今日は実家に行ったりとちょいちょい留守にしてたんですが、
とりあえず昨日から1日、MH4をプレイしての感想です。


NaotenMH4.jpg
現在のNaoten@MH4

(以下、追記へ。)

 
グラフィックについて

これは各所で散々言われている事ですが、
確かに画質は良くないと感じた。
LLだったらまた見え方が違ったのかも知れませんけど、
通常の3DSでのプレイでは、例えば遠くの採集ポイントのオブジェクトが見えづらかったりする。

MH4では採集ポイントが可視状態で配置され採集が終わると消える。
採掘ならば「岩」があって、それに対してツルハシを使う。

消えた後も時間で復活する場合があって、
白いのが見えて「お!採掘復活した!」と近づいたらケルビでした!みたいな事も多々。
今回、従来作品と比べて一つのエリアがかなり広いので、
余計、そう感じるのかも知れない。

戦闘では「敵が動き回ってればそんなに気にならないかな?」と思いきや、
実際にその様子を垣間見ると「むしろだからこそ綺麗じゃないといけない」とも感じた。


操作性について

Naotenは元々PSPも3DSもコントローラー型の拡張パッドを装着して遊んでるのですが、
それをしている限り、特に問題なく遊べています。

一番危惧していた部分なので、そこが問題なくてとりあえず一安心です。

なお、Naotenはモンハン持ちも十字キーによる視点変更もしません。
だいたいはLボタンつっつきの視点調整です。
でもターゲットカメラはあれはすげー便利ね。
(設定変更してL2回押しで発動させてます。)


新要素「空間戦闘」について

今回のウリである高低差を活かした空間戦闘。
結構面白いと思う。
操虫棍じゃなくても敵に空中攻撃をお見舞いするチャンスはかなりある。

ただその結果、一つのエリアが異様に広く、凸凹だらけ。
エリア間もツタ等が多数で、マップ全体の移動がかなり面倒くさいという弊害も。

1階と2階に分かれているエリアの場合、
隣のエリアに移動する際、1階部分からでも2階部分からでも行ける様にして欲しかったな。
(1階から進行したら2階からしか隣のエリアに行けない事が解り、
 戻って昇って2階から隣のエリアイン。とか面倒すぎた…。)


新要素「探索」について

これは壮絶に面白い。
事前情報をほとんど仕入れてなかったので、
こんなのがあるとは知りませんでした。

探索は

・一人専用。
・時間無制限。
・何度倒されてもOK。
・敵は迅速に倒さないと永久逃亡する可能性がある。
・発掘装備と言う特殊な武器防具が入手できる可能性がある。
・自動生成マップ
・最終地点に到達すればクリア。
・探索をクリアするとギルドクエスト化される事がある。
 (ただし大型種を討伐したり証を入手する必要あり。)

ギルドクエスト化するとオフラインで一人や
オンラインで友人達と何度もプレイする事が可能になり、
クリアする毎にギルドクエストのレベル(難易度?)が上がっていく。
レベルが上がるほど発掘装備等が出やすくなるっぽい。

このあたりはレア装備を求めて何度もダンジョンに潜る
ドラゴンズクラウン等に通づる中毒性がある。

細かいリファインや便利システムについて

・釣り餌はデフォルトで無限&アイテム枠無し。
 名前付きの餌は特定の魚を釣る用に。(フィーバエを除く。)
・ツタ登りは高速化&スタミナ消費なし
 (ただしより高速&スタミナ固定値消費の移動有り)
・MH3に引き続き弾薬ポーチシステム有り
・MH3に引き続き臨時ポーチシステム有り
・通常弾Lv1無限&アイテム枠無し。
・インナーやメイクは後でも変更可能
・装備品セット有り
・アイテムセット有り
・採掘ポイント等、時間で復活する場合有り


簡易総評

ちょっと団長がルフィ過ぎる気がするけど、
キャラバン隊に参加して街を転々とすると言う設定はかなり面白い。
いろいろな街に行けるのがワクワクします。
(過去作は良くも悪くも地に足がつきすぎてたので。)

戦闘はまだチャージアックスしか使ってないので
全体の詳しいことは書けませんが、
とりあえずチャージアックスは面白い。
剣モードも斧モードも、敵によってはどちらかだけで戦えるかと思ってたらとんでもなかった。
両形態を使いこなさざるをえない仕組みがあって、
それゆえにチャージアックスと言う名前なのだと納得。

グラフィックはけなす程でもないけど褒められるものでもない。
3DSを持っているなら、
グラフィック問題だけでこのゲームやらないのは損してる気がします。
(そりゃ、画像は汚いより綺麗な方が良いですが。)

高低差戦闘はまだ飛竜種と戦えていないのと
多人数プレイをしていないのでそこまで恩恵を感じていない。
現状では移動の弊害の方が目立つ。

探索は面白い。ストーリーそっちのけでずっとやっちゃいそう。あぶない。

あ、あと、クック先生が強かった。

とまぁ、ファーストインプレッションはこんな感じ。
またもう少しプレイしてみて色々感じた事があったら記事にいたします!!

いざ狩りの世界へ。
それではまた!

 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
試聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング