が意向固める

安倍首相は11日、消費税率を来年4月に現行の5%から8%に予定通り引き上げる意向を固めた。

 増税が上向いてきた景気の腰折れにつながることを防ぐため、3%の増税分のうち約2%分に相当する5兆円規模の経済対策を合わせて実施する考えだ。経済対策は、2013年度補正予算案と14年度予算案の一体的な編成や、減税を柱とする税制改正で対応する。

読売オンライン



でも、根気よく情報を見ていると、
安倍首相と菅官房長官は消費増税とデフレ脱却を秤にかけて、
消費増税がデフレ脱却(景気上昇)の妨げになるならば増税はしない、
とずっと言い続けている事はよく解る。
(しかし逆に内閣の他の大臣や与党は消費税増税を推進している。)

そう言った事情も伝えずに、
言ってない事をさも言ったように伝えるのは果たしてどうなんだろうか。

これでは世論も増税やむなしと言う論調になってしまうのではないか。

これに対して同日(共に12日の記事)、菅官房長官は以下とコメントしている。

消費増税や経済対策の規模、何も決まっていない=官房長官

官房長官は「引き上げるかどうかは首相の判断」とし、増税による経済下押しの影響を緩和するための経済対策について「規模など申し上げるのは控えたいし、まだ全く決まっていない」とした。

菅官房長官は「首相が(消費税を予定通り)引き上げるという判断をした事実はない」と否定。

ロイター




どちらの記事が合っているか間違っているかそれは判らないけれど
なぜ一つの事象に対して2つの見解が示された記事が存在するのか。
(ロイターは定例会見の内容を記事にしてるのでこれに関しては信ぴょう性が高い。
 なぜ外資系のロイターがより真実に近いのだろうか?)

情報発信者はいわゆる「飛ばし記事」は辞めて、
確実な裏をとって、もっと自覚をもって真摯に情報を発信してほしい。
(誤りが後日発覚したならば記事の訂正や謝罪、再発防止の努力をすべきだ。)


こんなツイートも。





飛ばし記事ならまだかわいいもので、そこに政治的誘導があるなら言語道断。
無いとは思うけどそんな人々を惑わす新聞社があるならなくなっていいと思います。


ハッ!

あ、あれ?なんか憑依してた!!?



て、テヘペロ!(イメージアップ

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2013/09/12 21:36 [Edit]
Name千年狐 千年狐's Mail Address千年狐's URL

1.日本におけるメディアリテラシーと報道倫理観の低さ
2.外資は日本の政治と直接的な利害関係を持たない故に正確に報道する方が利益になる

まぁこんな所じゃないですかねぇ。

Date2013/09/13 05:33 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○千年狐さん

 > 1.日本におけるメディアリテラシーと報道倫理観の低さ
 > 2.外資は日本の政治と直接的な利害関係を持たない故に正確に報道する方が利益になる
 >
 > まぁこんな所じゃないですかねぇ。

 簡潔ながら合点の行く書き込み、感服いたしました。

 Wikipediaが特定のスポンサーを持たないのは
 情報に偏りを作らない為なのだという話を聞きます。
 (なのであそこは資金繰りが超厳しいようですが…。)

 新聞離れが進んでいる原因は決して電子媒体が隆盛しただけでなく、
 公平で多角的な記事が減っている事も要因にあると思うんです。

 新聞社自体がそれに気付き、真実を報道するという「当たり前」の事を遂行して貰いたい。
 そう切に願うNaotenなのでした。

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2020 直天堂のカステラ, all rights reserved.
07 | 2020/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS